画像の転用・転載・加工等は固くお断りします
2004/10/14 | 投稿者: おいら

クリックすると元のサイズで表示します
台風第23号 (何と!トカゲっていう名前とは...) 、もしかしてまた来ちゃうの?
21号、22号の動きからするとまた直角に曲がりそうな。
 http://www.jma.go.jp/JMA_HP/jp/typh/typh.all.html

もう いやん

 クリックすると元のサイズで表示します
0

2004/10/14 | 投稿者: おいら

ヤンキース連勝!

クリックすると元のサイズで表示します
今シーズン最高だったかも!のピッチングのリーバー投手

クリックすると元のサイズで表示します
オルルッドの貴重な中押しツーラン!

クリックすると元のサイズで表示します
松井もポストシーズン6試合連続となるヒット!

レッドソックスの今日の先発はあのペドロ・マルチネス!
かなりの苦戦が予想されたが見事に投手戦をヤンキースが制した。
試合結果

その立役者は、ヤンキースの先発リーバー投手と、今シーズン途中でマリナースを解雇されヤンキースに途中入団したオルルッド一塁手かもしれない。リーバーは9月は5勝負け無しという好調を維持して立ち上がりからかなり切れ味鋭いボールを決めていたようだし、オルルッドは1−0という厳しい状況を突き放す効果的なツーランHRを打った。もちろん守備でもゴールデングラブ受賞の堅実なプレーで貢献している。

そして、今日も最後はクローザーのリベラが0点に抑えてヤンキースの連勝となった。(やったぁー)この一戦を制したのは非常に大きいな!

あさってからはボストンでの第3連戦となるが、ここで油断はできない。雰囲気はかなり違うだろうし、あのグリーンモンスターがかなり不気味。あと2勝、流れが一度レッドソックスへ行ってしまうとちょっとヤバイので、ここは一気にワールドシリーズへの切符を決めて欲しいですね。

そういえば、シリングの足の状態はかなり悪いらしい。折角のシリーズなのに第5戦に投げられないかもしれないとか。ちょっと気の毒だな。ヤンキースファンとはいえ、名投手との勝負をもう一度見てみたかった。VTRで...。そっか、このまま4連勝すればいいんだぁ!

もしNLの代表がカージナルスになると、松井と田口の日本人選手が敵味方に分かれて戦う歴史的なシリーズになるかも。あ〜、この時期もMLBって楽しいなぁ。
0

2004/10/13 | 投稿者: おいら

最多勝投手のシリングを打ってヤンキース先勝!

クリックすると元のサイズで表示します
第1打席の技ありのタイムリー・ツーベース

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
その後にタイムリーで自らも生還

クリックすると元のサイズで表示します
第2打席も見事なフェンス直撃弾で3打点

クリックすると元のサイズで表示します
そしてまたまた犠牲フライで生還

でも、やはりレッドソックスはしぶとかった。
危うく逆転されるところだった。
リベラが親類の葬儀の関係で試合直前にパナマから戻り合流。
もし、合流タイミングが遅れていたら・・・。(ぞぉ〜)

松井は5打数3安打5打点と大活躍。
特に、第1打席でシリングから打ったタイムリーはイチローばりのテクニック。
第2打席のフェンス直撃弾もあと少し角度がついていたらHRだった。
第4打席のタイムリーは、ウェイクフィールドを打ったもの。

8−0となり、これで駄目押し! ムッシーナは完全試合か!?
って思っていたら・・・ その後あっという間に1点差に・・・。

まさか一人もランナーを出していなかった7回1死から急に打たれちゃって。
そして松井がオルティーズの当たりをグラブに当てながら捕れず1点差に迫られた時には
ちょっと焦ったけど、松井本人はもっとヤバイ!って思ったんだろうなぁ。

でもあそこで残った3塁ランナーを帰さなかった事が大きい。
そして8回のバーニー・ウィリアムスの2点打が効いたなぁ。

やはり、バンビーノの呪いを封じ込める「B」はバーニーだった
あ〜ぁ勝ってよかった!

さあ、明日もマルチネスを打ち込んで勝ってくれぇ〜〜〜
0

2004/10/11 | 投稿者: おいら

クリックすると元のサイズで表示します
月9ドラマ「ラストクリスマス」放映開始!
元レディースという設定の○ダアキコ、こう書くと苗字は男性的な体格の方の「W田さん」を連想してしまいますが、「Y田さん」の方です。良かったぁ。
と、そんな感じでこのドラマは意外なキャラクターを演じる俳優さんが多いかも。だから今までの印象とは違った顔が見れそうで、そういう観点でも面白いかもしれないな。

 
そうそう、「私をスキーへ連れてって」みたいな雰囲気がしたなぁ。やっぱりいきなり競技会やゲレンデでのシーンがあったり、元体育会系スキー部で勤務先ではウィンタースポーツに関連した商品企画をしているなど、結構通じるものが有ったからかなぁ。
 
第1話のストーリーは軽快なコメディタッチだったけど、冒頭部分のカナダでのシーンや8ミリVTRの内容、医師との会話内容などから総合してみると、最終回はちょっと悲しい結末になりそうな感じ。
 
さて、この先このドラマは一体どのように展開していくんだろう。


http://wwwc.fujitv.co.jp/lastXmas/index2.html
0

2004/10/10 | 投稿者: おいら

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますやったぞ、ヤンキース!
今日勝ってリーグ優勝決定シリーズ進出を決めるのは流石に難しいかなって思い始めた8回の表、ついにヤンキース打線がツインズのセットアッパー陣を捕らえ始め、39歳のベテラン シエラの劇的な3ランで同点。最後はワイルドピッチの間にAロッドが3塁から生還した決勝点を2イニング目のリベラがキッチリ抑えて勝ちをもぎ取った。朝5時に起きて観ていた甲斐があったなぁ
   クリックすると元のサイズで表示します

松井は今日も4番でスタメン、4打数1安打1打点でポストシーズンの通算打率は4割1分2厘と、相変わらず好調をキープしている。ただ、 凡退した3打席がいずれも空振りの三振だったのがちょっと気になるなぁ。良いところに鋭い変化球が決まったとはいえボール球を振っていたので、これが打撃フォームのバランスに変な影響を与えなければ良いのだが。

さぁこれでいよいよリーグ優勝決定シリーズだぁ。
相手は宿敵レッドソックスと昨年と同じ組み合わせ。今度は7回戦制(4勝先取で勝ち上がり)だから投手陣が踏ん張らないとちょっと分が悪そう。なんたってレッドソックスの先発陣は駒が揃っているし、しかも大エースが2人いるから、この2人を軸に回され2勝づつされるとそれだけで終わってしまう。

初戦は12日(日本時間13日)、第1、2戦はニューヨークでの試合となる。できたらちょっと試合が遠ざかっているレッドソックスの隙をついて本拠地で連勝して敵地へ乗り込めるといいな。

0

2004/10/9 | 投稿者: おいら

クリックすると元のサイズで表示します
アシスト付ホームラン
今日の松井は3安打の活躍。凡退した2打席も痛烈な当たりだったし、今年もポストシーズンは調子が上がってきているみたい。そして「運」も味方に…。

今日の対戦チームである ミネソタ ツインズ のセンターは、オールスターゲームでボンズのホームランを大ジャンプで捕球した事でも有名な守備の名手「トリイ・ハンター」。
そのハンターが松井が打った左中間の大飛球に果敢にジャンプ! そしてグラブにボールを収めた直後にフェンスに激突してしまい、その勢いで何とボールがスタンド内に転がり落ちてしまったのだ!! VTRで観ると、もし触っていなかったらオーバーフェンスにはなっていなかったみたいだったので、まさに迷アシストとなってしまったプレイ。

プレーオフ地区シリーズは5回戦(3勝先取勝ち上がり)形式なので、今日の勝利は実に大きい!
明日投げる20勝投手サンタナには初戦で点が取れなかっただけに、もし今日負けていたらやばかったかも。

同じ地区のライバルであるレッドソックスは、西地区の覇者エンゼルスに3連勝して既に勝ち上がっているし、ヤンキースもここで散るわけにはいかないしね。でも今シーズンはレッドソックスには負け越しているからなぁ。きっと、マルチネス、シリング、ウェイクフィールド、アローヨあたりが投げるんだろう。今年のヤンキースは打線が爆発しないと投手陣がちょっと不安定なだけに心配だなぁ。リベラも何故かレッドソックスには相性が良くないみたいだし終盤が怖い。

と、勝ち上がった後の心配の前に、まずはツインズを撃破しなくてはね。
次の試合で決めてぇ〜〜〜!

明日の試合開始は米ミネソタ州ミネアポリス時間で16時頃、日本時間では早朝5時過ぎ、また見逃せないな。
0




AutoPage最新お知らせ