画像の転用・転載・加工等は固くお断りします
2004/10/13 | 投稿者: おいら

最多勝投手のシリングを打ってヤンキース先勝!

クリックすると元のサイズで表示します
第1打席の技ありのタイムリー・ツーベース

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
その後にタイムリーで自らも生還

クリックすると元のサイズで表示します
第2打席も見事なフェンス直撃弾で3打点

クリックすると元のサイズで表示します
そしてまたまた犠牲フライで生還

でも、やはりレッドソックスはしぶとかった。
危うく逆転されるところだった。
リベラが親類の葬儀の関係で試合直前にパナマから戻り合流。
もし、合流タイミングが遅れていたら・・・。(ぞぉ〜)

松井は5打数3安打5打点と大活躍。
特に、第1打席でシリングから打ったタイムリーはイチローばりのテクニック。
第2打席のフェンス直撃弾もあと少し角度がついていたらHRだった。
第4打席のタイムリーは、ウェイクフィールドを打ったもの。

8−0となり、これで駄目押し! ムッシーナは完全試合か!?
って思っていたら・・・ その後あっという間に1点差に・・・。

まさか一人もランナーを出していなかった7回1死から急に打たれちゃって。
そして松井がオルティーズの当たりをグラブに当てながら捕れず1点差に迫られた時には
ちょっと焦ったけど、松井本人はもっとヤバイ!って思ったんだろうなぁ。

でもあそこで残った3塁ランナーを帰さなかった事が大きい。
そして8回のバーニー・ウィリアムスの2点打が効いたなぁ。

やはり、バンビーノの呪いを封じ込める「B」はバーニーだった
あ〜ぁ勝ってよかった!

さあ、明日もマルチネスを打ち込んで勝ってくれぇ〜〜〜
0




AutoPage最新お知らせ