画像の転用・転載・加工等は固くお断りします
2005/8/6 | 投稿者: おいら

 
いよいよ今月、キヤノンから従来の価格の約半値程度で購入できる「フルサイズのイメージセンサー搭載のデジタル一眼レフ」が発表されるらしい。

今使用している EOS 10D をこれに買い換えるか、それとも 20D へ買い換えるか、或いは 20D後継機 が出るまで待つか、決断を迫られそう。(って、結局自分の物欲との勝負結果次第なんだけど)

問題は実売価格と 10D の買い取り価格だなぁ。APS-C専用レンズも1本買っちゃったからこれも軍資金にしないといけないし…。差額が20万円以内なら逝っちゃいそう。

でもそんなに安くはないだろうな。
実売価格は33〜36万円くらいじゃないかな。

やっぱりサマージャンボ頼みかぁ。
 
0

2005/8/5 | 投稿者: おいら

永田町では「郵政民営化」に向けた法案で大揺れ!

頭が ぱーぷりん の私にはサッパリ分からない。整理できない。

でも、他の省庁に関わるような事でも今まで「官営」だった為に、都内の一等地に建つ高級マンションに月数万円という相場とはあまりにもかけ離れた家賃で堂々と住む輩がいたり、色々な天下りやその都度受け取る退職金などで潤っている輩、低コスト高パフォーマンスに務めない談合合戦が当たり前だったり、また、確か減るような運用や使い方は禁じられていたはずなのに、国民への年金支給の為の貴重な元手を関連の外郭団体経由で勝手に使って豪華施設の建設したはいいが経営失敗により叩き売り状態で売却したりそのまま廃墟として放置したり、更には金融商品での資産運用の失敗で度派手な損出を出すなどなど、今までに国民からどれだけの血税を搾り取ってどれだけ無駄遣いしてきたのか!という自覚も全くない。だから、それを悔い反省して改めようとするつもりも当然ない!(反省が感じられない)

税金はあんたらの金じゃなく国民の大切なお金だろ? って言いたい

だから、少なくともそのような膿を出して悪しき慣例を変える為にも「民営化」は意義のある事だと思えるのだが。ただ都市部とそれ以外での格差の問題とか、経営破たんといったリスクも抱えるのは事実かもしれない。であれば、そうならないように考えればいい。民間企業はみなそうやっているのだから。

うわべの議論だけで、誤魔化し(詭弁)に感じてならない。


■“民営化する/しない”って、仕組みがどうように変わるの?
■その影響(しわ寄せ、悪化する事)は何で、それは何処がどうなっちゃうの?
■だったら、そうならない為に策はないの?
■現状と比較して良くなる事ってないの?


そういった部分を詰めていった上での最終結論で賛否が分かれているの?
だったら、誰か得意のフリップでも使って、国会の場でもっと分かりやすく示して欲しい。
さっぱりわからん。

■それとも利害関係があって、民営化自体が困るの?

どうなんだよ一体!

また自民党自体も変。
中身の良し悪しの問題は別として、同じ党に属し自分たちが信任したその党のヘッドの公約(決定)に反対するのなら離党すればいい。そもそも「派閥」なるものが堂々と定義されていて、その派閥毎に政策が異なるのはおかしな話で、だったら個別に新しい党を立ち上げて、国民に判断を委ねればいい。その為にも、シッカリとして裏づけのある理論を分かりやすく説明すればいい。そんな説明責任も果たさず、問題の論点を掘り下げて詰めて来たわけでもなく、ただ、今になって「賛成」か「反対」を採決する事に対して内輪であーだこーだと言い合っているというのはいかがなものだろうか。

結局、今回のように郵政に関わるときは「郵政族」、他の時は「○○族」と、決まって選挙時にバックアップしてくれる母体の存在が関わってくる。結局は、自分が今後も政治家でいられるように、必死になっているだけとしか思えない。

要するに票を集める(投票してもらう)為に、自分と深く関わっている組織の票をあてにしているだけで、国民の今後のことなんて頭に無い... まぁそんなところなんでしょ?



あ〜 しらけ鳥が 南の空へ飛んでいく...


こんな日本に誰がした!今までの責任者、みんな出て来い! って、感じ(呆)


結果は来週かぁ。

個人的には、この際 解散→造反者離党(新党立ち上げ)で総選挙の方が余程いい。


少なくとも自分の1票で選べるのだから。
0

2005/8/4 | 投稿者: おいら

食事を終え、自分の部屋に入ると何か居る。
それは濃いこげ茶でテカリのある小さなもの。
それがベッドの横で動いている(這っている)

もももももしや、こここここれは・・・


ゴ キ ブ リ ?  (ぞぉ〜〜〜)



でも何だかちょっと細長いみたい

それに上下に跳ねている感じ



よぉ〜〜く見てみると



蟋蟀でした (ほっ)

あ〜良かったぁ

ということで、ティッシュで優しく包んで、窓から外へ逃がしてあげました(^^)


それにしても、一体何処から入ってきたんだろ?
0

2005/8/3 | 投稿者: おいら

15年間ヤンキース一筋でやってきたバーニー・ウィリアムズが、事実上来季の契約が白紙状態になっているとか。それは、今シーズンで契約が満了するが、球団側が2006年の契約オプションを行使しないという決断を下したという事。
契約オプション:基本契約終了後の契約を結ぶ権利で、球団側が権利を持つ場合と選手側が持つ場合、或いは双方が持つ場合がある

でも年俸が日本円で15億円以上らしいから、ここ3シーズンの打撃成績がガクッと落ちているし、守備面でも肩の衰えは否めないという状況からすると、球団が再契約を決定するのは難しいんでしょうね。ちょっと残念だけど、これがシビアなメジャーの世界なんだね。

だから来シーズンについては、ヤンキースを含めて他の全球団を対象とした契約交渉が行なわれて、最終的に契約条件等で折り合った球団に所属が決定するということになりそう。

これだけの高額年俸だと、財政面で交渉できる球団は限られちゃうかもね。でも評価が低いとなると額は下がるだろうし、最悪の場合はマイナー契約しかしないと言われることだって…。


それにしてもレギュラーの高齢化が進んでしまったヤンキース。本来は2〜3年前から若返りが必要だったんだろうが、殆どが既に実績を積んだ大ベテランクラス(30歳台後半の後半)のトレードで選手陣を入れ替え、チームから放出する選手にはこれからの選手という場合も多かった。本来はマイナーからの昇格選手が開花してくれるのが一番望ましい事なのだろうが、それが出来なかった。

この分だと来季も外部からの補強が中心?
まず外野手の補強、そして投手陣も…。
やはり来季バーニーのピンストライプを見る事は難しいのかな。

ちょっと寂しいな。
なんて、今の時点で決め付けちゃいけなかった... ^^;



ところで、ゴジラ松井も今年が契約最終年だけど、来季は一体どのような条件で契約するんだろ?
0

2005/8/2 | 投稿者: おいら

同じ青鰤ワゴンにお乗りのこやまっちさんから回ってきました。
ミュージックバトンの映画版かな?

#と、ここまではこやまっちさんの 7/28 の書き出しのパクリです(^^ゞ


1.過去一年で一番笑った映画
ん〜〜〜〜〜、何が一番笑ったかなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
「ウォーターボーイズ」も結構笑ったなぁ。
特に、シンクロが出来るという事を証明する為に、水泳部の顧問教師と金魚屋さん(この時は でも実は...)に演技を見せるシーン。BGMの伊勢木町ブルースを再生しようとしたらラジカセがいきなりショートして、その火花何と玉木宏のアフロに引火して、そのまま演技に入ってしまい、あとは他のメンバーを巻き込んだドタバタのシーン、これにはかなり笑ったなぁ。そして時折竹中直人の「えっ?こいつら出来てる!」って感じの驚きと困った表情も良かったし。

でも映画としてこの1年で一番笑ったとなるとなんだろ?
キャッチミー イフユーキャン」かなぁ…。
クリックすると元のサイズで表示します
これは爆笑ではないんだけど、ほほぉ って感心させながら、ジンワリとクスクス笑う感じで、そんなユーモアたっぷり笑いのシーンが結構多かった気がしますねぇ。音楽もそれを盛り上げてくれました。


2.過去一年で一番泣いた映画
これはやっぱり「セカチュー(世界の中心で、愛をさけぶ)」かなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
「いま、会いにゆきます」も「鉄道員(ぽっぽや)」も良いんだけどね。


3.心の中の5つの映画
ん〜これは5つに絞るのは辛いなぁ。

@幸福の黄色いハンカチ
クリックすると元のサイズで表示します
これは時々DVDで見るんですが、何回見ても、ストーリーがわかっていてもやっぱりいいですねぇ。やっぱり健さんは抜群の存在感です。また、新得警察署の係長役で登場していた渥美清も実にいい味を出していて。そうそう、夕張のロケ現場まで見に行っちゃいました(^^ゞ

A私をスキーに連れてって
クリックすると元のサイズで表示します
この映画は毎冬スキーへ行く前の晩にVTRで必ず見ていたので、台詞もかなり覚えてしまいました。セリカ GT-FOUR の激走シーンも迫力ありましたし、私がオンロード4WDに惹き付けられた作品でもありましたね。その後暫くしてR32(GTS-4)を買っちゃったりしてね。それにしてもホイチョイの映画は面白かったなぁ。この頃のゲレンデにはかなり多くの「偽原田知世」が同じウェアで滑って転んでましたね(笑)

Bユー・ガットメール
クリックすると元のサイズで表示します
私もこの作品を入れたいですね。トムハンクスとメグライアンのラブコメディの代表的な作品ですね。とにかくテンポの良い会話の掛け合いと静かなPC画面上でのやりとりの強弱が新鮮な感じでよかったです。そしてお決まりというかハッピーエンドのラストシーン。

Cアポロ13
クリックすると元のサイズで表示します
あの手に汗握る緊迫感はタマリマセンでした!
特に、実話ベースのストーリーであるという事にビックリでしたし、極限状態での賭けの様な宇宙船の操縦、全員が知恵を出し合って機内にある物だけで製作した二酸化炭素の除去装置、シミュレーターで何度も繰り返す電力消費をギリギリまで抑える手順を探し出す作業などなど。そして、最後に地球に帰還する時、大気圏突入時の数分間の沈黙にはハラハラドキドキ。この映画は名作だと思っています。

D黄泉がえり
クリックすると元のサイズで表示します
これは不思議な世界に連れて行ってくれる映画ですね。特に手に汗握る場面は、平太(草ナギ剛)が葵(竹内結子)の亡くなった恋人を蘇らせる為にその献体を持って全力疾走した後にギリギリ間に合った葵との再会、そして抱き合う瞬間に星となって消える葵のラスト間際のシーンは思わず「頑張れ!」と、応援していた気がします。また、柴咲コウが歌う数曲も全て良かったし、それまでにも豪華なキャストの好演で全編に渡って釘付けでした。劇場でも観てDVDも買ってしまった。でもこの映画は2度3度と見ると「あぁ、このシーンはあとのここの伏線だったんだぁ」なんて気づいたり、実に用意周到に練られていた事がわかったり。

で、勝手に次点なんて作ったりして(^^ゞ
でも1つじゃ足りないんですが

・AI
クリックすると元のサイズで表示します
色々考えると、実に切ない物語なんですよね
未来のテディベアの粋な活躍にホロリとしたり

・ニューヨークの恋人
クリックすると元のサイズで表示します
これもユーモアたっぷりで楽しめました
タイムスリップ物です

・オールドルーキー
クリックすると元のサイズで表示します
実話だけに感動も倍!
この映画には本物のメジャーリーガーも出演しているんです

・ターミナル
クリックすると元のサイズで表示します
テーマ的には重いのに、それをコメディータッチで描いた秀作
ここ1年の間に見た中ではベストな洋画かなぁ

・鉄道員(ぽっぽや)
クリックすると元のサイズで表示します
鉄道員としてのプロ意識とその裏側の悲哀・苦悩・後悔などがズッシリきました
志村けんのシリアスな演技&ドリフのコント的な演技も最高

・家族ゲーム
クリックすると元のサイズで表示します
これはストレートに実に面白かったですねぇ
クールなのかダサいのか分からない謎の家庭教師が松田優作なんだからね

他にも「フィールドオブドリーム」「シザーハンズ」「タイタニック」「阿弥陀堂だより」「いま、会いにゆきます」「ロッキー(最初の)」「メジャーリーグ(最初の)」・・・と、まだまだあるんですが、このへんで締めないと怒られちゃうな ^^;



4.見たい映画
初めて見る映画としたら、私も「電車男」かなぁ?
久々に見たいなぁという映画だとジャッキーチェンの「○拳シリーズ」も見てみたいし。
最近は邦画の方が好きですねぇ。


5.バトンを渡す人
んー、困ったなぁ・・・
どなたか立候補してくださる方、コメントしてください!!(お願い)
*もしも5日以内に立候補が無い場合は....
 ヨッシーさんsanaさん にバトン渡しちゃおうかなぁ (^^ゞ

こやまっちさん、こんな感じでよいのでしょうか・・・
0

2005/8/1 | 投稿者: おいら

じゃなかった

デジャビュ【フランス語:déjà vu】
 一度も経験したことのないことが、いつかどこかですでに
 経験したことであるかのように感じられること。既視感。
                     < 三省堂「大辞林」より >


それはアメリカのニューヨークでの出来事。
といっても、ミステリーとか世界不思議発見!みたいな事ではなくて、我が応援するヤンキースが2日連続で「8−7」で、それもゴジラ松井が活躍して逆転&サヨナラ勝ちしたんです!!



でもサッカー女子も前日同様に北朝鮮に0−1で負けちゃったけど 
0




AutoPage最新お知らせ