画像の転用・転載・加工等は固くお断りします
2005/8/2 | 投稿者: おいら

同じ青鰤ワゴンにお乗りのこやまっちさんから回ってきました。
ミュージックバトンの映画版かな?

#と、ここまではこやまっちさんの 7/28 の書き出しのパクリです(^^ゞ


1.過去一年で一番笑った映画
ん〜〜〜〜〜、何が一番笑ったかなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
「ウォーターボーイズ」も結構笑ったなぁ。
特に、シンクロが出来るという事を証明する為に、水泳部の顧問教師と金魚屋さん(この時は でも実は...)に演技を見せるシーン。BGMの伊勢木町ブルースを再生しようとしたらラジカセがいきなりショートして、その火花何と玉木宏のアフロに引火して、そのまま演技に入ってしまい、あとは他のメンバーを巻き込んだドタバタのシーン、これにはかなり笑ったなぁ。そして時折竹中直人の「えっ?こいつら出来てる!」って感じの驚きと困った表情も良かったし。

でも映画としてこの1年で一番笑ったとなるとなんだろ?
キャッチミー イフユーキャン」かなぁ…。
クリックすると元のサイズで表示します
これは爆笑ではないんだけど、ほほぉ って感心させながら、ジンワリとクスクス笑う感じで、そんなユーモアたっぷり笑いのシーンが結構多かった気がしますねぇ。音楽もそれを盛り上げてくれました。


2.過去一年で一番泣いた映画
これはやっぱり「セカチュー(世界の中心で、愛をさけぶ)」かなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
「いま、会いにゆきます」も「鉄道員(ぽっぽや)」も良いんだけどね。


3.心の中の5つの映画
ん〜これは5つに絞るのは辛いなぁ。

@幸福の黄色いハンカチ
クリックすると元のサイズで表示します
これは時々DVDで見るんですが、何回見ても、ストーリーがわかっていてもやっぱりいいですねぇ。やっぱり健さんは抜群の存在感です。また、新得警察署の係長役で登場していた渥美清も実にいい味を出していて。そうそう、夕張のロケ現場まで見に行っちゃいました(^^ゞ

A私をスキーに連れてって
クリックすると元のサイズで表示します
この映画は毎冬スキーへ行く前の晩にVTRで必ず見ていたので、台詞もかなり覚えてしまいました。セリカ GT-FOUR の激走シーンも迫力ありましたし、私がオンロード4WDに惹き付けられた作品でもありましたね。その後暫くしてR32(GTS-4)を買っちゃったりしてね。それにしてもホイチョイの映画は面白かったなぁ。この頃のゲレンデにはかなり多くの「偽原田知世」が同じウェアで滑って転んでましたね(笑)

Bユー・ガットメール
クリックすると元のサイズで表示します
私もこの作品を入れたいですね。トムハンクスとメグライアンのラブコメディの代表的な作品ですね。とにかくテンポの良い会話の掛け合いと静かなPC画面上でのやりとりの強弱が新鮮な感じでよかったです。そしてお決まりというかハッピーエンドのラストシーン。

Cアポロ13
クリックすると元のサイズで表示します
あの手に汗握る緊迫感はタマリマセンでした!
特に、実話ベースのストーリーであるという事にビックリでしたし、極限状態での賭けの様な宇宙船の操縦、全員が知恵を出し合って機内にある物だけで製作した二酸化炭素の除去装置、シミュレーターで何度も繰り返す電力消費をギリギリまで抑える手順を探し出す作業などなど。そして、最後に地球に帰還する時、大気圏突入時の数分間の沈黙にはハラハラドキドキ。この映画は名作だと思っています。

D黄泉がえり
クリックすると元のサイズで表示します
これは不思議な世界に連れて行ってくれる映画ですね。特に手に汗握る場面は、平太(草ナギ剛)が葵(竹内結子)の亡くなった恋人を蘇らせる為にその献体を持って全力疾走した後にギリギリ間に合った葵との再会、そして抱き合う瞬間に星となって消える葵のラスト間際のシーンは思わず「頑張れ!」と、応援していた気がします。また、柴咲コウが歌う数曲も全て良かったし、それまでにも豪華なキャストの好演で全編に渡って釘付けでした。劇場でも観てDVDも買ってしまった。でもこの映画は2度3度と見ると「あぁ、このシーンはあとのここの伏線だったんだぁ」なんて気づいたり、実に用意周到に練られていた事がわかったり。

で、勝手に次点なんて作ったりして(^^ゞ
でも1つじゃ足りないんですが

・AI
クリックすると元のサイズで表示します
色々考えると、実に切ない物語なんですよね
未来のテディベアの粋な活躍にホロリとしたり

・ニューヨークの恋人
クリックすると元のサイズで表示します
これもユーモアたっぷりで楽しめました
タイムスリップ物です

・オールドルーキー
クリックすると元のサイズで表示します
実話だけに感動も倍!
この映画には本物のメジャーリーガーも出演しているんです

・ターミナル
クリックすると元のサイズで表示します
テーマ的には重いのに、それをコメディータッチで描いた秀作
ここ1年の間に見た中ではベストな洋画かなぁ

・鉄道員(ぽっぽや)
クリックすると元のサイズで表示します
鉄道員としてのプロ意識とその裏側の悲哀・苦悩・後悔などがズッシリきました
志村けんのシリアスな演技&ドリフのコント的な演技も最高

・家族ゲーム
クリックすると元のサイズで表示します
これはストレートに実に面白かったですねぇ
クールなのかダサいのか分からない謎の家庭教師が松田優作なんだからね

他にも「フィールドオブドリーム」「シザーハンズ」「タイタニック」「阿弥陀堂だより」「いま、会いにゆきます」「ロッキー(最初の)」「メジャーリーグ(最初の)」・・・と、まだまだあるんですが、このへんで締めないと怒られちゃうな ^^;



4.見たい映画
初めて見る映画としたら、私も「電車男」かなぁ?
久々に見たいなぁという映画だとジャッキーチェンの「○拳シリーズ」も見てみたいし。
最近は邦画の方が好きですねぇ。


5.バトンを渡す人
んー、困ったなぁ・・・
どなたか立候補してくださる方、コメントしてください!!(お願い)
*もしも5日以内に立候補が無い場合は....
 ヨッシーさんsanaさん にバトン渡しちゃおうかなぁ (^^ゞ

こやまっちさん、こんな感じでよいのでしょうか・・・
0




AutoPage最新お知らせ