画像の転用・転載・加工等は固くお断りします
2005/8/8 | 投稿者: おいら

やはり否決された。

でも、民営化に対しての賛成/反対を判断したのではなく、小泉さんの進め方に対する批判票もかなりの部分含まれているのだと思う。

個人的には、民間に出来る事を民営化する事には賛成な私。(^^;

自民党は、確か3〜4年前から公約の1つに「2007年度からの郵政民営化」を掲げていたし、当然政権政党として民営化に向けた議論は進められていた。


そして、既に1年近く前に基本方針は発表されているし、その中で現在の郵政公社法で制限されている「業務内容」などを緩和して、自由な経営ができるようするが、例えば郵便事業では「従来の郵便のユニバーサルサービスの提供義務を課して、その維持の為に必要な場合には優遇措置を設ける」といったような事が盛り込まれていたので、地方切捨てにはならないのでは?と思う。(郵政事業民営化=過疎地域にある郵便局が無くなるという事にならない民営化の道を話し合って作り上げる事が必要で、その為に経営上どのような優遇措置や特例措置などを設けるべきかといった観点で議論してもらいたいです。郵便事業はこのまま国が行なうのだって一案だしね。)

2007年4月民営化を目指すのなら、この国会で民営化に向けた法案を通そうとするのは当然なのかなって思う。ただ、そこに至るまでの法案の詰め方にちょっと問題があったのでは(と思う ^^;)。中身についての具体性が無いという点については、むしろ後づけの理由に思える。実際問題、将来の国内外を含めた金融を取り巻く環境や民間との競争に勝てるか否か、民営化後の組織内での意識改革が進むのか、効率化がはかれるのか等々についてを現時点では予測できない以上、詳細までこの時点で定める事は無理でしょう。だから完全民営化までに経過期間をかなり設けて、その間に見直しもするようにしているのでは?って理解した。ここ数日の間に調べてだけどね(爆)


今回のドタバタで個人的にちょっと???なのは、

明確に「郵政族」と称される、絶対に民営化反対な議員がいるにも関わらず、どのように今回の法案が練られて来たのかという疑問。
・最終的に委員会ではどう承認されたのか?
・委員会の場で反対意見が出されたが、それを無視して強硬に採決まで持っていったのか?
・反対派は高をくくって適当にやっていたが、いきなり国会決議へ持っていくことになって手遅れになったのか?

法案の中身とは別に「そもそも論」として、委員会で承認された法案が公約の1つであるのに、衆院・参院の決議の段階になって反対する党員がいる自民党って一体どうなってるの?ということ。

このあたりかなぁ...

経緯がサッパリ見えなかった。
いきなりフッと出てきたような記憶しかない。 < やはり勉強不足っすね ^^;;;

一体どのような議論が繰り広げられ、それがどのように推移して行ったのか、この当たりの事は日々郵政事業の民営化を追っている「ウォッチャー」や「学者」でもない限り、一般国民には事細かくはわからない。 < 言い訳かな ^^;;;(反省!)


小泉人気に便乗して選挙で勝利をおさめて来た自民党だけど、その中には良く思わないが仕方なく同調してきた議員もいた。ある意味本心とは異なる公約に従ってきた“民営化に反対している現公社の労組や全国特定郵便局長会からの応援(票)をバックにここまで当選してきている自民党議員やその息のかっかった議員が居たから、結果的にこのような強行採決に近い動きになってしまったのでは?”とも思う。(推測です)

結果的に、選挙で国民の判断を問うことになったが、今回はこれで良いと思う。
曖昧にこのまま進めるよりはいい。(これを機に、自分でも色々勉強しなくてはと思いましたし)

解散そして選挙となるとまた税金も使われてしまうし、政治空白が出る事も確かに問題だと思うが、これを機に自民党内の異なる意見が明確に炙り出される事になるのは大歓迎。今までは自民党内に存在する「族」や「派閥」が入り乱れて議論されてきた様々な問題は、結局国民の知らないところで調整が行なわれ、その結果のみが表に出ていたと思う。これでは国民が政策を選択できる事にはならない。だから今回の選挙では、少なくても「郵政事業」に関しては国民が選択できる選挙になるのではと期待したい。


反対票を投じるに至ったプロセスは不明だけど、結果的に自民党の公約の1つに反対する議員がいるのであれば、比例代表で名簿順に当選してしまう以上は、選ぶ側としては分離されている方が有り難い。

これで政権交代となるかどうかは分からないが、少なくても、様々な自分の利権や自己保身を重視する族議員や複雑な派閥からなる今の自民党はもう少し壊す必要があると思う。その為にも野党第1党の民主党にも頑張ってもらいたい。

自民党・民主党には、本件だけではなく、年金財政や社会福祉、外交といったテーマについても、国民に分かり易い公約、そして実現できる公約を示して欲しい。


9/11 は選挙だぁ


ふぅ ようやく「下書き」を解除できた
0




AutoPage最新お知らせ