画像の転用・転載・加工等は固くお断りします
2005/9/11 | 投稿者: おいら

今日は衆議院選挙へ行ってきました!

早速夜からは選挙特番だらけ。
一部、独自の番組をやっている在京TV局もありましたが(笑)
#一応L字画面で速報は出していたのかな?


それにしても今回の選挙は凄い結果になった。

民主党の幹部は、もっと政策にスポットを当てて戦いたかったけど、小泉劇場にやられたと言った感じで敗北の弁を語っていた人もいたが、そうではないと思うな。あのマニフェストを読む限り、どう考えても現実味がないというか方法論が曖昧な気がした。“言うは易し”というのが率直な印象だった。私の周りでも同じように感じたという人がたくさんいたから、敗北の原因はそのあたりなんじゃないのかなぁ。

その上に、最後になって郵政民営化には反対ではないと言い出すし、一貫性の無さを党首討論でつかれても論破できなかったしな。もしもあのマニフェストに書かれている通りに実現できると感じたのなら、民主党に入れる人はもっと多かったように思う。


でも問題はこれからの自民党政権でしょうね。(あっ公明党も連立か ^^;)

小泉首相は任期満了をもって退陣すると言っているけど、まさか郵政民営化関連法案が可決すればあとは知らないというスタンスだとしたら、国民が期待する改革も途中で頓挫するでしょうね。次期首相の相談役となって院政をとるのなら別だけどそれもなさそうだし。

今回は取りあえず郵政族の解体に着手することは出来るだろうけど、郵政事業の民営化も中長期的に徐々に進めていく事だし、その間にいくつかの見直し期間を経て最終形が作り上げられてくる。そのプロセスをしっかりと議論し、国民もそれを監視していく必要があるでしょう。

また、その他の改革にも着手していくだろうが、まだまだ色々な「族」がいるわけだから、「官」や「それに関連した特殊法人」に関わる改革を進めるとなると、きっと今回と同じような「族議員」の動き(抵抗)は出てくるはず。それらを1つ1つ根気よくクリアしていかなければ、真の改革の実現は無理でしょうね。

そして最も関心の高いテーマの1つである年金問題や福祉問題。勿論、そられの為の財源確保の問題を論ずると出てくるであろう増税の動き などなど、政権与党はこれからが国民の期待に応えていく正念場であろう。今後の動きには国民も厳しく監視していかなくては。そして、マスコミもしっかりとそれを報道していってもらいたいですね。


それにしても、今回の選挙で投票率が前回より向上はしているが投票率はまだまだ低い。投票へは行かず政治の事に不平不満を言う輩もいるが、投票していない者に非難する資格は無いと思う。もっと積極的に参加していかなくちゃいけないんでしょうね。
0




AutoPage最新お知らせ