画像の転用・転載・加工等は固くお断りします
2006/8/2 | 投稿者: おいら

亀田興毅がWBAライトフライ級王座決定戦 初挑戦で世界王者に!

始めにダウンを奪われ、最後はフラフラになるほどバテバテ。中盤のラウンドでは挽回したシーンも多々あったけど、終わった瞬間に思ったのは「こりゃぁ3−7位で分が悪いな」という事。

最後のジャッジペーパーの結果が読み終わった際に勝者(名前)の発表が無かったので、「2対1で…」と言った時には「やはり負けたな」と思った。
が、その後に続いたの言葉は「新チャンピオン 亀田興毅」だった。

ん!? つーことは 亀田が勝ったの??

 なんだかなー(スッキリしない気分)

まぁ日本人王者が誕生した事には正直ヤッターと喜びたい! でも…

 なんだかなー(やはり解せない)

インタビューで「どんなもんじゃい!」と叫んでいたけど、それを聞いて「あんなもんかい!」と心の中で叫んでしまった(^^;

記者会見時や計量時の暴言や挑発行為を目にすると、もうちょっと相手を敬う気持ちが必要なんじゃない?って思う。あのように完全に見下したように侮辱するような言動をとった訳だから、当然、だったらそれを納得させるように早いラウンドでのKO勝ちは当然成し遂げるべきだと思っていたからね。だけど、自分はキューピー人形を渡しておちょくったくせに、計量時に相手からオムツとおしゃぶりを渡されそうになった時はあんだけキレているんだから、ちょっと自分勝手すぎるのでは?

それにしても、3人のジャッジ結果が見事にバラバラだった。
なんで同じラウンドなのに『10-9 が1人、 9-10 が2人』といったような真逆になる食い違った判定が多かったんでしょ?(ジャッジは中米1人、東アジア1人、そして欧州1人といった構成でした)

このジャッジ結果を判定するジャッジも必要ではと思ってしまった。


まぁどうであれ亀田は新王者になったわけだから、今後も相変わらずのビッグマウスを貫くのであれば(いや、貫くだろうな)、初防衛戦では圧倒的な強さを見せつけてKO勝ちしないとね。最低でも3対0の大差(それも大量点差)での判定勝ちだな。


そうそう、対戦相手が新王者(亀田)へ送った言葉「まず相手に敬意を払うことから覚えるべきだ」というのは的を得ているように思えた。
#横綱の朝青龍とも親交が深いようだけど、横綱にもこの言葉は聞かせたかったりして (^^;

世界チャンピオンや横綱などトップに君臨する立場の者は、それ相応の人としての品格も必要だと思う。もしそれが伴っていなければ、引退やその地位から落ちた時には周りは離れていくことでしょう。強気も大切なことだけど、それを言葉にする際は表現の仕方で受け手の印象はかなり変わる。王者が今のようなキャラでは、正直「ちょっと下品じゃない?」と思わずにはいられない。とにかく世間の誰もが認める立派な世界王者に育ってもらいたいっすね。もしも人間性の部分で問題視されるような部分が少しでも残ると、この後に出てくるであろう次男、三男も恐らく同じ路線で育ってしまうからね。


などと、普段の節制やハードなトレーニングなどに精進しているであろう姿や実際の人柄を全く知らない者が好き勝手に感想などを書いてるけど、私はボクシングの判定ポイントも分からないし、これはあくまでもド素人の目で見た感想ということで・・・ (^^;
0




AutoPage最新お知らせ