画像の転用・転載・加工等は固くお断りします
2006/10/21 | 投稿者: おいら

最近NTV系の「エンタの神様」を観ていて思うこと。
正直つまんない!

特に、落ちの方向が読めるアクセルホッパー、何が可笑しいんだか不明のZOXYDOLLなど、なんだかなーって感じの芸人の出演が続く。今日も出ていたクワバタオハラにいたっては、ありゃ芸でも何でもないし。

今支えているのって、元暴れヌンチャクの桜塚やっくん人気だけって感じ。
個人的にはヒライケンジの文字だけで笑わせるテイストは好きだけどね。

練られたネタの面白いコントや本格的な漫才は滅多に観られないし、収録番組の観客の反応も何に対しても「カワイイ」を連発したり「キャーキャー」言うのは、ドリフの番組の笑い屋と同じ。でもドリフの方は本当に面白かったけどね。

あの番組は、途中でネタを噛んだりすると一度止めてもう一度頭から再収録させたり、受けないとオンエアしないとか面白い所以外はカットするなど、かなり制作サイドが介入しているらしい。結局TVではじめて観た人にとっては、会場が非常に受けていると感じるように演出しているのではないかと思う。でも、これって何かが違う気がする。

たまには本格的なネタを十分な時間で披露してくれる番組を観てみたいな。
そう、かつてあった花王名人劇場のような。
0




AutoPage最新お知らせ