画像の転用・転載・加工等は固くお断りします
2007/4/8 | 投稿者: おいら

写真を撮り始めてから色々な人が撮った写真を見るようになった。


本格的な風景写真集(本)からネットで公開されている携帯カメラ写真まで、

いろいろ見ていると、色々なジャンルの素晴らしい写真に出会い参考になる。

また、見ることで段々自分なりの目標というか、どんな写真を撮りたいかが

何となく見えてくる。と同時に、ちょっとした迷路にも入り込んだり。


パッと見ではインパクトが感じられないが、どんな意図がある写真だろうと

考えて見ると初めて「なるほど〜」と気づく奥深いものや、テクニック的に

「巧いなぁ〜!」というものとか。そう、いわゆる写真誌などの投稿写真に

『こういう状況だったらこう撮るべき』みたいなコメントを付けるプロが絶賛

しているような巧みな写真。


でも、もっとシンプルに直感で「この写真が好き!」と感じる写真が好きだなぁ。

だから私は、巧い写真よりは心地良く感じてもらえる写真が撮りたいですね〜。

自然風景写真の原点ってそんな感じだったんじゃないかって思うんです。

#巧い写真は撮れないからというのもありますが...(汗)


だから、直感で「わぁー、この写真素敵だなぁ」と思い、

更にジーっと見ていると

 「おぉ、こんなところまで気配りされている」

   とか

 「きっとこんな想いが込められているんだろうなぁ」

なんてことが伝わってくる写真。

こういう写真にはイチコロです。

#ネットを通じて知り合った方に、そんな写真を撮られる方がいらっしゃいます。

#しかも撮影時のエピソードを拝見すると非常に頭が下がります。

#もう取り組み方が私なんかと全然違うんですよね。

#まさに入魂。


私も頑張らなくっちゃ。
  


続きを読む
0

2007/4/8 | 投稿者: おいら

 
今日は統一地方選挙投票日。

棄権することなく今回も行ってきました!

よく投票へは行かないのに政治について非難(批評ではなく)する人がいるけど

私は投票をしなかった人には批評も非難もする権利は無いと思っている。

だから、私は選挙へは絶対に行く。

堂々と批評するためにもね。



でもねー。


相変わらず候補者の心が見えてこないんだよね。



政党色の有無くらいしかわからないような選挙活動。

無所属だって某知事選のように裏でどう関わっているかもわからないし。

スローガン程度じゃ“この人に任せられる!”と思って投票できない。



でも、投票したくない基準は1つ持っていた。

それは告示前にも関わらず、

 ・政党の宣伝カーで名前を連呼して住宅地を走っている候補

 ・後援会から電話で「よろしく」と掛けてくる候補

一応基準を知りたくて選挙管理委員会に問合せしてみたら、

よろしくとは言っても「投票してくれ」と言わない限りは選挙違反ではないらしい。

ただ、こんな事も言ってた。

『限りなく選挙違反に近いでしょうね』って。

そりゃそうでしょうね。

だって よろしく(お願いします) という言葉の前には 投票を という

言葉が隠されているんだからね。


だから、後援会からいきなり電話で「よろしく」と掛かってきた時は

「こんなことしてくる候補者はかえってマイナスイメージを持つ」
「政策で決めるからこういうのはやめてくれ」

と答えるようにしている。


こういうセコイ奴には絶対投票したくない。



政治に関心を持っていても、表面だけでは全くわからない。

まだ比例区のように名簿順というわけでは無いからいいけど、

国政選挙になると益々わからんのよねー。


  
続きを読む
0




AutoPage最新お知らせ