画像の転用・転載・加工等は固くお断りします
2009/10/15 | 投稿者: おいら

 
沖縄方面に生息し、マングースとの戦いでも有名な猛毒をもつ蛇

ではなくて、車輪の軸部分となるハブ空港の一件。


羽田のハブ化→成田からの路線引き上げ(羽田移行)として猛激怒した知事。

でも当の本人がかつて衆院選に出た時は

「羽田の国際空港化推進」

が公約だった。

それは羽田の有る地域から立候補したからだろうけど、

今度は千葉県知事になった途端に今回の怒りの会見。

最後は大臣と話して「国益を損ねないようにする必要がある」と言う。

何だかなぁ〜。


それよりももっと気になることがある。

それは羽田の安全性は大丈夫なのかということ。

いくら滑走路が増えるからといっても

上空の飛行ルートはそれに比例しては増えないでしょう。

現在の発着数でさえ過密と言われているのに

これが滑走路を4本、5本と増やしてゆき

最終的には今の発着回数を倍の60万回にするという。

本当に大丈夫なんだろうか?

狭い日本国土の中、更にこれだけ密集した地域が隣接する場所で

何か航空機事故が起きてしまったら・・・。

しかも東京湾は船の航行も密集しているんでしょ?


数字のお遊びで決めているような感もあるけど、

これで決めちゃっていいんだろうか。


マジ怖いっす。

 
 
2




AutoPage最新お知らせ