画像の転用・転載・加工等は固くお断りします
2010/1/8 | 投稿者: おいら@追楽

 
昨年の衆院選で落選した山崎拓氏。
次回の参院選では比例区で出馬したいようだ。
それにあたり、自民党の公認をもらいたいと総裁に直談判した!

をいをい、そういうことを平気でやるとは...(呆)

比例区では70歳定年制を定めたことは知っているはずなのにね。
結局自民党って長老支配が変わっていないんじゃないのか?
総裁は総裁で、「ノー」と即答しない(できない)というありさま。

そして党の公認が得られなかったら離党するとか。
これで現与党側へ鞍替えでもするのか...。
公認されれば自民、公認されなければ相反する党へというのは変だゾ!!


もー、結局自分の事しか考えていない議員先生。

その為には党を移ることさえも辞さないとはね。

あーぁ。
 
0




AutoPage最新お知らせ