画像の転用・転載・加工等は固くお断りします
2010/1/25 | 投稿者: おいら@追楽

 
相撲協会の理事選が来月初にあるとか。

そこに貴乃花親方が立候補することでやや揉め気味の協会、
今まで一門に割り当てられた席数に各立候補者が同数出て
無投票で当選するケースが多かったという。

何だか妙なしきたりだな。

完全な出来レース。
これでは当選後も様々な制約の中では少数意見を通すどころか
今までのしきたりに異を唱えることすら許されなさそうな気がする。

角界ではここ近年様々な事件、それも昔には考えられなかったような
弟子暴行致死や大麻汚染といった犯罪も出てきているし、
品格のない横綱にそれを監督・管理できない優しい親方。
何か不祥事があっても理事長の椅子にしがみつき、自らの責任には触れず、
いや自分の責任ではなく部屋(親方)の問題と言い放つ。
かといって、部屋や親方への指導もなく管理もできない協会。
結局は横審や特命を受けて任命された民間有識者の口から出た苦言に
ようやく重い腰を上げるというありさま。

そんな協会、そして角界全体の改革したいということで立候補した貴乃花親方。
かたや、それは良く思わずに色々な妨害工作を裏でやっているらしい旧来の親方達。
ここにも何やら妙な世界が繰り広げられているようだ。

ところで日本相撲協会って財団法人という組織。
それなのに理事が親方衆しかいないのってオカシイということは無いのだろうか。
外部からの理事がいないって、誰が監督管理して決めているんだか。

相撲という国技であり神事でもあった伝統的な世界。
確かに守るべき伝統もあるだろうが、
近代化すべき部分もあるだろう。
外国人力士に門戸を開き、
強い日本人力士が少なくなっている現状もある。

このままではいけないよね。

場所数を減らすのは難しいけど、年6場所のうち4場所出れば良いとか、
もう少し柔軟な制度にすれば怪我を防いだり無気力相撲を無くすことにも
繋がると思うし、裏方さん達の待遇を見直す事だって現状が酷すぎるだけだし。
そして底辺を広げるために学童への啓蒙も必要だろうし、
育成する部屋のしくみ(稽古のシステムを確立させるとか)を見直して
安心して預けられるような世界にするとか・・・、
素人が考えても色々と改革できそうなところってあると思う。

今回の理事選がどうなるか、仮に当選したとしてその後がどうなるのか、
また今回残念な結果になったとしても次回の改選・当選後の発言力への
影響力を高めておく効果もあるだろうから、今後コツコツと積み上げて
また楽しめる相撲を見せてもらえると嬉しいな。

そういう意味ではあれだけ貪欲に相撲道を追及した大横綱だから
大いに力を発揮してくださいとエールを贈りたいと思っている。
でも、それを誰かが監督できるような制度にもしてくださいね。

なんてことを思う今日この頃の相撲界です。

  

2




AutoPage最新お知らせ