画像の転用・転載・加工等は固くお断りします
2010/2/27 | 投稿者: おいら@追楽

 
今回のフィギュアスケートでは、
男子での4回転論争もあったが、
女子の異常な採点により
ルール改正は必至なのではないだろうか。
いや、改正されなかったらもう終わりって事でしょう。

今回の金メダリストの構成はもう十数年も前の内容と同等、
そういう点では確かにプルシェンコの言う危機感は理解できる。
プルシェンコは抗議すると宣言しているようだから、
ルール改正などの流れは少なからず起きると思う。
そしてそれは、各国の連盟からも支持されやすいだろう。

まず基礎点の見直しでしょう。

4回転、3回転半ジャンプの基礎点アップか3−3以下のポイントの減。
これは絶対のような気がする。(そうなってもらいたい)
3−3は現在は女子ジュニアの選手でも飛ぶ選手が増えているのに、
基礎点が今でも高すぎると思う。

そしてGOEやプログラム・コンポーネンツの加減点幅の見直しや
一気に廃止してもっと納得できる方式にするとか、
現行方式を踏襲するとしても各ジャッジ内容の公開や、
試合後に検証するとか・・・。
是非そういうこともやって欲しい。
そして、検証結果によってはジャッジの資格の停止や剥奪など罰則も厳しくね。

他にもまだまだ一杯あるんだろうけど。



次回はロシアのソチ。

ルール改正が実行されれば、
多分キムヨナは金メダルと共に現役引退でしょう。
だって、そうなれば確実に浅田には勝てなくなるからね。

もしルール改正が無かったり、その方向がまた変だったら
もうフィギュアは純粋にスポーツじゃなくなり
プロレスのような興行になるような気がする。
そうなったら馬鹿馬鹿しくてファンも離れると思う。

SPの78点だけでも異常なのに、FSで更に150点と上塗りした、
今回のジャッジはあってはならないモノだった。
どうか公平公正なジャッジ体制と納得できる基準を作ってもらいたいものだ。

オリンピックも遂にここまで落ちたか・・・。
  
念のため補足
3




AutoPage最新お知らせ