画像の転用・転載・加工等は固くお断りします
2011/3/27 | 投稿者: おいら@追楽

 
世界初のハイブリッドのワンメイクレースがYouTubeにUPされてました!




スタートが物凄く穏やかで、スピード感がまるでありません(笑)

だけど、これだけの台数が一度に出走する光景は迫力がありますね。

最高速はどのくらい出ているんだろ?

  
0

2011/3/24 | 投稿者: おいら@携帯

都内のスタンドも今日は行列していませんでした!
4〜5軒前を通ったけど給油場所が空いているし、ようやく落ち着いたのかな?
うちはまだ半分以上残っているから、入れる頃はもう元に戻っていると期待しよう!
0

2011/3/19 | 投稿者: おいら@追楽

 
少しづつ収拾に向けて前進しているようです。
注水作業も効果が上がっているようだし、
東北電力からの電力確保ルートの構築についても
あとは施設内の機器の確認を行い通電させる手前まできた模様。
この先順調に推移しますよう、お祈りしています。

なお、今後上空50m付近から注水できるベンツの特別車両も現地に入るとか。
この車両は100mくらい離れた場所からのリモートコントロールで
かなりピンポイントに注水できるそうなので、更なる効果アップが大いに期待できる。

現地で命がけで活動してくれている原発職員、自衛官、消防士、機動隊などの皆さん、
本当にありがとうございます。


ところで、やはり都内でいろいろな会見を開く際に出席している方々、
何か対応が後手後手に回っていませんか?

ベンツ製の車両は今回派遣される車両(1台)の他にも
ビル建設時には使用されているとかで、取り扱っている会社もあるらしい。
今日のニュースにも同型車が紹介されてましたから・・・。
だったら、何故もっと早い時期からこのような効果的な車両を手配できなかったのだろうか?
現地のスペース(瓦礫などで入れないとか)の問題もあったかもしれないけど、
近隣に待機させておくことはできたんじゃないのか。
いち早くこの車両をリモートで操作していれば
危険な上に効率的にも悪いヘリからの給水であるとか、
放水距離の出ない車両からの作業といった被曝の危険を冒してまでの活動も
もっともっと少なくできたと思う。

北沢防衛相の「もう今日が限界だ」みたいな、相変わらず全く具体性が無く
物凄く不安を助長させるだけの会見を見ても、この大臣で本当に大丈夫なのか?と。
また、使用済み核燃料が炉の隣に注水プール内にあったことも
当初は発表されていなかったり、1号機での爆発があった時点では
他の号機でのリスクへの対応も不十分でただ見守っていただけの感じもあった。

これらは東電側が小出しにしているのであれば以ての外である。
そうでなくても東電は、当初炉への海水注入を政府が要請したにも関わらず
それを断っているという重大な判断ミスを犯しているようである。

かたや政府も、アメリカからは廃炉を前提とした支援提案を断ったとか、
後から色々な情報が明らかになっている。

そんな不確実な情報だけしか知らされていない中で、
都度定期的に発表してきた枝野官房長官ではあるが、
辛い会見続きだったのではないかと思う反面、
上記のような事は官房長官にも知らされていたのではないかとも思う。


物流体制の確保、燃料問題、買占め問題などもかなり当初から露呈していたのに、
動き出したのはかなり後になってしまい、結果、まだ支援物資が届けられていない
被災地が数々発生するような事態になっている。

遠隔地への避難であったり、仮設住宅の手配など暫定的な居住地の対策についても
先に地方が声をあげている状況で、政府はまた後手に回っているように思う。

もっともっと先手を打っていくような対応はできないものだろうか?

高給を得ている議員は各自の選挙区での活動に勤しむだけでなく、
こういう緊急時は普段の委員会などとは別に震災対策についても必ず全員が兼務するくらいに
もっともっと率先して強い心構えで責任をもって働いてもらいたい。

 政権争い、派閥争いなんて糞食らえだっ!

 もっともっと先手で国が大号令をかけてもらいたい。

こういう時こそ政府主導でいち早く情報の一元化と指揮命令系統の明確化を行い、
フットワーク良く政財官民連携して動けると良いと思う今日この頃です。
そうすれば、私は自分にできる範囲のことでしか支援活動に参加はできないけれど、
どのようなことで支援できるのか、もっと関わることができる機会は増えるのではないかと。

震災発生から1週間が過ぎ、折角救助され避難できた方が、
その後の支援状況が芳しくないという事由で
残念ながら命を落としてしまうという痛ましい状況を知る度、
本当に悲しく思いますし、支援体制が全く進まない政府に対する憤りを感じます。

一日も早い行方不明者の捜索・救助、
そして被災者への支援の充実、原発事故の収拾、
ただただ祈るばかりです。

自分では余裕のある時には引き続き募金をしたり
暖房を止め厚着したり余分な電機はこまめに消すなど、
節電に努めることくらいしかできないけど、
被災地が少しでも落ち着いたら出荷された農産物・海産物を買ったり、
出向いて宿泊したり買い物したり等など
出来る限りの事はしていきたいと思います。



追記:
いかに防災計画、救助・支援計画などのリスク管理が不十分だったか、よ〜く分かった気がします。
こういう経緯を見ていると、かつての事業仕分けで廃止とされた「スーパー堤防」の件も、
それを代替する対策って大丈夫なの?単に放置するだけなんじゃない?って思ってしまいます。
勿論、スーパー堤防構想自体にはかなりの問題が含まれていたのも事実でしょうけど...。


1

2011/3/15 | 投稿者: おいら@追楽

 
今度は静岡県東部を震源とした大きな地震が発生!

震度6強を記録している地域があり、

ニュース内での情報として、役所の床が抜けたとか電柱が倒れた、

土砂崩れが発生、火事が発生、・・・ と、何かしら被災しているようです。

被害が少ないことを祈ります。



それにしても地震が多い!

今回のモノは富士山周辺部を震源とした直下型のようですが、

東北関東大震災発生からその余震と思われる地震が

かなり離れた内陸部の長野県・新潟県の県境付近で頻発。

そして今度は静岡県、まるで徐々に東海地震・東南海地震へと

続いてしまうようで本当に怖いです。

プレートの端で起きたというよりは活断層が動いたんだろうけど、

場所が場所だけに、直接関係は無くてもこれがトリガーとなって・・・。

更に、富士山が目覚めてしまったら・・・。


この先の日本は大丈夫なのだろうか?

まさか「日本地没」が現実のものになんてならないよね。

  

 
0

2011/3/15 | 投稿者: おいら@追楽

   
なんと素晴らしい国なんだ!

感動です!!

 ↓

http://prayforjapan.jp/tweet.html


私も少しづつでも自分にできることをやっていこうと思います。

 
続きを読む
0

2011/3/14 | 投稿者: おいら@追楽

 
計画停電の影響で地元を走る電車が朝から終日運休中。

ガソリンを入れようと出かけたら、都心方面へ向かう幹線道路が大渋滞。

国道だけでなく、地元民が使う生活道路さえも大渋滞してました。

更にスタンドはどこも品切れで結局給油することなく、

逆に3リットル位消費してしまいました。



木曜日は母親を都内の大学病院へ定期検査に連れて行かないといけないので、

その為にもどうしても給油しておく必要があるんだけど、

当日の道路状況がこのような渋滞では時間的な問題も出そう。

いっそのこと前日に都内のホテルに泊まった方が良いのだろうか。

でもその翌週も診察があるし、帰ってこれるかも不安だし。

こちらも少々困ってきました。



それにしても政府も東京電力も、もっと早く発表して欲しい。

対象地域5グループのうち2つもノミネートされ、

更に対象地域を示すpdfの方でも2グループ表記されている。

http://www.tepco.co.jp/images/saitama.pdf


これじゃぁ一体どっちに入るのか、或いは両方なのか、

全くわかりません!

フリーダイヤルも昨晩から深夜1時過ぎまで架けたけど繋がらないし、

今だって・・・。

消費者側は一体どうやって計画すればいいの?

 
0




AutoPage最新お知らせ