画像の転用・転載・加工等は固くお断りします
2011/3/6 | 投稿者: おいら@追楽

 
CT200hには4つのグレードが用意されてます。
ベースのCT200h、そして今回私が契約したversionC、
スポーツグレードのF SPORT、豪華仕様の versionL。

当然、標準装備に差があるのですが、

ベースグレードに無くVer.Cにあるものは
・パフォーマンスダンパー
・タイヤサイズが16インチ(ベースは15)
・クルーズコントロール
・オート防眩インナーミラー

同様に、Ver.Cに無くVer.Lにあるものは
・17インチアルミ+タイヤ(Cはオプション選択可)
・本革シート(Cには付けられない)
・雨滴感応式間欠フロントワイパー(本革シートとセットなのでCには付けられない)
・広角/リバース連動チルトダウン・メモリー・自動防眩付ドアミラー(同上)
・クリアランスソナー(Cはオプション選択可)
・LEDヘッドライト(Cはオプション選択可)

同様に、Ver.Cに無くF SPORTにあるものは
・LEDヘッドライト(Cはオプション選択可)
・アルミ製スポーツペダル、専用サス、17インチ専用アルミ、専用ステアリング、
 専用グリル、専用スカッフプレート

まぁ代表的な装備を書き出すとこんな感じの差です。

ここで「おやっ?」と思ったのは・・・
オプションを追加して上位モデルの装備に近づけていくと、結局は上位モデルよりも
高くなり、はじめから標準装備の上位モデルにしておいた方がお得(安い)といった
ことが良くありますが、CT200hの場合そうはなっていません。

モデル間での価格差を見てみると
 標準とCの差=20万
 CとF SPORTの差=30万
 CとLの差=55万

割安感というよりは、グレードによって追加できるオプションに制約があるという点が
最も大きい要素みたいですね。
例えば本革シートにしたければLかF SPORT+オプションでしか選べないとか、LEDヘッド
ライトにしたければver.C以上だとか・・・。

先ず本革にするか否かが大きなポイントでしたが、私は結構汗っかきで、夏場などは
よく腿の裏側に汗を掻いてしまうので本革はやめました。それにCTのファブリックシートは
かなり上質な感じだったし、本革仕様と同様にヒーター内蔵だし...。

ということで、『versionC + オプション追加』で契約しました。
その結果『ver.L - 本革シート』より豪華仕様になっちゃっているかも(^^;;
最後までF SPORTと悩みましたが、エンジン(パワー)関係は一緒だから、価格差を納得
するだけの要素が私にはありませんでした。専用チューンのサスには興味あったんだけど、
これからはゆったり走りたいし。結局その差額分でムーンルーフにしてしまった(汗)

  
 
2

2011/3/6 | 投稿者: おいら@追楽

   
CT200hにはPCのマウスのような『リモートタッチ』というモノが
コンソール部にあって、ナビなどの画面操作はこれを使って行います。
この部分にあるメニュー(機能)表記の一部は、カタログ上では日本語表記が
デフォルトになっていて、メーカーオプション(無償)で英語表記を
選択することもできます。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、コンソール部というかインパネ部というかエアコンやオーディオなど
他の部分の文字表記は勿論、このリモートタッチの側面の“ENTER”部分をはじめ、
これらは日本語表記になる訳ではなく全て英字なんです。
日本語表記でオーダーしても、日本語になる箇所は2〜3か所程度(確か MENU, MAP とか・・・)
だったと思います。

他のインパネの表記が全て日本語が選べるのならまだ分かるけど、
何か不思議なオプション設定って感じました。
そういえば、ビデオデッキやラジカセなどの家電製品でも英字表記から
「巻き戻し」「停止」といったように日本語表記に変わったモノも多かったですね。
 
 
   
0

2011/3/6 | 投稿者: おいら@追楽


何故かCT200hはスペアタイヤレスのパンク修理キットがデフォルトで、
スペアタイヤ(応急タイヤ)はメーカーオプションになっている。
#確か「スバル インプレッサ WRX STI スペックC」もそうですね

確かにその方が重量的にもラゲッジのスペース的にも有利なのは
十分理解できることではあるんだけど・・・。
でも、パンク修理キットでは対応できないようなパンク、例えば
サイドウォール部等が裂けたような状況では、もうそのタイヤでの
走行は無理、別タイヤへ履き替える必要がある筈。そのような場合は
一体どうするんでしょうね。JAFを呼ぶしかないのかな。
また修理キットを使用したタイヤの内部は液剤でベトベトになるし、
基本的にはもう補修はできないだろうし。

もしかすると、自分でスペアタイヤに交換できるユーザは少ないと
判断したんだろうか・・・。或いは、スペアタイヤに交換する際は
ナットの向きを通常と逆(平ら側を外に、テーパー側を内側)に
セットするようなので、その時のミスを未然に防ごうとしているのかも。
でもそれならスペアタイヤにその旨注記しておけば良いだけだし、
やはりスペアが無いのは不安だな。

ということで、私は迷いなく「スペアタイヤ」を指定しました。
料金も同じだから、絶対にこの方が安心できると思うんだけどな。

1つ前に発表されたHSではスペアタイヤがデフォルトになっているから
CTから採用されたんでしょうね。この先、GSが今年の終わりにFMC、
他のモデルが夏ごろMCらしいので、他のモデルがどうなるのかちょっと
興味があります。





追記 : 自分が知らないだけど、今の車はこれが主流なのかもしれないね(^^;
 
 
0

2011/3/4 | 投稿者: おいら@追楽


今回、CT200hという車を購入する事で人生初のレクサス店に入りました。
そこで、レクサス店で感じたことをちょっと書いてみようかな。

過去お世話になったスバル、日産、ダイハツ、トヨタといった各メーカーの
ディーラーに比べると、それはもう全く違う雰囲気の空間ですね。
店の造りや出される飲み物・お菓子類、受付のお姉さんは勿論だけど、
車の売り方についても実にあっさりしている。(悪い意味で)

レクサスは前から値引きなしのワンプライスとは聞いていたけど、
この新車が売れない時代に、しかもここの車はどれも結構高額なのに、
果たして本当にそれで商売になるんだろうかと。

そう思いつつ、半信半疑で初訪問したけど、実際は更にシビアでした(涙)
現金値引きは勿論無いし、用品のサービスも無いし値引き販売すらしない。
そして作業工賃も1時間当たり@10,500円しっかり請求される。

だから見積りも非常にシンプル、機械的にパパッとはじかれる。

車両価格+メーカーオプション(MOP)価格+ディーラーオプション(DOP)価格、
更にはそのDOPの取り付け工賃に必要経費を加えて・・・ 

はい、○○○円ですと、あっけなく物凄い金額が見積書に叩き出されます。

今回はハイブリット車による減税で、自動車取得税と同重量税がゼロなど、
その恩恵があって、それはそれで良かったんだけどね。

だけどオプション類も、通常想定している金額よりも物凄く高いんだから!
例えばフロアマット(前席+後席)が8万超!キッチリ取られます。
他社ディーラーだと、最後の最後に「じゃぁフロアマットはサービスで」というのが
今までお付き合いしてきたセールス氏の常套文句だったと思う。
#私は社外品にするので「いりません」と即答しました

何度か「本当に全然サービスってないの?」とさりげなく聞いても、
とても丁重にかつ笑顔で「はい」と紳士的に返されるだけ。
確かにそれでブランドを築いてるのは分かるけど、
でも買う側にしてみたらあまり良い気分にはならないね。

だけど、まぁそれがレクサスなんだろうから、受け入れるしかないんだろうなぁ。


と、言い聞かせていましたよ。

でもねぇ〜

ネットで色々と調べてみると、実際は数万程度ながら現金での値引きがあったり、
用品のサービス(無料提供)も結構行われているみたい。
購入者自らが「自分はこうだったと」かなり発表されている。
本来レクサスではブランドを守るためにご法度らしいんだけど、
販売ディーラーによっては少なからずこのようなサービスも
シッカリ行っているようですね。
#実際、店頭での見積りシステムでは『サービス品の合計金額が6万だか7万を
超えるとPC画面上に「値引きが多すぎる」とアラートが表示される』らしいから、
オプションサービスはある程度担当の裁量で想定されているってことでしょう

店によっては初めから「何か付けたいオプションが有ったら選んでください」と、
店側から言い出すこともあるらしい。勿論この台詞に続くのは「ではこちらは
サービスさせていただきます」となる訳で・・・。

社外品の取り付けだって、車検対応範囲内だったら普通にOKな店もあれば、
うちが購入した店のように・・・。
※ちょっとここだけは譲れない(というか矛盾している)ので、最低限の無理を
言わせて貰いましたけど、でも勿論高い工賃は払うんだけどね


こういう実態を知ってしまうと、やっぱり 不公平だなー って思っちゃうでしょ(笑)
誰かからの紹介とかならまだ分かるけど、同じように新規の客でもそうなんだから。
もうこのあたりの事になると、その店のGMか販社の方針なんでしょうね。
担当セールス氏もやや歯痒そうな感じでした。

だけど、全くのサービス無しで同じ車を買う客もいるのだから、
結果的にこんなに対応が違ってくるこの差って一体何だろうか?
勿論、販売ディーラーは別法人なわけで、各々の経営判断でサービスの度合いが違うのは
理解はできるが、でもレクサスというブランドは「値引き合戦にしない」が根底なんでしょ?
内緒で色々とサービスするならそれも仕方ないけど、だったらシッカリと客から念書をとって
「このことは口外しない」と約束させるべきだと思う。
その店の客だけでなく他店の客の気持ちも理解した上で商談に応じるのが
本当の「おもてなし」の心遣いだと思うけどな。


なんて思いました。


契約してから1か月が過ぎましたが、まだ流石レクサスと思わせるような事って無いです。
勿論、店は綺麗で豪華だし、担当セールスも非常に丁寧で礼儀正しいけど、
考え方によっては、店の造りはともかく、態度接客は当然の事かもしれない。

この先のディーラーの対応ってどうなのだろうか。
本当に購入価格に見合う内容なのだろうか?
レクサスが謳う「最高のおもてなし」って、一体何なのでしょうね。
現在のところ私にはそう感じられるよな体験は、まだ残念ながらありません!
まぁ期待してみることにしましょうか。

今現在の自分の気持ちとしては、
全て正規の費用を言われた通りに対価としてキッチリ支払い購入するので、
この先、何か手抜きやミス、不手際があった場合は堂々と主張していこうと思ってます。
勿論、何もないのにゴネるつもりは無く、責任をもってカーライフを支えて貰うつもり。
などと、少し拗ねちゃいます(^^;

でもそれは当たり前で、あくまでもビジネスはビジネス、シッカリやっていただくという事だから。
ディーラーとこういう付き合い方をするのってちょっと寂しいですけどね。 

8

2011/3/3 | 投稿者: おいら@携帯

  
本日、CT200hのウェルカムキットが届いてました!

クリックすると元のサイズで表示します

これで専用サイトへのアクセスもできるので、

納車前に各種マニュアルを確認しておくことができる。

ちょっと見てみたけど、結構覚えることが多そうな・・・。

まぁセキュリティやナビ関係がメインだろうけど。

どうやら納車は4月はじめ頃になるらしいですねー。

保険が若干値上がりするからそれが少し悔しい。


あー何か実感湧いてきたかも。


今月はできるだけ青鰤号に乗って、

あの音・加速・ハンドリング・等など 色々味わっておこう。

 
 




   CT200hの購入をカミングアウトしたので、これからは色々と書いちゃいますね(^^;
0




AutoPage最新お知らせ