画像の転用・転載・加工等は固くお断りします
2011/3/4 | 投稿者: おいら@追楽


今回、CT200hという車を購入する事で人生初のレクサス店に入りました。
そこで、レクサス店で感じたことをちょっと書いてみようかな。

過去お世話になったスバル、日産、ダイハツ、トヨタといった各メーカーの
ディーラーに比べると、それはもう全く違う雰囲気の空間ですね。
店の造りや出される飲み物・お菓子類、受付のお姉さんは勿論だけど、
車の売り方についても実にあっさりしている。(悪い意味で)

レクサスは前から値引きなしのワンプライスとは聞いていたけど、
この新車が売れない時代に、しかもここの車はどれも結構高額なのに、
果たして本当にそれで商売になるんだろうかと。

そう思いつつ、半信半疑で初訪問したけど、実際は更にシビアでした(涙)
現金値引きは勿論無いし、用品のサービスも無いし値引き販売すらしない。
そして作業工賃も1時間当たり@10,500円しっかり請求される。

だから見積りも非常にシンプル、機械的にパパッとはじかれる。

車両価格+メーカーオプション(MOP)価格+ディーラーオプション(DOP)価格、
更にはそのDOPの取り付け工賃に必要経費を加えて・・・ 

はい、○○○円ですと、あっけなく物凄い金額が見積書に叩き出されます。

今回はハイブリット車による減税で、自動車取得税と同重量税がゼロなど、
その恩恵があって、それはそれで良かったんだけどね。

だけどオプション類も、通常想定している金額よりも物凄く高いんだから!
例えばフロアマット(前席+後席)が8万超!キッチリ取られます。
他社ディーラーだと、最後の最後に「じゃぁフロアマットはサービスで」というのが
今までお付き合いしてきたセールス氏の常套文句だったと思う。
#私は社外品にするので「いりません」と即答しました

何度か「本当に全然サービスってないの?」とさりげなく聞いても、
とても丁重にかつ笑顔で「はい」と紳士的に返されるだけ。
確かにそれでブランドを築いてるのは分かるけど、
でも買う側にしてみたらあまり良い気分にはならないね。

だけど、まぁそれがレクサスなんだろうから、受け入れるしかないんだろうなぁ。


と、言い聞かせていましたよ。

でもねぇ〜

ネットで色々と調べてみると、実際は数万程度ながら現金での値引きがあったり、
用品のサービス(無料提供)も結構行われているみたい。
購入者自らが「自分はこうだったと」かなり発表されている。
本来レクサスではブランドを守るためにご法度らしいんだけど、
販売ディーラーによっては少なからずこのようなサービスも
シッカリ行っているようですね。
#実際、店頭での見積りシステムでは『サービス品の合計金額が6万だか7万を
超えるとPC画面上に「値引きが多すぎる」とアラートが表示される』らしいから、
オプションサービスはある程度担当の裁量で想定されているってことでしょう

店によっては初めから「何か付けたいオプションが有ったら選んでください」と、
店側から言い出すこともあるらしい。勿論この台詞に続くのは「ではこちらは
サービスさせていただきます」となる訳で・・・。

社外品の取り付けだって、車検対応範囲内だったら普通にOKな店もあれば、
うちが購入した店のように・・・。
※ちょっとここだけは譲れない(というか矛盾している)ので、最低限の無理を
言わせて貰いましたけど、でも勿論高い工賃は払うんだけどね


こういう実態を知ってしまうと、やっぱり 不公平だなー って思っちゃうでしょ(笑)
誰かからの紹介とかならまだ分かるけど、同じように新規の客でもそうなんだから。
もうこのあたりの事になると、その店のGMか販社の方針なんでしょうね。
担当セールス氏もやや歯痒そうな感じでした。

だけど、全くのサービス無しで同じ車を買う客もいるのだから、
結果的にこんなに対応が違ってくるこの差って一体何だろうか?
勿論、販売ディーラーは別法人なわけで、各々の経営判断でサービスの度合いが違うのは
理解はできるが、でもレクサスというブランドは「値引き合戦にしない」が根底なんでしょ?
内緒で色々とサービスするならそれも仕方ないけど、だったらシッカリと客から念書をとって
「このことは口外しない」と約束させるべきだと思う。
その店の客だけでなく他店の客の気持ちも理解した上で商談に応じるのが
本当の「おもてなし」の心遣いだと思うけどな。


なんて思いました。


契約してから1か月が過ぎましたが、まだ流石レクサスと思わせるような事って無いです。
勿論、店は綺麗で豪華だし、担当セールスも非常に丁寧で礼儀正しいけど、
考え方によっては、店の造りはともかく、態度接客は当然の事かもしれない。

この先のディーラーの対応ってどうなのだろうか。
本当に購入価格に見合う内容なのだろうか?
レクサスが謳う「最高のおもてなし」って、一体何なのでしょうね。
現在のところ私にはそう感じられるよな体験は、まだ残念ながらありません!
まぁ期待してみることにしましょうか。

今現在の自分の気持ちとしては、
全て正規の費用を言われた通りに対価としてキッチリ支払い購入するので、
この先、何か手抜きやミス、不手際があった場合は堂々と主張していこうと思ってます。
勿論、何もないのにゴネるつもりは無く、責任をもってカーライフを支えて貰うつもり。
などと、少し拗ねちゃいます(^^;

でもそれは当たり前で、あくまでもビジネスはビジネス、シッカリやっていただくという事だから。
ディーラーとこういう付き合い方をするのってちょっと寂しいですけどね。 

8




AutoPage最新お知らせ