画像の転用・転載・加工等は固くお断りします
2011/4/11 | 投稿者: おいら@追楽

 
久々にスペシャル番組として「世界ウルルン滞在記」を観た。

迎えてくれた家族は皆な温かく、ゲストを自分の家族同様に接してくれている。

そんな光景をみると、かつて日本にもあった家族愛が今もシッカリ残されているようで、

なんだかとっても羨ましい社会だなぁと、そう感じずにはいられなかった。



今ほど便利では無かったけど、昭和って意外と素敵な時代だったのかもしれないな。

日本という国は本当に大切なものを失ってしまったのかもしれない。



今回の大震災を機に、家族についてもっと考えてみるようになるかもしれませんね。

そんなパラダイムシフトは必要なのかも。
 
  
0




AutoPage最新お知らせ