画像の転用・転載・加工等は固くお断りします

戻ってきた!

2005/6/9 | 投稿者: おいら

ようやくレンズが戻ってきた!
といっても結局は新品と交換になったので別物だけど。


今日は早い時間に家に居たので、早速夕食前に前回撮影した場所で試写してみました。前回同様にワイド端 18mm で約200m 先の同じターゲットにAFを合わせて撮ってみると、流石に絞り開放では甘々ですが(苦笑)、F5.6 と 1+1/3段 絞ると周辺部がシャキっとしてくるのが分かりますし、F8 まで絞ればまずまず納得できる写り具合って感じでした。

ただし、等倍表示させると前回ほどではないにしても、流石に甘さは目立ちます。 (×_×)

でもこれは仕方ないですね〜。
この程度ならアンシャープマスク処理を施せば問題はないレベルでしょう。
(と、思うことにするしかないな)

全般的に劇的に良くなったという感じはしませんが、絞り1段分程度は改善されている気がしました。やはり、前回の個体よりは精度の高いモノを選定してくれたようです。

このレンズは、テレ端で絞り開放時“F5.6”と表示されてしまう不具合に対応した後から販売(製造?)されたモデルのようですね。製造番号もかなり飛んでるし、レンズキャップの文字がシルバーのメッキからブラックに変わってましたので…。(価格コムの掲示板で読んだとおり)

その他にも、近所の公園で普通に数枚写してみたけど、まあまあの写りだったのでまずは一安心かな。やはりデジタル専用(APS-C)の高倍率ズームではこんなもんなんでしょう。レンズのマウント部をフルサイズのレンズと比べると、最後玉(?)の大きさがスッゴク小さいから、これでは周辺部の余裕はないよなぁって思いますものね〜。純正のEFレンズ(フルサイズでも使える)この手の焦点距離のズームが出れば言う事ないんだけどな。無理か...(^^ゞ

数本分のレンズをコレ1本で手軽に済まそうとしているんだから仕方ないよね
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ