サイト一覧

おおいた夢幻都市計画

ZOIDS REVOLUTION!!

裏れぼりゅーしょん!!

掲示板

画像掲示板

mixi(要アカウント)

飛び出せ!宙マン占い

2014/6/19

涼を求めて・・・  大分県関係

月初めの振り替え休日を今頃取れたので、
腰痛の治療代わりに竹田市荻の温泉施設に行ってみたのですが
近くに来てふと思い立ち、寄り道していくことに。

クリックすると元のサイズで表示します
そこがこの、「白水の滝」です。

白水の滝・・・
大分県と熊本県の県境の大野川の源流にある高さ約38mの滝で、入口には大野川源流の碑が建っている。阿蘇山系の伏流水が岩盤から湧き水となって湧きだし、幾筋もの糸のような滝となって流れ落ちて、その滝水が白く見えることから、白水の滝と呼ばれる。また、99本の滝筋があり、100に1つ足りなかったので、百から一の横棒を抜いて白水の滝としたとの説もある。

『豊後国志』(享和3年(1803年))等では「陽目瀑」として広く知られており、現在でも、白水の滝を含む一帯の渓谷は陽目渓谷(ひなためけいこく)と呼ばれる。かっては幅約100mに及ぶ壮大な滝で日本一の飛泉と讃えられ、岡藩主の中川氏によって滝見物のための御茶屋も設けられていた。また、流水の様がよく似ている富士山麓の白糸の滝に対して、「東の白糸、西の白水」とも称された。しかしながら、明治時代以降の白水井路や荻柏原井路等の治水工事のために、現在では流量が落ち、滝筋の数は往年ほどではなくなっている。

近年では、毎年、白水の滝で大野川源流祭りが開催されている。

大野川の下流、竹田市大字次倉には重要文化財の白水ダム(はくすいダム、正式名称:白水溜池堰堤)がある。



クリックすると元のサイズで表示します
せっかく来たのでネタ用に撮影してみました。

…しかし温泉の前にこっちに来たのは正解でした。
なにせ駐車場から15分ほど半ば山道のような遊歩道を行くものですから
往復すればこの時期は結構汗だくになってしまうもので(笑)

2013/10/11

別府をみっくみくにしてやんよ!  大分県関係

泉都彩る初音ミク 来月15日からイベント

クリックすると元のサイズで表示します

別府市は10日、仮想アイドル「初音ミク」を起用した誘客イベントを11月15日から実施すると発表した。来年1月15日までの62日間にわたり、無料の映像イベントや市内外での宣伝で初音ミクが活躍する。
 ビーコンプラザ芝生広場を「トランスシティ」とし、初音ミクの歌や映像が楽しめ、グッズ販売などを行う大型ドーム3基を置く。来場者がトランスシティに“住民登録”できるサービスも用意した。
 11月15〜19日は、山の手中学校の壁面を使ってプロジェクションマッピングを行う。市内では初音ミクを描いたラッピングバスが走り、ホテルでの限定グッズ販売も計画している。
 市が展開する誘客プロモーション事業の核となる取り組みで、予算額は7480万円。関連事業全体で25万人の誘客を目指す。浜田博市長は「私自身もわくわくしている。たくさんの笑顔をつくり、街全体を盛り上げたい」と話した。



先のタツノコアニメのコラボといい、別府の方向性がわからない・・・!
(褒め言葉)

観光地別府の新たな可能性に、ひそかに期待しておりますです。


・・・どうせなら別府限定ミクとか出ませんかね?

2013/9/16

城下町ぶらぶら〜臼杵編〜  大分県関係

クリックすると元のサイズで表示します
ふと気が向いたので、大分市や豊後大野市に隣接する、
臼杵市内の八町大路・仁王座エリアを歩いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
戦国時代から大友氏の城下町として栄え、
現在はフンドーキン醤油や富士甚醤油と言った大分のみならず
九州エリアでも広く名の知られたメーカーが本拠を置く、
「醤油の街」としても名高い大分県南エリア髄一の歴史のある街です。

そのため市内中心部には古くからの町並みが各所に残っており
市民・行政が一体となった景観保護も手広く行われています。


続きを読む

2013/8/20

大分の中心でアマゾンの神秘を見た・その1  大分県関係

クリックすると元のサイズで表示します
先日、大分放送開局60周年記念イベント「グレートアマゾン展」を見に行ってきました。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
展示されているのは、主にアマゾン川流域に生息する生き物だったり・・・



続きを読む

2013/6/20

山奥に眠るお宝!?  大分県関係

クリックすると元のサイズで表示します
おおいた萌えおこしプロジェクト公式サイト
「キャラクターと巡る大分県」にて
大野ちとせさんによる「稲積水中鍾乳洞」が紹介されています

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
夏も涼しい洞窟内で、大自然の神秘に触れるのもオツなモノですが…


クリックすると元のサイズで表示します
個人的には同所敷地内にある、こちらの「白山川ホタル資料館・懐かし昭和オモチャ館」をオススメしたいと思います。



続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ