普通救命救急講習  日記

7月14日、高津の消防署救急車で救命救急講習を高橋、前川が受けてきました。
担当の太田さん、お世話になりました。
クリックすると元のサイズで表示します

高橋、前川は全く初めてで、ダイビングに行く度、講習を受けたいといつも思っていました。
今回、二人が所属しているPRICという美容師仲間の会で、講習を企画しました。
聞くと、10人集まれば、平日でも講習可能との事。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/kyuu-adv/life01-1.htm

早速、組合のメンバーにも伝えて、16人の参加者がいました。
太田さんの講義の後、人形を使っていよいよ実践です。
クリックすると元のサイズで表示します

最近では、人工呼吸をためらうようなら、しなくてもいい、という事になっています。ためらっている時間が惜しいので、その時間を使って胸骨圧迫(心臓マッサージ)をした方がよっぽど蘇生率が高まるという事のようです。

圧迫の仕方、AEDの使い方を実践すると、今までと考えが180度変わりました。

今までは、その人の最後に触れた人になったらどうしよう・・・という気持ちがあり、怖くて、ためらうんじゃないかと思っていました。
講習を受けてからは、万が一命が助からなかったとしても、何もしないでいるよりは、できる事をした方がいいと思うようになりました。
いざ、その時が来たら、どこまでできるかはわかりませんが・・・
でも、この修了証に恥じない行動がとれたらいいなと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

9時〜12時で、講習は終わり、次は錦糸町にある防災館消防車へ。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-hjbskan/honjo-sisetu.htm
クリックすると元のサイズで表示します

午前中に受けた以外の体験を全部してきました。
中でも、震度7の地震は怖かった
床に這いつくばっても自分が動きます。
とても火なんか消しには行けません。
私が子供の頃には、《地震といえば、火の始末》と習ったものですが、今は、
地震といえば、《身の安全》だそうです。
以前テレビで、高田万由子さんが、ヘルメットをあちこちに用意していると言っていましたが、本当に、あったらいいと思いました。
クリックすると元のサイズで表示します
本物はとても重い・・・。これを付けて活動していると思うと、ほんと、頭が下がります。

美容室は鏡やガラスだらけ。決して安全な場所とはいえません。(むしろ危険。。。)
避難先は近くの学校と決めていますが、そこに行くまでも危険がいっぱいです。
お願いですから、大きな地震が起きませんように

地震、暴風雨、火事、煙、どれも、体験してとても有意義でした。

締めは月島でもんじゃ焼き。
クリックすると元のサイズで表示します
写真はお好み焼きですが。(もんじゃは写真をとる前にとっとと食べてしまっていました)

今回も、ハードな一日でした(お腹も>へ<

1




AutoPage最新お知らせ