2010/1/12

今回のスーフェスは  フィギア
クリックすると元のサイズで表示します
ピープロ特集。例によって西村祐次さんのコレクションが資料として展示されている。
ホントに何でも持ってるよなあ、西村さんw。福田の世代にとってはピープロと言えば「マグマ大使」なのだが、さすがにマグマ関係のマスクまでは残っていないみたいだったのが残念。

クリックすると元のサイズで表示します
ここで「ピープロ」について詳しく書き出すとそれはもう大変なので書かないが、要するに、円谷プロ、という「大メジャー」の裏で綿々と生き続けた、日本特撮界の影の番長、というのが「ピープロ」のスタンス・・と書いてしまってから、番長、と言うほどスゴみもなかったかも知れない、とも思うw。でもとにかく、1967年の円谷の「ウルトラセブン」でいったん終息を見た「怪獣ブーム」を、「宇宙猿人ゴリ」(のちの「スペクトルマン」)で再燃させた功績はとても大きい。
ちなみに、ピープロの代表、故・うしおそうじ氏(ミュージシャンの鷺巣詩朗氏のお父上)は故・円谷英二氏と戦時中の東宝での同僚(正確には、うしお氏が円谷氏の部下)であり親友。うしお氏は円谷プロダクション設立時には、発起人として名を連ねている。「ウルトラマン」の放送開始のほぼ一週間前、日本初のカラー特撮番組として始まった「マグマ大使」の視聴率を誰よりも心配していたのは他ならぬ円谷英二氏だった、というエピソードは、この二人の関係を端的に語る「ちょっといい話」として、マニアの間では有名。
それにしても、ピープロ作品のキャラのソフビはなんというかいい意味で雑・・・っていうか大雑把な作りで、ハマると結構ヤバいかも。

クリックすると元のサイズで表示します
なんか、すげえオモチャ屋感覚があってワクワクする。

クリックすると元のサイズで表示します
井口監督プロデュースのTVドラマ「古代少女ドグちゃん」のコーナーもあり。
このドラマ、関西エリアでしか見られなかったのだが、とても面白い。
なんでこういう優れた番組がローカルネットで、先日の某ジャニーズの5人組を主演に据えたとてつもなく劣悪なサスペンスドラマが堂々ゴールデンなのか。まあ、ジャニーズ主演だから当たり前っちゃあ当たり前なんだけどw。それにしても、あのドラマのシナリオはほんとーーーーーーに酷かったなー。中学校の文芸部でももうちょっとマトモなドラマを作るだろう。主演の5人がマジで可愛そうだった(福田は彼ら、結構好きなのだよ)。これに比べりゃ今回の「ヤマト」ですら神。シナリオライター、脳ミソを10回くらい丸洗いして天火によーく干すべし。あー話が逸れまくったw。

クリックすると元のサイズで表示します
例によって西村さん所有の国宝級(あくまでヲタ基準)資料にクギ付けになっている、加藤礼次朗、海老原優両画伯。

クリックすると元のサイズで表示します
なんと、高山良策さんのヌイグルミ制作資料!現物!
これが一体なんのヌイグルミのための採寸か分かるひとは重病ですがw

クリックすると元のサイズで表示します
おおおおお、な、なんとっ!!

クリックすると元のサイズで表示します
これは本当に、分かる人にだけ分かればいいので一切説明しないが、福田としては鳥肌モノ。この二枚の資料を見られただけでも、今回スーフェスに来た甲斐があった。

フェス終了後は、いつもの店でいつものメンツで打ち上げ。
去年から、テーブル中央に福田がゲトしたジオラマを置き、そこに各々がゲトした怪獣をあしらって遊ぶという典雅な(・・・)催しが開かれるようになった。

クリックすると元のサイズで表示します
                   お、うまそう

クリックすると元のサイズで表示します
食っていい?           あの人ならいいよ。

クリックすると元のサイズで表示します
オチはありません。

クリックすると元のサイズで表示します
G5の上に引越しました。

クリックすると元のサイズで表示します
食っていい?           あの人ならいいよ。

クリックすると元のサイズで表示します
オチはありません。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ