2012/6/19

おまけ 入院中に思った10の事  
1、
点滴ブラさげる棒(なんか正式な呼び方あるのかな)には改良の余地がすげえある。
そもそも重いし、トイレ持ちんだりすると邪魔でしょうがない。
画期的な新製品を開発したら絶対売れる。
西村映造で作ってみてはどうか。いや、マジでさ。

2、
入院初日。福田にナースコールの説明をした看護師がボタンを押し、ナースステーションからの「どうしましたー?」という問いに「テストでーす!」と返すと、物凄い勢いで2〜3人の看護師がすっとんで来た。一瞬、ナースコールするとこんな大騒ぎになるのか!?やべえ!!と思ったが、「テストでーす!」を「転倒でーす!」と聞き違えたらしい。その場は笑って収まったが、病院での「転倒」ってこんなにヤバい事態なんだなーと実感。その後の病室での福田の歩きっぷりが異常なまでに慎重になった(=すげえ遅い)事は言うまでもなく、それはさぞや福田の病人らしさを醸し出していたであろう。別にどうでもいいが。

3、
この病院では患者担当のナースは10人くらいのチームで動いており、昼勤、夜勤の二人組が毎日交代するので、結局誰が誰やらさぱーり分からないまま退院した(福田、人の顔を覚えるのが大変苦手です)のだがw、大抵がネコ好きで、福田の持っていた「のせ猫」の写真集に激しく反応。何人かとはネコ談義をしたが、家に9匹ネコを飼っているという猛者もいた。病院で病人の世話、家でネコの世話。本当に世話好き、としか言いようがない。こういう人たちのおかげで世界はかろうじて回っているワケだ。感謝m(_ _)m

4、
五朗ちゃんと寺さんからのお見舞いの花に添えられている彼らの名前入りのカードを見て、「すごい!寺脇さんって、あの、土曜日のお昼の番組に出る人ですよね!」と言った看護師がいた。寺さんが「王様のブランチ」の司会辞めてからもうずいぶん経つんだけど(^-^;この看護師さん、さぞ毎日が忙しくて、時間が止まっちゃってるんだろうなあ。ちなみに、五朗ちゃんの名前を見て「ゼナのコマーシャルに出てる人ですよね!」と言った人は皆無

5、
入院時、TABの威力は絶大。ツイッター、メールはもちろん、YOUTUBEを見てればあっという間に時間が経つし、ネットで病気に関する勉強もできる。ただ、まあ変に勉強しすぎるといろいろ要らん心配するようになっちゃって、それはそれでよろしくないんだけど(-0-)。なんにせよ、入院時には是非TABを。あ、もちろんIPadでも可だけど、IPadだと、仰向け状態で片手で持って、もう片方の手で操作するにはちょっと重いような気がするんだよなー。どお?

6、
点滴を液漏れさせて福田の下腕をポパイ状に変形させた夜勤の医師だが、彼が病室に入ってきた瞬間、実はすげえイヤな予感がした。その医師の顔(あと、声も!)、もと某制作プロの社長で、社長のワリにはけっこう激しいドジばかり踏むYという男にめっちゃ似てたのだ。イヤな予感は大抵当たる。マーフィの法則にそんなのなかったっけ。ないかも知れないから作ろう。「こいつ漏らすな、と思ってたやつは、漏らす」。

7、
入院して3日目に移った病室はナースステーションの真横。人の声はそんなに気にならなかったのだが、消灯後、他の病室からの「ピンポーン」というナースコールのチャイムの繰り返しがナースステーションで鳴るのがはっきり聞こえる。初日はちょっとナーバスになりティッシュで耳栓をして寝た。でも次の日、この「ピンポーン・・・ピンポーン・・・」の繰り返しが正確に5拍子だと気付いた瞬間、いきなり音楽に聞こえはじめてミニマルな子守唄のように響き、逆に睡眠導入に役立つようになった。ものごと、要は受け止めかただ、という事かも。

8、
今回の大腸内視鏡検査のとんでもない痛さについてはもう充分書いたが、サンちゃんから内視鏡カメラのメカニズムについて聞いて、改めてそりゃー痛いわ!と思った。
「内視鏡って、さきっちょから空気とか水とか吐き出して腸を膨らませながら進むんですよ。腫れて痛いところに入れられたら、そりゃ痛いですよー!」うー、そうだったのね・・・それにしても、内視鏡担当医って、尻にチューブ突っ込まれた患者がオナラしたりゲロ吐いたりその他いろいろ出してるのを日常的に見てるワケで、職業としてはかなり因果なモノを感じるなー・・・・お疲れさまです。まあ、それはそうと、人間の大腸の中って、実はけっこう白くてウマそうなんだよね。是非一度ご覧あれ(^-^)/

9、
退院の前日、事務のおねえさんに、入院費のおおまかな概算(意味重複w)を出してくださいとお願いしたら、数分後に費用を書いたメモ用紙を渡されたんだけど、そのやりとりの雰囲気が、結構高い飲み屋で「すみません、シメてください!」と言ってレシート渡される時の感じにそっくりで、微妙に笑った。

10、
最後に、入院中見直したものや、こと。
プリン。麦茶。
ホントにウマかった。ともに、弱った体に超滲みた。
そして、横になって寝る、という事。
福田は基本、ゴロゴロするのが本当に苦手で、夜寝る時以外、横になる、という事が殆ど全くなかった。でもこれからは、もうちょっとごろごろし、てゆるゆる過ごす時間を増やそうと思う。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ