2006/1/23

そういや 映画のベスト10  映画
「福弾頭」調べてみたら、去年は1月10日ごろにあれこれ書いてた。全然忘れてた。
特に映画を見なかった年でもないのだが、なんと言うか、最近、見終わった直後こりゃーオモロイじゃねーかっ!!と思った映画でも、とにかくどんどん忘れちゃうので、
ベスト10とか、ある意味どうでもよくなってきてるのである。まさに脳髄ジジイ化。
いつだったか、「チーム・アメリカ」を見た直後に興奮状態で、今年のベスト映画はこれに決まり!とかも書いたが、あの感覚も日々に疎し。
今となっては「チーム・アメリカ」がそんなに面白かった、とはどうしても思えないんだよなw。「バットマンビギンズ」もしかり。困ったもんだ。
まあそれでも、未だに、オモロかった、という記憶が減衰せずに残っている映画はあり、そういう映画をどんどん挙げて行けば、とりあえず「ベストXX」が出来るハズ。
というワケで、書いてみる。

1、奇妙なサーカス   

今思い出してみて、去年、これより面白い、と思った映画は一本もなし。
強いて言えば、「同等に面白かった」のは、このあとあわてて見た「自殺サークル」くらいかも。
と言うわけで、「園子温すげえ」の感想は無事に年を越した。めでたし。
今年の活躍にも期待!

2、トム・ヤム・クン

ハンパじゃないファイトシーンが続きに続きに続き、それでもなお、いくらなんでももうこれで終わりだろという予想を4回くらいひっくり返す、そのシツコさというか粘着力というか持続力、にはただただ感動するしかない。「マッハ!!!!」よりもっとしゃべらなくなってしまったwムエタイ戦士トニー・ジャー、最高。

3、チャッキーの種子 / ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!

見ている間中、とにかく楽しくて、かつ、素直に思い出し笑いの出来る映画。
ところで、いまオンエアされてるCMで、加藤晴彦と一緒に出てくるCGキャラのイヌの名前が「チャッキー」。かわいいキャラなんだが、なーんかムカつくw。

4、宇宙戦争 / キングコング

いろいろ欠点もあるが、なんたって怪獣映画だから。あれだけ金かけて怪獣を見せてくれたら感謝するしかない。しかし、スピルバーグの怪獣オタぶりがほんとーによく出てたなあ「宇宙戦争」。

5、変態村

ファンタで見た直後より今のほうが面白く思える。
どんどん、傑作のような気がしてきたw。錯覚?

6、バタフライエフェクト / 輪廻

ともに、楽しいとんち映画として。

7、チームアメリカ / バットマン・ビギンズ / 妖怪大戦争

いったんすげえホメたしなw。でも、確かにこのくらいは面白かった。

というのが、去年のベスト10・・・・・・じゃなくてベスト12。
ジャッキー・チェンの「香港国際警察」とロメロの「ランド・オブ・ザ・デッド」が次点。
他には、「乱歩地獄」の中の「蟲」がすごく好きだが、単独作じゃないので選外。
DVDで見た中では「パッチギ」が圧倒的にベスト。映画館で見てたら、少なくとも「輪廻」と同等かそれ以上。「カンフーハッスル」も映画館で見るべきだった・・・反省。見てれば相当上位。
DVDで見た洋画では、思いの他「RAY」がよかった。

ワーストはもちろん、世にもデタラメで惨憺たる映画「スィングガールズ」だが、
DVDで見たので選外。
映画館で見た最低映画は「忍び」。次点は「私の頭の中の消しゴム」。
日韓とも、泣かせ映画はもういい加減にして欲しい。


この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ