2006/1/29

井上氏の実家は  
湯河原市で古くから幼稚園を経営。

クリックすると元のサイズで表示します
歴史感じますなー、この看板。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
送迎バス、カワユス!

クリックすると元のサイズで表示します
人数が多いので、いったん、幼稚園の講堂にお邪魔することに。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
玄関を入るといきなりゴジラ出現。
幼稚園のイベント用に井上氏自らが制作したもの(ちなみに井上氏は美大卒w)
だそうで、
「昨日の夜完成したばっかりなんでここに置いてあります」とのこと。
さすがに普段からここにでーんといるワケではないらしいw。
それにしてもあまりにも出来がよく、かつカワいい。
浅田監督も「こりゃーよく出来てるなあ・・!」と感心しまくり。
「腕のつきかたがいいよねえ」

クリックすると元のサイズで表示します
というわけで、「ゴジラクリエーター」二人の2ショット。

クリックすると元のサイズで表示します
その後案内された立派な講堂に一同唖然。
しかも、DVDプレイヤーとプロジェクターが用意されている。
変な映画館よりはるかに立派な環境、突如出現。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
井上氏、林氏の発案により、浅田監督歓迎用の「Gケーキ」が用意される。
轟天号もゴジラもチョコ・・・と言いたいところだが、ただのフィギアw。

クリックすると元のサイズで表示します
「このゴジラ、食べれるの?」Gケーキを見つめる浅田監督。

クリックすると元のサイズで表示します
でもって、また記念撮影さーw。
この後、コーヒーとケーキを肴に、伊福部先生が音楽を担当した1964年の
中国映画を観るという、マニア度1000%のイベントに突入w。
さらにそのあとは、粟津くんという若いクリエーター(実は、JETの井上さんの弟子だったことがあるそうな)がたった一人で作り上げたフルCG怪獣映画「惑星大怪獣ネガドン」を鑑賞。去年のFANTAで福田がスケジュール上ムチャだ、と判断して見るのを泣く泣く諦めた作品だったので、食い入るように観た。
いや、こりゃあすげえセンス。「ネガドン」と戦う巨大ロボットが出てくるのだが、
もうかっちょいいのなんのっす。去年の「鉄人28号」作っちゃった人たちは、全員粟津くんに弟子入りしたほうがいい。

で、その後、地元中華料理屋に席を移して飲み会。
クリックすると元のサイズで表示します
浅田監督からはほんとにいろんな貴重なお話が聞けました。
監督、ありがとうございましたー!

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ