2006/2/17

報告  PSE法
今日(もう、昨日)の夜19時から、JSPAの会長 松武さん、アイデックスの社長 氏家くん、YAMAHA ARTの山崎くん、そして福田の4人で、件の「PSE法」について、TBSの日曜日午後2時の番組「噂の東京マガジン」の取材を受けた。ARTの山崎くんが、マスコミ各所にガンガン投書したところ、TBSが真っ先に反応してきてくれたのだ。
氏家くんの会社「アイデックス」のスタジオに、ビンテージのシンセをずらっとならべ音出し。松武さんはYMOのステージでも使っていたムーグの巨大モジュールシンセを実際に操作しながら、PSE法が、こうした「現役の名器」たちの流通市場を完全に奪おうとしているという事実を熱く語った。残り3名も、それぞれの考えを手短に。全部で30分程度の取材だったが、多分、放送時は2分未満に編集されるだろうなw。でも、伝えたいことは伝えたと思う。放送は今月の26日。

取材後は、「デジタルミュージックマガジン」の編集長も含め、これからの「運動」の展開についてミーティング。
我々はあくまで「アーティスト」として、我々の重要なツールの自由市場を破壊しようとしているPSE法に異を唱えていこう、という事で見解を統一。坂本龍一さんを「発起人」として、まずは音楽家の署名を集め、経済産業省に明確な意思表示を行う、ということを正式に決定した。
最終的には、PSE法内の追加特例措置として、電子楽器、電気楽器、音響機器などを、PSE法適用外の電気用品である、と認可させたい。
このブログを読んでくれているみなさんには、みなさんの「生活者」としての立場からPSE法の問題点の洗い出しをしてもらった後に、自主的な署名運動の展開などによって、経済産業省に対して、明確な「反PSE法の意志」を示してもらえれば幸いです。よろしく〜!


この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ