2005/10/28

これで福田の「東京国際映画祭」は終わった  映画
清水崇の最新作「輪廻」。
どんなネタでくるかと思ってたら「輪廻」。
「輪廻」っていったら、生まれ変わりネタだよなあ・・それでホラーになるのか?
まかり間違って「泣ける」話だったりしたらすげえイヤだなあと思ってたんだが、
まるで心配無用。清水崇、エラい。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ストーリー、情け容赦なし。エンディング、「呪怨」以上に救いなし。
シナリオ、オリジナリティあり、かつリキもあり。で、優香、椎名桔平ら、役者も大健闘。
秀作。そこらのホラー映画を10本見るより、これを見たほうがいい。
ただし、最近のホラーにしては、血糊は少ない(あくまで福田の基準)。
残虐シーンも少ない(あくまで福田の基準)。
したがって、「自殺サークル」みたいな「神経逆撫で感」がないので、
ちょっと物足りない、と言えば物足りなかった。

2005/10/28

世の中は深い  イベント
・・と思った。

クリックすると元のサイズで表示します
和太鼓奏者の御木くん、実はテーブルマジックの名手!

クリックすると元のサイズで表示します
あまりのハイテクに呆然とする観客。マジでプロ級。

クリックすると元のサイズで表示します
それはそうと、ご結婚、おめでとー!

2005/10/28

レイバンだからと言って偽SHではなく  イベント
クリックすると元のサイズで表示します
偽船長役、に挑んだ田中あきはる。
とりあえず、ワロタ。
それにしても色白・・・・

2005/10/28

なにやってたんだよ、と言われてもなあ  イベント
クリックすると元のサイズで表示します
要するに飲んでたんだよ、朝まで。左の人はあまりにも
目つきがなんだったので、事務所的処置。

2005/10/28

婦女子を襲う!  イベント
クリックすると元のサイズで表示します
  襲われてる婦女子のオフビートな表情、よし!

2005/10/28

いとしの  イベント
クリックすると元のサイズで表示します
ヨシザワー、ちょっと逢いたかったぜヨシザワー
ずっとパンクなまんまで俺は嬉しいぜー♪

クリックすると元のサイズで表示します
きみは首だけー きみは首だけー 首だけなのーさー♪

2005/10/24

これは映画祭とは関係なく見てみた  映画
クリックすると元のサイズで表示します
予告編を見る限り、人工知能搭載のステルスが発狂して大暴れ、
それを阻止すべく海軍のトップガンたちが戦う、というハナシだと思って見に行った。
要するに、こりゃモンスター映画の範疇だと思ったワケ。
そしたら、内容はちょっと違った・・というか、だいぶ。
確かにステルスの「エディ」くん、落雷を受けて「発狂」はする。
で、主人公(海軍のエースパイロット)の制止を聞かず、
核兵器を装備しているテロリストの基地(中央アジアの山の上)を攻撃してしまう。
巻き起こる大爆発。テロリスト壊滅。
でも放射能の爆風がふもと村(中央アジアのどこか)を襲う。
見るからに犠牲者数千人。こりゃあヒドい!この怪物野郎!さあ、みんなで撃墜だ!
という展開になるかと思いきや。
話のスジはどんどん逸れて、エディくん、
ロシアの戦闘機と交戦して北朝鮮領土内に不時着した主人公の仲間を助けるために、
主人公の友達になっちまいやがるのである。がーん。
まあ、さっきの「失敗」は置いとこうよ。しょうがないよ、確かにたくさん死んじゃったけど、死んだの回教徒っぽいアジア人だし、いいんじゃん?それより、俺ら、仲間助けるために結束することのほうが大事じゃん?という「キャプテンアメリカ」を地で行くお話なのであった。
さらに、北朝鮮領土内に不時着したパイロット(福田の大好きなジェシカ・ビール)、北朝鮮軍の兵士と勇敢に交戦、バンバン撃ち殺す。おめえ、勝手に不時着してきてそりゃねーだろう、という展開。でもしょうがないんだよ、ネイビーのエースパイロットが「テロ国家」の兵士ごときに殺られるワケにはいかないからね!
というわけで、孤軍奮闘大殺戮する仲間を助けに行く「エディ」に載った主人公。
で、エディのミサイル一発で北朝鮮軍一個師団くらいが一気に壊滅。
ここまで来るともう脱力。そりゃ、アメリカ人は大喝采だろうけど。

とまあ、お話は最低(っていうか、要するにアメリカってやっぱバカ、というだけのこと)なのだが、ジェット戦闘機のドッグファイトシーンはものすごーーーくいい出来。
デジタルドメイン社のCGは、スピード感、物量感、ともに圧巻。驚異的だった。
いっそストーリーなんかない「アトラクション映画」だったら素直に感動できたかも。

2005/10/24

                東京国際映画祭  映画
            クリックすると元のサイズで表示します
                まずはこれを見に行った。
「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」。大人気シリーズ初の長編作品だ。
単に「ウォレスとグルミット」ファン、として見に行ったのだが、なんと原題が「THE CURSE OF THE WERE-RABIT」=「ウサギ男の呪い」(邦題「野菜畑で大ピンチ!」からは想像もつかない)。
見事に「狼男」モノのパロディ映画だった。
2000年の「チキンラン」でハリウッド進出は果たしたものの、制作システムの問題などから肝心の手作り感がまるで感じられない作品になり、全然いいところの出せなかったニック・パーク監督だが、今回は最高。「ウォレスとグルミット」シリーズの一作目にして最高傑作短編「チーズホリディ」に通じるアナログ感、オフビート感をきちんと残した上で、盛り上げるところは思いっきり盛り上げる、というハナレ技に成功。
俺としては文句のつけようのない傑作で、上映時間中、久々に我を忘れて楽しんだ。
「コープスブライド」、完全に消し飛び。天才とはいえ基本的に「実写映画」の監督であるティム・バートンと、ストップモーションアニメ界のスペシャリストであるニック・パークを比較するのはちょっと酷かもしれないが、「アニメーション作品」としての完成度が「コープスブライド」とは段違い。
世界観、美術、演出、すべての面で相手にならない。なおかつ、これが一番重要だが、作品に対する愛情がケタ違いだと福田は思った。ティム・バートン、なによりそこを猛反省すべし、だな。
それにしてもグルミット、カワユス!完全猫派の福田だが、こういう犬なら是非とも飼って・・というか、一緒に暮らしてみたい。
ちなみに劇場公開は来年の三月。小規模な公開らしいが、もっと大々的にやればいいのに。

2005/10/23

死骸嫁  
クリックすると元のサイズで表示します
この映画と「チャーリーとチョコレート工場」、並行して作られてたらしいけど、
ムチャするよなあ。こと音楽に関しては、特にムチャ。
俺はダニー・エルフマン、大好きだし、
「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のスコアは
映画史上に残る傑作だと思ってるが、
この「コープスブライド」のスコアははっきり言って全然ダメ。
まるで気合が入ってない。ショボいし、なにより、つまらん。
天才ダニー・エルフマンのスコアで、俺が知る限り、初めてと言っていい愚作。
エルフマンも人の子なんだなあ。まあ、ちょっとほっとしたかもw。
というわけで、なによりこの映画、音楽がよくない。まずは一番に書いておく。

で、映画トータルの話。
シナリオはなかなかよかった。ラストもキレいにまとまってるし。ちょっと涙出る。
主人公たち3人のキャラ造形もよし。絶対キモい、と思ってたコープスブライドが、
動いてるとちゃんとカワイイのには感心した。
でも、残念ながら、積極的にほめられるのはそのくらい。
ストップモーションアニメ、としては、「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」の足元にも及ばない。
「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」の監督、
ヘンリー・セレックのセンスがよすぎたのかもしれないが、
とにかく「コープスブライド」、画面構成が平面的で全然奥行きがない。
色彩設計も平板。「あの世」の描写が特にダメ。
「この世」との空気感の差がまるで表現できていない。
いろんな「あの世」の住人たちのデザインも平凡で面白くなかった。
で、なにより俺ががっかりした、というか、失笑したのは、
キャラクターたちがピアノを弾くシーン。
見れば分かるのだが、この映画では、ピアノ演奏シーンがとても重要な役割を担ってる。
なので、アニメ的にはめちゃ気合を入れて、タイミングのシンクロは完璧にとってある。
これはほんと、完璧。ご苦労さま!
ところが残念なことに、弾いている鍵盤と出てくる音程が80%以上違う。
これはちょっとピアノが弾ける人で、普通の耳の持ち主なら誰でも分かる。
ばっちり合っていたのは、一箇所のみ、ヴィクターとコープスブライドの連弾シーンのあたりだけ。あとは相当テキトー。
特に、主人公のヴィクターがビクトリアの家のグランドピアノをはじめて弾くシーン。
ここはシナリオ的に極めて大切なので、
鍵盤を弾いていくヴィクターの指をアップで見せるのだが、
指はディミニッシュ弾いてるのに、なんと出音がCメジャー。激しく脱力。
俺が監督だったら絶対NG。
ティム・バートン、気がついてないのか、気がついててOK出したのか、
それは分からないけど、ここは絶対あわせるべきだろう。
こういう「詰め」の甘さが全体に漂ってるんだよなあ、この映画。
もちろん、決してひどい出来の映画ではないし、
例えば繰り返し見ていると愛着が沸いてくるようなタイプの
キュートな小品ではあるのだが、
「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のレベルを期待すると
完全に腰砕けるのは間違いないんでないかい。北海道弁。

2005/10/22

             激辛パラペーニョ添えノリ塩味ポテチ  映画
              クリックすると元のサイズで表示します
メキシコ出身のオタク横綱ロバート・ロドリゲス(大関は「ミミック」「ブレイド2」「ヘルボーイ」のギレルモ・デル・トロw)が、やりたい放題やって、
オタ仲間のタランティーノもちょっと監督を手伝ってるこの映画。
一言で言えば、「架空の街SIN CITYで繰り広げられるハードアクション」。
暴力描写はなかなかエグく、流血量も相当。
映画全編がモノクロ加工、血は白かったり黄色かったりするんであんまり目立たないが、
多分「KILLBILL」並みか、それ以上。
手足チョンパ、頭蓋骨チョンパシーンも続出。
でも、脳ミソやら内蔵ぶちまけ系描写はないのでワリと平和な雰囲気。
初心者に優しいスプラッタ。かな。
要するに、ロドリゲス監督は
「スタイリッシュなバイオレンス」「オシャレ系のスプラッタ」
を目指したものと思はれます、石井輝男監督!
「なーにがスタイリッシュだ!エロが足らん、エロが!タランテーノ!なにロドリゲス?どっちでもええわい!!ジェシカ・アルバ、脱がさんかーい!」
石井輝男、冥界で怒る(多分)。
全体的には、「パルプフィクション」のようなシナリオギミックなしの、
単純な3話構成のオムニバスで、ひねりも重みも足りず。
福田が一番キラいなハリウッド男優ミッキー・ロークがあまりにもカッチブーなのには素直にビックリしたし、
イライジャ・ウッドの超凶悪殺人鬼ぶりもイケてたけど、
トータル的に、激辛調理したはずなのになんかあっさりノリ塩味、みたいな。
まあ、決してつまらなくはないんですが。薄っぺら。3日後には見たの忘れるかも。
ちなみに、800円もするパンフには、
杉作J太郎さん率いる「男の墓場プロダクション」の座談会が見開き2Pにわたって掲載されていて、
杉作監督の映画「怪奇!幽霊スナック殴りこみ」に出演した島口リーダー、
ちょっとビミョーな笑顔でバッチリ写ってますw。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ