2005/12/13

まとめ (っていうのもなんだがw)  ライブ
暦の上ではあっという間に夏が過ぎたのに、いつまでも暑いなあ、と思ってたら、
いきなり真冬。ここんところ、季節もすっかりデジタルだ。
そういう感覚と関係あるのか、ないのか、
ON THE ROAD 2005、始めたと思ったら終わってた、というのが一番の感想。
しかも、基本的に「土日公演」だったので、「ツアーしてる」という、
ある意味「まったりした持続感」は殆どなかった。
4ヶ月間、弛緩と緊張が、定期的に繰り返された、という感じ。
よくも悪くも、「職業的に」こなしたイメージは強い。
でも、気持ちは、すごく楽だった。いいバンドだったし、すげえ楽しくやれた。
もうちょっと長くやりたかったなあ、というのが正直なところ。

それにしても、広島でノドがトラブった以降のSH隊長、吹っ切れたみたいでスゴくなった。
最終日、公演後の楽屋での隊長の談話。
「やっぱり、俺ら、続けてやってないとダメだよなあ。
最初、長野終わりあたりでは、このツアー、最後まで出来るのかと思ったんだけど。単に、ナマってたんだなあ。今じゃ、ぜんぜん 平気だもん」
「じゃあ、あと10曲いきましょうか」と俺。
「そりゃムリ」(笑)


最終日のMCで、あえて参拝問題やイラク問題に触れた隊長。
福田は背後で拍手した。ホントはもっと騒ぎたかったんだがw。
ああいうことを言わない「ロケンローラー」を、俺は信用しない。
SH隊長、隊長があのスタンスである限り、
俺はずっとライブの切り込み隊長やらせてもらいますんで。
ご迷惑でしょうがw、今後もよろしく!


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ