2006/2/28

かにゴールキーパー  映画
・・っていう映画を撮るんだよねー、と言われて、
へえ、そうなんだ!と素直に納得できる人間はなかなかいないと思う。
実際、怪作「コアラ課長」の試写を観た後に河崎実監督にそう言われた時ですら、福田は、さすがにそりゃあねえだろう、と思った。
「いかレスラー」「兜王ビートル」「コアラ課長」「ヅラ刑事」は、こう、なんというか、納得がいく(・・・)。それぞれ、作品が成立するモチベーションがはっきりしてるし。
でも、「かにゴールキーパー」はさあ・・大体、海の生物(川の生物かも知れないけど)ネタっていう時点で、すでに「いか」とかぶってるじゃん!
ないよ。「かにゴールキーパー」はない。酔った席での冗談だよ。ずっとそう考えていた。
だが甘かった。「かにゴールキーパー」は実在したのである!どんどん撮影してたのである!
というわけで、今日は、都内某陸上競技場で、観客エキストラも混じえたロケ。

クリックすると元のサイズで表示します
すんげえ寒い!風も強くて、体感温度は多分2〜3℃。

クリックすると元のサイズで表示します
シナリオの右田さん。お疲れさまです!

クリックすると元のサイズで表示します
猛スピードで撮影準備中のスタッフ。河崎映画はスピードだ!

クリックすると元のサイズで表示します
我々は観客席で怒鳴ったり落ち込んだり笑ったりするエキストラ。
演技してる最中はいいんだが、待ち状態がとにかくめっちゃ寒!


さて、今日特別出演されていた及川奈央さんのHPに
「かに」のビジュアルが出てたので、ここでも公開するであります!

クリックすると元のサイズで表示します
かに、いろいろ装着中。

クリックすると元のサイズで表示します
はさみもね。

クリックすると元のサイズで表示します
できあがり。

クリックすると元のサイズで表示します
げげーーーん!こいつが「かにゴールキーパー」だ!

実に見事な、かにっぷり。
このビジュアルだけでもなんとなく伝わると思うが、サッカー競技場をでかいカニがてこてこ(横向きに)走ったりする画は、想像していたよりはるかに気が狂っていた。
例えば、プロレスのリング、という「ケレンの極地」には、ある意味、巨大イカが出現してもそんなにおかしくない(って、まあ、おかしいんだけどね、ホントは)。
しかし、サッカー競技場という「健全」を絵に描いたような場所に、怪獣オタク中年の妄想でしかない巨大ガニが出現してサッカーをする、というのは本当にイカれている。かに、なのに、イカれているのである。ええ、シャレです。
というわけで、これはひょっとしたら、すごい傑作になるかも!?・・・かどうかは分からないが、とりあえず、作品の公開を待て!

2006/2/28

DAY1_vol.2  ゆうばりファンタ
ホテルから市民会館へ向かう道は、こんな名前。

クリックすると元のサイズで表示します
なんでかと言うと、

クリックすると元のサイズで表示します
そこらじゅう、映画の看板だらけだから。
これは別に映画祭の期間だから、という事では全くなくて、
「映画の町 ゆうばり」の「常設展示」なのであります。

クリックすると元のサイズで表示します
もちろん、やっぱり、自分の好きな映画の看板を飾ってあるんだろうな。
だとすると、スケールのでっかい映画が好きな雑貨屋さんである。

クリックすると元のサイズで表示します
この電気屋さんも、映画はやっぱり大スペクタクル、な人に違いない。
でも、この「クレオパトラ」って、制作費をかけたワリに全然当たらず、
おかげでMGMは思いっきり傾いちゃった、っていう映画で、
お店の看板の上に掲げておくには、イマイチ、縁起悪いと思うんだけどなあ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
なんで「2」??「2」が好きなの?まさか、テッド・ポストマニア??

クリックすると元のサイズで表示します
ソーセージ、と「黄金銃」・・・実に、男らしい精肉店さんだと思う。
右のほうに描いてあるおねーちゃんが実にエロかった。

クリックすると元のサイズで表示します
打って変わって、清純派。ま、雪って清純な感じだし。

クリックすると元のサイズで表示します
ここにもオードリー。唯一、夕張に「出演作が2作以上飾ってある」
女優ですた。さすがに人気高し。

クリックすると元のサイズで表示します
「シェーン」と夕張は、空気感が合ってるなー。

クリックすると元のサイズで表示します
メキシコと雪景色。シュール。っていうか氷河期?

クリックすると元のサイズで表示します
南太平洋、積雪2メートル。ブルース・ウィリス、びっくり。

クリックすると元のサイズで表示します
アラン・ドロン、風邪ひくって。

クリックすると元のサイズで表示します
プレスリーも短パンはやめようよ。

クリックすると元のサイズで表示します
唯一のSF映画の看板。「続」のほうじゃなくてよかったw。
ちなみにこのお店は玩具屋さん。

ところで、このバカデミアに集うみなさん。
今ここで登場した映画を「全部見た」、あるいは「一本を除いて全部見た」、
という程度の「教養」は常識として身につけるよう努力しましょう。
怪獣の名前を覚えるより、そっちのほうがちょっとだけ大事かもw。

2006/2/28

DAY 1__vol.1  ゆうばりファンタ
夕張、やっぱちょっと遠い。
クリックすると元のサイズで表示します
めんどうだが、飛行機乗る。ちゃんと飛べよなー、JAL。

クリックすると元のサイズで表示します
飛んだ。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
千歳空港に着いたらバスに乗る。夕張までは1,400円。

クリックすると元のサイズで表示します
おお、北海道。

クリックすると元のサイズで表示します
で、一時間ちょっと乗ると・・・

クリックすると元のサイズで表示します
夕張に到着。市内局番、ヒトケタだ。

クリックすると元のサイズで表示します
はっきり言おう。想像以上に、なんにもない!
しかも、あたりまえだが、雪だらけ!

クリックすると元のサイズで表示します
でも、ちゃんとこういうクツを買ってきたから大丈夫・・なハズ。

クリックすると元のサイズで表示します
とりあえず、ホテル到着。

クリックすると元のサイズで表示します
映画祭で「シャレード」公開中?・・・なワケではなく。
これはあくまでディスプレイ。

クリックすると元のサイズで表示します
でも、このホテルも映画祭の「劇場」のひとつで、
メインのコンペティション部門の作品はここで見られる。
「招待作品」などの上映は「夕張市民会館」。
とりあえず、歩いてどの程度の距離か確かめてみる。

2006/2/27

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で  ゆうばりファンタ
映画漬け。温泉にも入らずw。

クリックすると元のサイズで表示します

映画祭期間中に観た映画は以下のとおり。

2/23

ナルニア国物語

2/24

肉弾
陶器人形
イド
ナイスの森
LOVEDEATH

2/25

DOOM
ドラゴンブレード
イーオン・フラックス
三差路ムスタング少年の最期
エミリー・ローズ
DANCE OF THE DEAD
INPRINT(ぼっけえ きょうてえ)

2/26
陽気なギャングが世界をまわす
こぎつねヘレン
プロデューサーズ

2/27
血の涙


以上、16本。細かい話はまた追って。
もちろん、素晴らしい映画もくだらねえ映画もあったが、
とりあえず、雪に閉ざされた小さな町でひたすら映画を見続けるというのは、
実に気持ちよかった。

2006/2/20

どこまでやる気だ 佃煮展示!?  フィギア
そんな事、知るか。
というわけで、またまたゲト。

クリックすると元のサイズで表示します
パイロットエースの限定 雛形キンゴジ(赤バージョン)、
雛形モスゴジ、雛形キンゴジ。とにかく塗りがキレい。
各、6,300円。

クリックすると元のサイズで表示します
あおってみてもやっぱりカワユス。「確信犯パチモン」マミトラー。
去年行けなかった「第二回パチモンサミット」の会場で限定発売されて以来、
ずっと探していたのだが、見つけるたび、案外法外な値段だったので買わずにいた。
今回は奇跡的に定価の6、000円でゲト。

クリックすると元のサイズで表示します
右、サンガッツのトラウマガメラ。トラウマガメラはフィギア化しても
単にコワいだけのフィギアになってしまう傾向があったんだが、
これは、非常にうまくサンガッツのテイストを混ぜた、いい「おとしこみ」の作品。
5、000円。

クリックすると元のサイズで表示します
          スゴんでみる。

クリックすると元のサイズで表示します
コワくなさすぎかも、俺ら。       ・・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
そしていよいよ。清水くんの「コウモリグモ」が完成!
こんなふうにパッケージングしてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
正面。前足二本は着脱可能。

クリックすると元のサイズで表示します
先端のハサミも着脱できます。細かい!

クリックすると元のサイズで表示します
ちょいアップ。

クリックすると元のサイズで表示します
左斜め前から。

クリックすると元のサイズで表示します
斜め後ろから。

クリックすると元のサイズで表示します
上から。

クリックすると元のサイズで表示します
すげえよ、あんた、すげえよ!!   きみに言われてもなー

・・・で、この二つ↓
クリックすると元のサイズで表示します
飲み会で、安斉レオさんにいただきました。
キューティハニーと、堀内正美さんヘッド。
ちなみに安斉さんは「実相寺昭雄ヘッド」をプロデュースしたのでも有名。

2006/2/20

福田 こんどこそ ワンフェスで危機一髪   イベント
ほんとだってば。

今回のワンフェスでは、ガメラ40周年イベントがあり、いろんな催しがあった。
トークショーはもちろん、作品を出品しているクリエーターが思い思いのガメラ関連のフィギアを作ってエントリーするコンテストもあり。
これなんかもその一つ↓
クリックすると元のサイズで表示します
このバルゴンはすごかった。とにかくデカいし、なにより「ホンモノ感」充満。

クリックすると元のサイズで表示します
尻尾萌え〜

クリックすると元のサイズで表示します
ガメラの身になって考えると、こんなキモい舌が伸びてきて、かつ
そのさきっぽから冷凍光線(光線・・なのかなあれ)発射されてたわけで、
よく戦ったよお前、という気持ちにならざるを得ない。
そんな追体験をさせるこのバルゴンは、ほんとにすごい。

クリックすると元のサイズで表示します
ガメラ、飛んでます(非売品)。
それにしても、こんなにみっちり人間が乗ってるエスカレーターの絵って
あんまり見ない。丈夫な乗り物だね、エスカレーター。

クリックすると元のサイズで表示します
飛行ガメラなめの地上。にぎわってます。
ここから見える人、ほぼ全部、なんらかのオタです。
オタにとっては天国、オタ嫌いには間違いなく地獄の景観。

クリックすると元のサイズで表示します
なんにせよ、ガメラ飛んでます。なぜかな、ちょっと空しいぞ、ガメラ。

クリックすると元のサイズで表示します
ガメラ40周年記念の特別展示。この、上のほうにいるソルジャーレギオン、
いちおう、伏線だから。

クリックすると元のサイズで表示します
歴代平成ガメラの展示。やっぱG1のガメラってカワユス。

クリックすると元のサイズで表示します
あ、ジーダスだ、ジーダス!・・・ただのエリマキトカゲ。やっぱいまいち。

クリックすると元のサイズで表示します
別のジーダス。これが多分、原型だな・・とか考えてると、
始まったイベント「ガメラ・チャリティオークション」。

クリックすると元のサイズで表示します
左から、G2の撮影に使ったソルジャーレギオン(手を後ろからつっこんで
操作できるギニョールタイプ)。さっき展示されてたヤツね。
そのとなりがG3の撮影に使ったハイパーギャオス。翼長1メートルくらいある。
で、一番右が、これまた撮影に使った(どの作品か忘れた)ガメラの甲羅。
さらに右、壁にかかってるのが、劇場の宣伝用のタペストリー。でかい。
まあ、全部、超レアものであることには間違いなし。

クリックすると元のサイズで表示します
まずはタペストリー(全部で5枚)が、1000円からスタートして、最終的に18000円で落札。福田はこの時点では冷静。デザイン的に、全然欲しいと思わなかった。
次、ハイパーギャオス。ちょっと欲しいな、とは思ったけど、様子を見ることにした。
すると、これは5000円から始まって、あっという間に10万円を突破。まあ、
当たり前といえば当たり前だけど。最終的に、13万円をつけた二人がジャンケンして勝った人がゲト。あれが、13万か。よっしゃ、次参加!と決めた。
で、ソルジャーレギオンのオークションがスタート。ギャオスの落札価格13万円から始まって、値段は1万円単位でどんどんあがる。
福田は20万までは出す、と決めて手を挙げ続けたが・・・結果は22万円まで行っておしまい。多分、どっかの業者が落札した。
ちょっと悔しかったが、よく考えると、もし福田が落札してたら、今日の他の買い物全部とあわせて、一日で30万円近くを「怪獣」に使ってしまうところだったワケで、どっちかというと、オークションで負けたのは危機回避だった、と考えるべきだろうw。
でもまあ、あそこで押し切らなかったあたり、やっぱ俺はバカになりきれんのだなあ、という微妙な反省(・・・・)は残った。

このあと、清水くんのBムービーモンスターシリーズを「映画秘宝」に載せるべく、石橋くんが来場。キットの写真を撮ったりしてもらった。

そして最後は、定例(じゃないんだがw)の打ち上げ。
実相寺監督は、「エッセイの書きがある」という事で残念ながら欠席だったが、
河崎実@コアラ課長ヒットでご機嫌よ監督を筆頭にスーパーオタ軍団で飲み会。
最後に、全員で何らかの必殺技のポーズを決めて写真を撮ろう、というくだらない企画にみんな乗る。

クリックすると元のサイズで表示します
左から、マンガ家 ほりのぶゆき氏、同じくマンガ家 海老原優氏、
造形作家 上野信之氏、右手を上げてるのが脚本家の右田昌万(まさかず)氏、
その前が造形作家 安斉レオ氏、その右が河崎実監督、その右がライターの天野ミツヒロ氏。ちなみに、だれがなんのワザをやってるのかは、深すぎて全然わからない。

2006/2/20

福田 ワンフェスで 危機一髪!  イベント
なにが危機一髪だったのかはこのあと分かります。
って、引きつくってどうすんだか。

11時過ぎにゆるりとワンフェスに移動。
すでにこの時間になると、限定萌え系を狙っていたコアファンはすでに買い物を
終えていて、会場にはちょっとまったりした空気が流れ始めている。
それでも、ケータイで友達と連絡をとりつつ「何、そっちはゲットできてない?ダメじゃん!あ、ちょっと待ってろよ!それどころじゃない!」とか叫びながらフィギアの写真を取りまくる熱血漢もそこここに。
福田は「怪獣展覧会」を眺めるつもりで、ワンフェスガレキの森をさまよう。

クリックすると元のサイズで表示します
相変わらずレベル高し。いっそ哲学的なサンダとガイラ。

クリックすると元のサイズで表示します
ガッパ、お見事。完成品なら即買いだが。

クリックすると元のサイズで表示します
これ、前回も出てたなあ。すげえ。ワンフェスのガレキは、
ホンモノを凌駕してるところがある。

クリックすると元のサイズで表示します
こういう「ありえない対決」にも、ものすごい説得力あり。

クリックすると元のサイズで表示します
べムスター、カワユス。

クリックすると元のサイズで表示します
こういうプリプリしたフィギアも、基本的に無彩色バージョンの「キット販売」。
ちゃんと「塗り」が出来ないと買えませんのであります!

クリックすると元のサイズで表示します
プリ。

クリックすると元のサイズで表示します
完成品売ってくれよー。

クリックすると元のサイズで表示します
いい出来!

クリックすると元のサイズで表示します
さてこれ、何ゴジか分かりますか。



2006/2/20

トイフェス、ワンフェス同時開催  イベント
まったく、なんてこった!と思ったが、実は去年もそうで。
単に去年は福田、ワンフェスの存在を知らずに、トイフェスに行ったのだった。
で、国際展示場について、ワケのわからん大行列に出くわして愕然とした。
今考えてみれば、それは2月の寒さをモノともせずワンフェスに賭けた、熱いオタ行列だったわけだ。
一年前はずいぶん無知だった、というか、それでよかったのに、というか・・・・
思えば、なんと言うか、遠くに来てしまったw・・・しみじみ・・・・

というわけで、今回は、マーミットのトイフェス限定モノが欲しかったので、まず先にトイフェスへ。7時半に会場に着いた時点で、トイフェスの列は60人程度、まあ、ワンフェスの100分の一くらい。しかも、トイフェスは東展示場で開催されるので、並ぶのは屋内。のんびり待機できる。でも、ワンフェスがあるのにわざわざこっちに並んでいる人間は、間違いなくほぼ全員が福田の買いたいマーミットものが欲しくて並んでいるハズで、実際、いざ開場になると、福田より先に並んでいた60人のほぼ三分の二はマーミットのブースへ猛ダッシュ。あなどれない雰囲気ではあった。
でもまあ、無事この子らゲト↓

クリックすると元のサイズで表示します
メガロゴジ、と、メガロの新カラーバージョン。
昭和ゴジラシリーズの中でも、最低映画としての誉れ高い「ゴジラ対メガロ」だが、
そういうこととフィギアの人気は案外別だったりするのである。

でそのあと、一応トイフェス開場をぐるっと一周、微妙な買い物をいくつか。
例えば、これ↓
クリックすると元のサイズで表示します
「ケロロ軍曹」のフィギア、3キャラで1000円。安かろ?
福田、「ケロロ軍曹」は去年の年末まで殆ど知らなかった。フジの「電車男」で、電車くんがケロログッズをいろいろ持ってたなあ、という程度の印象。だから、OMRチームの忘年会での「プレゼント交換」(いい年こいてそんな事をやってるのである・・・)で、井上さん夫妻から「ケロロ軍曹」のプラモを貰った時も、思わず悲しい顔をしてしまった。どのくらい悲しい顔だったかというと、井上さんが「福田さん・・・これもつけますよ」と言って、仮面ライダーのフィギアをくれたくらいだから、相当だったのだと思う。ごめんなさい。でもその後、DVDを見たりして、これがオタにとって非常に楽しいアニメであることが分かり、今では、気を許すとエンディングテーマを口ずさんでいたりするくらいファンになってしまったのだ(もちろんそのことは井上さんに報告した。喜んでくれました)。
まあ、普通は見ていない、と思うのでちょっと解説すると、基本的に「オタにはたまらない系」の特撮、アニメパロディ満載のギャグアニメである。「ガンダム」ネタのギャグは福田には分からないんだが、その他、ウルトラ系もエヴァ系もドラエモン系も東映特撮系もあり。相当ディープで、こんなもん普通わかんねーよ、というギャグがオタ心をくすぐる。表面的には非常に健全なホームドラマSF、なので、そこにこういうオタギャグをうまくハメるのに成功して、商売としても成功しているのは立派だと思う。
で、少なくともOMRファンにはツボに入ることがひとつある。この写真一番左のキャラ、「ギロロ伍長」の声は、ラテューグ役の中田譲治さんなのである。それだけでも、一度は見て損はないと思うよ。ちなみに福田は、一番右の、「タママ二等兵」が好き。カワユス。

まあ、ケロロの件はこの程度にして。
あとトイフェスではまたもやこいつをゲト↓
     クリックすると元のサイズで表示します
要するに、塗りが違うだけなんだけどw。なんか買っちまうんであります。
完全に「えむぱい屋」の策略にハマっているであります。
ちなみにこいつは、中にLEDが仕込んであって、叩くと光ります。
だからなんだ、と言われると、ほんとうに返す言葉もありません。

それから、こんなのも買いました↓
クリックすると元のサイズで表示します
ゴジラのスカジャン。12,800円。
右胸のオキシジェンデストロイヤーがステキ(だろ?)
背中の刺繍もカコよしなんですが、写真撮り忘れたんでそのうち見せます。
試着して、鏡見るかわりに撮って貰った写真なんで、
ユルーい顔とすそからはみ出してるシャツは気にしないようにw。
ちなみに、右のほうで笑ってる女子2名は別に俺を見て笑ってるわけではない
・・・と思う・・・・

2006/2/20

ご報告  PSE法
松武さんから連絡があり、現在、一時間平均で350以上の署名が集まってきており、
なおも勢いは止まらない模様、総数はすでに1万を超えました、とのことです。
みなさんのご協力に感謝します!

2006/2/18

経済産業省 消費経済部長 の  PSE法
谷みどりさんというかた のブログ

http://blogs.dion.ne.jp/tanimidori/

コメントしといたけど。いやはや、なんとも。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ