2006/2/10

昨日の夜中は  音楽
伊福部先生が東宝ゴジラシリーズに「音楽監督」として関わられた最後の作品「ゴジラVSメカゴジラ」を見ながら酒を飲んでいた。
制作は1993年。映像的には「21世紀的」なニュアンスが少し垣間見えはじめ、でも、音楽は、もう見事に「伊福部昭」全開、昭和特撮感覚満載、という作品。映像が表現しようとしているある種のシャープさ、クールさと、伊福部先生の土俗的音楽感覚が明らかにズレている部分も多く、逆に伊福部音楽が喚起する「昭和の東宝特撮」の問答無用のスケール感に、映像がまるで拮抗できていない部分も多い。そういう意味では、はっきり言って破綻した作品であり、1993年の映画館で感じた違和感は、それから12年以上経ってみても、やはりそのままだった。
結局、「ゴジラ」の登場する怪獣映画、というものは、やはり1960年代に「すでに終わっていた」と解釈すべきなのかもしれない。伊福部先生の土俗的パワーに満ちた音楽を得て、放射能大怪獣という単なる「空想科学的生物」から、「荒ぶる破壊神」へと昇華したゴジラ。彼が踏み潰し、叩き壊し、焼き尽くせる街は、つまり、神の怒りを受容するだけの余裕、または「スキ」のある街は、多分、その頃にしか存在しないような気がするから。

まあ、それはそうと、なぜ伊福部先生は「ゴジラ」の音楽を担当することになったのか。
以下、哀悼の意をこめて、あえて、福田のインタビューを抜粋する。

>>>

福田:::先生はどうして特撮映画の音楽を作ることになられたんですか?

伊福部:::始めて手がけた「銀嶺の果て」(’47年)という映画に、フルオーケストラの曲をつけたんです。その頃、大編成で映画音楽を書く人はあまりいなかったので、怪獣みたいに大きいものが出るんだから大きい編成で書く人がいいだろう、という事なんだか(笑)、どうして決まったか、よく知りませんが。

福田:::最初は「ゴジラ」でしたね。

伊福部:::これに関しては、非常にツイていた、というか。
「ゴジラ」の前に、京都の東映で仕事をしていたんですが、ある晩、飲み屋で女優さんと飲んでいたら、男の人が入ってきたんです。その男の人は、どうも仕事があんまりなくて、お金も持っていなかったんでしょう、なんだまたタダ飲みかい、まあ入れよ、なんてみんなに言われていて。
それからも東映のそばの飲み屋に入ると、ちょくちょくその男の人がやってきて、今度の映画はカメラが悪いだの、あの俳優はヒドいだの、悪口ばっかり言っていて、面白いからよく一緒に飲むようになったんです。お互い、名前も良く知らないまま。
で、いよいよ東宝で「ゴジラ」を作る、というんで記者会見をやった時に、特撮監督は円谷英二、音楽は伊福部昭、ってひとりひとり紹介されていったら、あれ、京都で飲んでバカな悪口ばっかり言ってたのはお前か、と(笑)。
そんなわけで、円谷さんに、「ちょっとゴジラの模型を見せてよ」って頼んだんです。円谷さん、それまで誰にも見せてないんですよ、監督にもですよ。監督に見せると何やかやと文句言うからって(笑)。だけどそこを頼みこみましたよ。「分からないと音が書けないんだから」・大きいのが出るんだから、デタラメ書けばいいよ・「デタラメの書きようがないんだから見せてよ」そしたらとうとう、”伊福部さんならしょうがないなあ、もう悪いところみんな見られてるからなあ”って(笑)。
それで円谷さんの部屋へ行きましてね。こんな小さいものが凄く大きく映るんだ、とかいろいろ教えてもらいました。おかげで、ストーリーは別として、だいたい怪物のイメージをつかむことが出来たんです。

<<<<

この短い抜粋を読むだけでも、先生の、なんとも軽妙な話しぶりが伺えると思う。
実際、非常に「洒脱」なかたで、福田、一度、ワイングラスの持ち方を注意されたこともw。若い頃は、さぞ、モテただろうなあ。

ちなみに、このインタビュー記事の企画、構成者であり、当日先生のお宅に一緒にお邪魔したリットーミュージックの編集者、金井喜久乃さんは、この数年後、交通事故で急逝。多分、まだ20代だったのではないか。その後、先生の奥様である愛子さんは2000年にお亡くなりになり、そしてとうとう先生も亡くなられたので、文字通り、この記事に関係した人間で「生き残っている」のは、カメラマンの若色さんというかたと、福田だけになってしまった。寂しい限りである。

2006/2/9

追悼  音楽
1990年、リットーミュージック社の雑誌「ピアノフォルテ」の仕事で、
先生のご自宅に伺って、インタビューさせていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します
これがその記事の完成版。

クリックすると元のサイズで表示します
ページのすみに載ってる。福田、一生の自慢のタネです。

クリックすると元のサイズで表示します
ファン根性むき出しの、つたないインタビューにも、
優しく、丁寧にお答えくださいました。ほんとうにありがとうございました。

この記事の最後に載っている、編集者が追記したエピソード。

>>インタビュー後、愛子夫人(註:2006年現在は故人)とともに歓談。
聞けば、11月16日にはサントリーホールで山田一雄氏指揮による
「交響譚詩」が演奏されるとのこと。
バレリーナだった夫人がおっしゃっていた。
「この前もサントリーホールで山田さんが伊福部の曲をやってくださる、という事でしたので、
ふたりで見にいったんです。券を買おうと思って並んでいたら、関係者の方がいらして、先生の曲をやるのにとんでもない、買わないでくださいよって、私までただでいれてくださったんですよ。
申し訳なかったですね。今度の11月の分は、はやめに前売り券を買いに行かないと」<<

ああ、涙出る。
このひとたちは、ほんとうに、正しい。

2006/2/9

訃報  音楽

2006/2/8

小林未郁のイベント「射我懐石」  イベント
先月末の「本公演」は一日三公演(マジすか・・)もやったのに、
好評につき昨日、大塚のREDZONEで「追加公演」。
本公演は行けなかったので、見に行った。
この「懐石イベント」、回を重ねるごとに、明らかによくなってきていて、
特に今回は、初参加のダンスユニット「迷彩」が、男気溢れるシャープなダンス(・・・)で、明らかにイベントのレベルを押し上げてくれていた。
彼らくらい「動ける」と、かむゐ(島口くんと福ちゃん)の殺陣とのコラボも痛快。
アクションやらせたいなあ、彼ら。
他にも、山田広野監督の活弁映画あり。ただし昨日はツアー中のため本人は欠席。
もちろん小林の弾き語り、演舞(というか劇)つきの「桜花心中」もあり。
小林が弾き語りで唄う「桜花心中」は相当説得力あり。作者の福田が、「なんていい曲なんだ!」と自画自賛モードに入るほどw。これは、マジでいっぺん聞いて欲しい。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
ま、ちょっとコワいけどね、この写真w↑

クリックすると元のサイズで表示します
クライマックスは、当人も言っているが「唐突に盛り上がる」。
出演者が全員出てくると、懐石、というよりナゾの鍋料理で面白かった。
小林の両脇にいるのが「迷彩」の二人。イケてます。

クリックすると元のサイズで表示します
終演後、島口くんつながりで見に来てくださった杉作J太郎さんと。
杉作さんにお会いするのは、前回の「かむゐ」のロフト以来。
杉作さんの映画「人間狩り」と「幽霊スナック殴りこみ」(島口くん主演!)
の宣伝もちゃんとやってましたw。話によると、なかなか好評らしい。
蛭子能収さんも来てたんだが、タイミングが合わずでお話できず。
俺、実は相当ディープなファンだったんだけどなあ・・・。残念。

ところで、現在、小林未郁セカンドアルバムの制作、ゆるゆる進行中。
基本的には前作の「月夜のかけおち」の、もう一対、みたいなコンセプトの作品にする
つもりだが、作ってうちにどう変わるかはナゾ。
もちろん今回も福田の作詞作曲作品が何曲かあるんで、お楽しみに。

それからこれはまだ構想段階だが、山田広野監督と「桜花心中」のPVを撮ろう
という計画あり。基本、「笑える」「グロ」「変」という三点を明確に打ち出した作品に
したいというのが今の俺の構想。どうなるやらw。

2006/2/6

受け入れなくちゃ・・・  怪獣
↓こいつが今回のガメラの敵怪獣「ジーダス」だって・・・

クリックすると元のサイズで表示します
いぬ・・・?耳たれてる・・・?っていうか、顔、プリプリ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
こいつと             こいつの戦い・・・

               脱力。
去年のイベントでいったんちょっと上がった評価、また地面にめりこむ

2006/2/3

さらに 下からの続き  
3、そして妄想

ある時、「池袋モンパルナス」のまさに中心人物であり、名付け親でもある小熊秀雄は、
「みんなで歌うため」の「うた」を書いてくる。「池袋モンパルナスの唄」。
おお、いいじゃないか。どんな歌だ?いや、まだメロディはないんだ。
なんだそうか、それじゃこんなのはどうだ。誰ともなく適当な節をつけて歌い出す。
それは無名の画家だったかもしれないし、役者の卵だったかもしれない。
音楽を学ぶ学生だったかもしれない。なんだ、そんなのじゃだめだ、こうがいい、いや違う。
ああだ、こうだ、とみなで歌っているうちに、なんとなくカタチが出来てくる。
おお、いいぞ、飲みながら歌おう!もちろん誰も譜面など書かない。
昨日歌われていたメロディと、今日歌われているメロディはすこし違う。
明日はまたさらに違う。あれ、ここはそんな節だったか?まあいいじゃないか。
そんな調子で、ただ、なんとなく歌い継がれていく。酔うたびに、みんなが歌う。
ある時、小熊秀雄は、自分の書いた歌詞が変わっているのに気づく。
「おいおい、そこは、細くもなくーーー、じゃなくて、細くもないーーー、だぞ」
「なに、ないーーー、だ?そんなものは歌いにくくってかなわん」
酔って真っ赤な目を精一杯見ひらいて抗議する住人たち。苦笑いする小熊秀雄。
「作者の意図もなにもないな、きみたち」
「何をぶつぶつ言ってる。さあ、歌うぞ」「そうだ、責任者、歌え!」
実際に歌ってみる小熊秀雄。歌い終わってうなずく。
「確かにそうだ、細くももない、はいかんね。細くもなく、だな、断然。」
「そうだろう!」「こうして民衆によって磨かれていくのが本当の芸術なのだよ、な、小熊!!」
それが「本当の芸術」なのかどうか、無論そんなことは分からない。
しかし少なくとも、「この唄の生まれ育ち方」としては正しい。限りなく正しい。
小熊秀雄はそう思った。

こんな具合に、あくまで住人たちの間で自然発生、発展していったメロディを、
編集、採譜したのが若き日の松井八郎、または松井八朗である。それは、小熊秀雄の依頼だった。松井は小熊秀雄に請われるまま、池袋モンパルナスのそこかしこで聞こえるこの歌を何パターンか採譜した。
それぞれに微妙な差異があった。松井はそれを整理し、最も「整合性のある」メロディへと収斂させていった。この作業の段階で、歌詞からは「あまり」の三文字が自然消滅していた。無論、小熊秀雄はそれについては何も言及しなかった。

「良い唄ですね、小熊先生」
「そうですか。面倒な事をお願いして申し訳なかった。」
「いえとんでもない。この唄にはなんというか・・音楽家が一人では作りきれないようなエネルギィを感じます。たいへん勉強になりました」
「・・・妙な事を聞きますが、きみは、これが歌い継がれるべき歌だと思いますか」
「ええ。誰もがそう思うと・・・実際、もうすでに、十分に歌い継がれてきているではありませんか。これからもそれは変わりませんよ」」
「そうですね」――――「ぼくもそう信じたい」
「・・・信じたい・・とは?」
「ぼくはね、松井さん、この唄は消えてしまうような気がするんですよ。
だから、あなたに採譜してもらった。この唄が確かに存在していたことを証明するために」
「・・・・・」
「松井さん、この曲を、あなたの曲として、後世に残してください」
「小熊先生、何をおっしゃるんですか!これはアトリエ村のみなさんの・・・!」
「いつか消える。ここはそういう場なのです。そして僕も消えます」
「小熊先生」
「松井さん、あなたは生き延びてください」

やがて迎えた小熊秀雄の死、そして、太平洋戦争。
「池袋モンパルナス」の変質と衰退とともに、この唄を歌う者はいなくなった。
個人「小熊秀雄」の名は、その詩作とともに残り、
若きモンパルナスの住人たちによって歌い継がれたメロディは忘れ去られた。
「採譜者」松井八郎、または松井八朗は、この唄をついに「自らの作」とする事を潔しとせず、終戦後の「日本の繁栄」を見届けたのち、他界した。

以上が、「池袋モンパルナスの唄」が僕にもたらした、感傷的な妄想である。

2006/2/3

下からの続き  
2、楽曲成立に関する憶測

僕の手元にある譜面のオタマジャクシに「ルビ」としてふってある小熊秀雄の「歌詞」は、小熊秀雄のオリジナルの詩と異なっている。
オリジナルの詩の後半はこうだ。

「彼女のために神経を使え あまり太くもなく 細くもない ありあわせの神経を」

ところが、譜面上の歌詞は以下のようになっている。

「彼女のために神経を使え 太くもなく 細くもなく ありあわせの神経を」

修飾語「あまり」が抜け、「細くもない」の「い」が、「く」に変化している。
まず「あまり」、の欠落について考えてみる。
あくまで「たまに作詞もする作曲家としての個人的意見」だが、詩中の表現として、
この「あまり」という修飾はかなり重要である。
「あまり太くもなく細くもないありあわせの・・」という表現がもたらす柔らかさ、優しさと、「太くもなく細くもなくありあわせの・・・」という断定的なニュアンスの間には、大きな隔たりがある。
「詩人」が、そうやすやすと許容できる類の隔たりではない、僕はと思う。
少なくとも、小熊秀雄が自分の書いたこの詩に曲をつけてくれ、と作曲者に依頼した時(そんな状況があった、とここでは仮定する)この言葉はハマリが悪ければ削っていいから、と言えるような「捨てコトバ」では全くない、と思える。
もちろん、作曲者は作曲者で、作詞者が何も言わずとも「出来る限り原型の歌詞を変えないよう最大限の努力をする」のが普通である。実際、メロディの流れを変えずに、この楽曲に「あまり」という三文字を挿入する方法は、そう難しくない。
ところが、実際、「あまり」は消えている。なぜだろう。

次に、「ない」→「なく」への変化。
メロディに乗せて歌ってみるとよく分かるが、あきらかに「なく」のほうが歌いやすい。
では、その方が歌いやすいから、という理由で、小熊秀雄自身が、「ほそくもない」を「ほそくもなく」に変更したのだろうか?
彼自身がこの変更を行ったのだとしたら、少なくとも彼は、自分の詩より、作曲家の作ったメロディを尊重した、ということになる。
実際、例えば小熊秀雄が「歌ってみたらその部分が歌いにくい」事実に気がついたとして、自分の詩を変更するのではなく、作曲者に対して「い」音の部分にはロングトーンをはめないでくれ、と、メロディの作り直しを要請することは可能だったはずだ。
しかし、実際、ロングトーンの位置で「い」は「く」に変わっている。
つまり、彼は「折れた」のだ。なぜだ?

この「詩」の二箇所の変化について、最もシンプルな憶測はこうだ。
要するに、小熊秀雄は自作の詩に関して鷹揚だったんじゃないか?
所詮「読まれる」詩と「歌われる」詩は違う。だから、ある意味、どうなってもいい、
作曲家にまかせよう、と思っていたんじゃないのか?
そして、それはそれで、一種の達観ではないか?

しかし、クリエーターのはしくれ、として、僕は、そう「考えたくない」。
単に、小熊秀雄ほどの人物は、自作に対してずっと真摯であったはずだ、と信じたいのだ。
無論これは、身勝手な「希望」である。

こうして、さまざまな邪推に近い推測を繰り返した末、
僕がたどり着いた(または勝手に描いた)「ストーリー」はこうだ。

3、につづく

2006/2/3

「怪獣のあけぼの」の打ち上げで  
「アトリエ村資料館」の本田晴彦さん、という方にお会いした時、番組中で使用された「池袋モンパルナスの唄」を収録したCDを是非資料館の資料にしたい旨を伺った。
お安い御用です、とひきうけ、ついでなので、かねてから作ってみようと思っていた室内楽的小編成でのアンサンブルバージョンを追加録音。番組用に制作した3バージョンを含め、合計4バージョンをCDに収録してお送りした。数日後、大変に気に入ってくださった様子のメールが届き、その中に、楽曲の解説文のようなものがいただけたら、とあるので、簡単な「制作日誌」と、もうひとつ、短い文章を書いてみた。せっかくなのでアップしておくことにする。

「池袋モンパルナスの唄」をめぐる いくつもの憶測とひとつの妄想
                         
1、作曲者に関する憶測

僕が資料としていただいた譜面には「松井八朗 作曲」とある。
だが、ネットで検索する限り「松井八朗」という作曲家は存在しない。
しかし、「松井八“郎”」という高名な作曲家は存在する。
ということは、譜面に表記されている「松井八朗」の「朗」は、おそらく「郎」の誤植であろう。つまり「松井八朗」=「松井八郎」。そう考えるのが自然だ。
しかし、いったん、「池袋モンパルナスの唄の作曲者である松井八郎」として氏のプロフィールを調べ始めると、果たしてこの考えは正しいのか、という疑問がわいてくる。
松井八郎氏は、戦後間もない頃からジャズピアニストとして活躍し、その後数多くの歌手に楽曲を提供、また、映画音楽も数多く手がけている多作型の俊才である。
しかし、少なくともネット上で僕が調べた範囲内では、氏が「池袋モンパルナスの唄」を作曲した、という記述を発見することは出来ない。
それは、この「池袋モンパルナスの唄」という小曲が、松井八郎氏の作曲キャリアの中に入れるに値しないほど「小さな仕事」だからなのか。それとも、単にこの楽曲の存在自体が「池袋モンパルナス」の実質的な変質、消滅とともに忘れ去られており、それとシンクロして、松井八郎氏のキャリアからも自然消滅しているから、なのか。
この楽曲に関するなんらかの記述が発見されるか、もしくは「記述がない理由」に関するなんらかの記述が発見されるかしない限り、すべては憶測の域を出ない。
であるとすれば、今大前提とした仮説「松井八朗」=「松井八郎」をくつがえし、
松井八郎と松井八朗は全くの別人で、この楽曲は、無名の「松井八朗」という作曲家の作品なのかもしれない、と言う、まったく別の憶測も可能になる。むしろそう考えたほうがすっきりもする。だから「松井八“郎”作品」としての一切の記録が残っていないのだ、と納得もいく。

いずれにせよ、だ。
作詞者である小熊秀雄の厳然たる存在感に対して、なぜ作曲者の存在がこうも「不明瞭」なのだろうか。
少なくとも、この楽曲は、歌詞に比して、お話にならぬほど低劣なメロディの楽曲、では全くない。むしろ、歌詞とメロディのバランスの非常によく取れている佳曲である。
ならば、「作曲者」がここまで「幽霊じみている」のはなぜなのか?
この疑問に関して、僕はまたひとつ、別の憶測を試みる。

2、に続く


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ