2007/7/14

名古屋  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
センチュリーホールの楽屋はなんだか茫漠と広い。大流血ゾンビ映画とか撮りたい感じ。
この廊下は、ステージの真下にあって、端から端までの長さは
ステージの長さとほぼ一緒。楽屋はステージ上手(かみて)の下側にあり、
メンバーの入りは下手側なので、楽屋を出るとこの廊下を歩いて
反対側まで行き、エレベーターに乗らねばならない。
あー、すっげえめんどう・・とか思うのはやっぱ年寄りだからだな。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ナゾのドア。任天堂となにか関係が??

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
珍しく、「INAX」。

クリックすると元のサイズで表示します
棺桶みたい。

クリックすると元のサイズで表示します
ものすごーく凝った「差し入れ」をいただいたので、左から年齢順に並べてみた。
改めて、俺の「年上ぶり」が明確になって切なし。

クリックすると元のサイズで表示します
いったん朝の五時ごろ目がさめ、それから二度寝したら、出刃包丁やナイフで
誰かとお互いを刺し合う強力な悪夢を見る。
「戦闘相手」は浴衣を着て髪の毛の長い、多分女性。うひょー。血の感じとかがめっちゃリアルでヤバかった。起きたら物凄い悪天候。イヤな夢は気圧のせいかもねー、とか思いつつシャワーを浴び、山本屋で味噌煮込みうどんを食べてから名古屋美術館でやっている「ダリ展」を見るべく外出。
駅に着くころは雨はゆるくなり、山本屋で「名古屋コーチン入り味噌煮込み ごはんつき」を食す。人によって評価真っ二つの「味噌煮込みうどん」だが、福田はものすごく好き。しかしまあ、2300円以上っていう値段はいくらなんでも高すぎ、とは思う。
さて次は「ダリ展」、東京と違ってちょっとゆっくり見れるかも・・・などと膨らむ期待。ホテルの部屋においてあった、ヒルトンホテルのレストランと「ダリ展」のコラボ企画のチラシをポケットから取り出して改めて見る。この時点ではじめて開催期間に気づく。げーん、昨日までじゃん。がーっくりしてホテルに戻り、フテ寝。
リハ後、恒例の「チラシ撒き」に会館ロビーへ。もう相当数撒いてるはずなんだがなあ・・・未だ、あんまり「効果」は実感できず。でもまあ、めげずにw。
途中からほとんどただの「サイン会」になる。福田はサインに必ずペンギン描くので、なかなかたくさん描けません。時間切れになってしまったみなさん、ごめんなさいです。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ