2007/10/30

きのうは  CD
クリックすると元のサイズで表示します
漁港のセカンドアルバム「FISH & PEACE」のマスタリング。
作った張本人たちですら、聞きながらついつい笑ってしまう曲も多く、
マスタリングは笑いが絶えず。爆笑をこらえるのに必死な船長。

クリックすると元のサイズで表示します
無事終了!三原さんの右横にいるのがマスタリングエンジニアの間部(まなべ)さん。
華子の「いままでよりずっと」、前回の「漁港」でもお世話になりました。
いろいろなメガヒット作品も手がけている、信頼できる素晴らしいエンジニアです。
おかげさまで、今回も素晴らしい音になりました。お疲れさまでしたー!

というわけで、前作をはるかに凌駕するテンションとスケールでお送りする、
宇宙超大作「FISH & PEACE」、お楽しみに!!

2007/10/30

back to 10/28 フェスと天野博士の秘密基地  イベント
クリックすると元のサイズで表示します
トイフェスです。

クリックすると元のサイズで表示します
バンブルビーがいた(ホンモノ!お金を払って撮影したひとに写真を分けてもらいましたw)。ちょっと嬉しかった。
でもそれ以外はあんまり目ぼしいものがなく、キチ○イの天野くんが物凄い数の
ソフビを「一山買い」とかしていた以外は、みんなもあんまり買わず。
結局、早々に退散して、午後3時ごろ中野ブロードウエイに行き、2〜3時間物色。
ここでも天野くんは超ハイテンションで買いまくり、結局今日一日で9万以上購入。
夕飯を食ったあと、みんなで天野くんの家に行くことに。

クリックすると元のサイズで表示します
実は天野くんの家は福田の近所で、チャリで10分くらいなのだが、
お邪魔するのははじめて。野口さん、という方の家に間借りしているにもかかわらず
この表札・・・ああ、やっぱりこの人はホンモノの狂人だ。

クリックすると元のサイズで表示します
部屋の外観。オモチャ屋の倉庫か!!

クリックすると元のサイズで表示します
天野くんの出迎え(ヤラセ)。

クリックすると元のサイズで表示します
六畳間に入りますと、まず右側がこんな。

クリックすると元のサイズで表示します
こういう展示方法もあったか・・・

クリックすると元のサイズで表示します
視線を左にパン。入り口正面には巨大なガラスケース。

クリックすると元のサイズで表示します
こんなデカいガラスケースを六畳間に入れるってこと自体狂ってるが、、
実は福田も見習うべきかも。

クリックすると元のサイズで表示します
カメラをひくと、左手にテーブルのようなものが見えてまいりました。

クリックすると元のサイズで表示します
ここが天野くんの仕事場。座るためには、テーブルの下をくぐります。
まさに秘密基地な感じ。カーテンみたいになっている洗濯物をどけてもらうと

クリックすると元のサイズで表示します
実に文筆業の人の雰囲気が一気に。

クリックすると元のサイズで表示します
奥の蔵書群。なんで「ネアンデルタール人」が二冊あるのか、聞くの忘れた。

クリックすると元のサイズで表示します
逆サイド。

クリックすると元のサイズで表示します
奥にはこんな資料。さすがUMAの専門家。

クリックすると元のサイズで表示します
読みたい。

クリックすると元のサイズで表示します
見たい。しかし、どうやったらこんなこの世の果てに落ちてるクズみたいな
ビデオが集められるんだ・・・マジ、すげえと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
電気を消せば蓄光ワールド。

クリックすると元のサイズで表示します
とまあ、そんな流れとは全然関係なく、ブロードウェイでゲトした「いかレスラー」の
フィギアに、デザインした張本人、海老原さんにサインしてもらう。

クリックすると元のサイズで表示します
さすが、見事なもんですなー。

クリックすると元のサイズで表示します
あ、これが正面ねw。カワユス。

ちなみに、天野博士、海老原画伯、ともに独身です。
二人ともホンモノの怪獣キチガイ(世界最高レベル)である、という以外、ほんとうに素晴らしい人たちなので、我こそは、と思った女子は、是非ご連絡を。福田が責任をもって合コンをセッティングします(ほんとう)。

2007/10/28

兎座の夜  DVD
タイトル、直訳してみた。

             クリックすると元のサイズで表示します
最近、リージョンフリーのDVDプレーヤーを買ったので、どんどんDVDが増殖。
これはCD Universeで買った。マニアの間ではメチャクチャ有名だが、普通の人はまず絶対知らない映画、の典型で、巨大ウサギがわっしゃわっしゃと走り回って人間をぼりぼりかみ殺し町を破壊するホラーSF。福田にとって、ウサギって可愛いけど、なんとなくコミュニケーション不能な感じがするのと、異常に前歯の切れ味が鋭い(鋭利なナイフのように、さくっ、と新聞紙を噛み切るのを見た・・)のと、後ろ足が目視不能の速度で動くのとで、結構コワい生物である。だからこの映画は、絶対ある程度以上コワいはずだ!と確信を持って見たのだが・・
ダメでした。単に、カワユス。殆どのカットで、ホンモノのウサギがセットの中を走ってるだけなんだもん(註:バート・I・ゴードン作品ではありません)。実際、この映画、「怪獣映画」としてはとてもとても真摯な作品で、予算規模もそれなりに大きく、ウサギが走り回るセットは素晴らしいし撮影はきわめて丁寧、巨大ウサギの大群を線路に高圧電流を流して食い止める(っていうか、皆殺しにする!)クライマックスなんかは規模感もあって盛り上がる。でも見終わったあと、やっぱりウサギ巨大化っていうアイディアそのものが根本的に間違ってたんじゃ?という元も子もない感想が心の底からわきあがって来る、ちょっと切ない映画。興味のある人は、You tubeでタイトル検索すれば、何カットか見られるはず。

2007/10/27

The Hills Have Eyes 2  映画
             クリックすると元のサイズで表示します
東京は朝から雨の悪天候だが、今日見ないと見に行くタイミングを失いそうなので覚悟を決めて見に行く。前作の事件から2年。「元核実験場に巣くう人食いミュータント」の掃討作戦に出た軍は最後の局面で作戦に失敗、その最悪のタイミングで掃討作戦の最前線に物資を届けることになった「新兵」ぞろいの小隊が、ミュータントたちとの戦いに巻き込まれ、バタバタと殺されていく。前作にあった「残留放射能でミュータント化してしまった住人たちの悲壮感」は全く無く、一見本当に単純明快な「怪物 対 人間」のサバイバル戦を描いたアクションホラーになっているが、統制の取れないまま現場に投入されてどんどん崩壊していく小隊の描き方には、あきらかにイラク派兵への批判が見て取れる。監督のマーティン・ワイズは多分新人(ネット上にも情報がなく、パンフも作られていないので、なんの情報もなし)だが、描写は的確でパワフル、撮影も編集も見事。グロ系描写も容赦なくて◎。本当は案外心配しながら見に行ったのだが、十分に面白かった。もちろん、本来は核実験の「被害者たち」を、あそこまで割り切った「ただの怪物」にしちゃっていいのかよ、という疑問は強く残る。その部分では、きちんと「割り切れなさ」を描いていた前作、圧倒的に勝ち。

2007/10/27

10/24,10/25 大阪  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
今回のツアー「100本目」のライブだそうだ。
もうそんなにやったんだ!という気持ちと、まだそれだけ?という気持ちが半々。
とりあえず、ちょっと記念っぽく、隊長の定位置から会場を撮ってみる。

クリックすると元のサイズで表示します
ファンのかたにいただいたツインテール、遅まきながらツアー参戦。
みんなに、ウマそうだと言われた。さすがグドンの主食。

クリックすると元のサイズで表示します
カラつきピーナッツもいただきましたが

クリックすると元のサイズで表示します
一個一個にこんな刻印が入っててビックリ。全部で100個。

クリックすると元のサイズで表示します
なんでも、ネットで注文できるらしい。知らんかった〜!

クリックすると元のサイズで表示します
打ち上げに出現したムルチ。カコヨス!!!
最近、こういうのがコワくなくなってきた。あきらかに漁港効果。
とにかく、もーーーのすごくおいしい「カマ」でした。で、メチャクチャ飲む。

明けて10/25は、例によって日本橋へ。目的は「道楽」という店でクズ系のビデオをあさること。
この店は、本当に何のジャンルわけもせず、アイウエオ順やアルファベット順で整理する、でもなく、とにかくただただ大量のビデオテープを棚に並べているので、買い物には物凄い集中力が必要。寝不足と深酒と、店内に鳴り響く大音量の声優系萌え萌えBGMにめまいしつつ、「結構好きな作品だが500円以上で買う気はしなかった作品」や「本当にくだらなそうなパチ系SF」「絶対につまらないに違いないホラー」とかを100円〜300円でゲト。

クリックすると元のサイズで表示します
結果、ビデオ11本とDVD3本買って2,800円。
安いんで、ちょっと嬉しくなる。

クリックすると元のサイズで表示します
その喜びと疲労で気が大きくなった福田、「まんだらけ」のショウウィンドウで見かけた
ガッパのガレキ31,500円も買ってしまう。

クリックすると元のサイズで表示します
ところどころ塗装ハゲや欠けがある(ソフビではなくキャスト製なので)のだが
けっこう大きくて立派、塗りの感じもいい。でも、持ってくるのが大変だったw。

結局、ビデオ11本は重すぎてとても東京には持ち帰れないので、ホテルから宅急便で送ることに。その分が定価に上乗せされた感じで、ちょっと落ち込む。
その後会場入りしたあたりで、疲労はピーク。ほぼゾンビ状態で、リハーサルをやっててもたまに意識が飛ぶ(ほんとう)。マジで今日は本番で死ぬかも、と思ったが、愛用のマッサージクリーム(スポーツマッサージ用。ものすごーーーくスースーします)を首から背中の広範囲に塗りたくり強制リセット、チラシ配りに行く。そのうちどんどん目が覚め、本番前には完全復活。4日ほど前からあった左足の痛みも消え、前日はできなかったジャンプも可能に。これがほんとの疲れトビだなー、とか思いつつ、無事ライブ終了。

2007/10/22

土曜日は「怪獣と美術」!  イベント
やっと行ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します
不世出の「怪獣デザイナー」、成田 亨 (なりたとおる) をメインにすえた美術展。
展示物も豊富で、「ウルトラ怪獣」の殆どが成田さんの脳の中から出てきた、という「周知の事実」を強烈に再認識させられた。見られてよかったー(^ ^;

クリックすると元のサイズで表示します
「たかが子供向けTV番組」に登場する怪獣に心血を注いだ成田 亨、高山良策。この二人の天才の「仕事」が紛れもなく「芸術」だったことが、40年を経て漸く明らかになったんだなあ・・・オタは感慨無量。それにしても、「ロボット怪獣」というオーダーを受けてガラモン(右:ただしこのデザインが決まった時点ではまだ無名)を描いた成田さんはやっぱり異常天才だし、こんなとんでもないデザインをちゃんと立体化してしまう高山さんも凄まじい。時代のパワーを感じる。

クリックすると元のサイズで表示します
なんか、普段明らかに怪獣とは無縁に違いない職員のかたがたの傍らに、
世界を睥睨(へいげい)するかのような成田レッドキング。これだけで相当ステキ(>_<)/

2007/10/22

びわ湖ホール  ライブ
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
トイレは各楽屋についてました。

クリックすると元のサイズで表示します
さすが、最近まで「クラシックオンリー」だった小屋。
オペラハウスみたい。

2007/10/21

10/18 琵琶湖  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
午前2時前に寝たので、8時前に目が覚める。すげーいい天気。

クリックすると元のサイズで表示します
27階、高っ!!すっかり目が冴える。

クリックすると元のサイズで表示します
8時30分ごろ、フロントでレンタルサイクル借りる。

クリックすると元のサイズで表示します
なかなか乗りやすい。一応記念撮影w。

クリックすると元のサイズで表示します
湖畔を走る。岸近くには随分藻が多い。

クリックすると元のサイズで表示します
お土産屋だと思ったが

クリックすると元のサイズで表示します
違いました。

クリックすると元のサイズで表示します
中はこんな。

クリックすると元のサイズで表示します
天守閣に巨大トンボ発見!メガギラスなみのサイズ!

クリックすると元のサイズで表示します
怪獣じゃないらしい・・・

クリックすると元のサイズで表示します
なんというか、都会的な湖だなー。

クリックすると元のサイズで表示します
それにしても藻が多い。

クリックすると元のサイズで表示します
透明度は高いんだが。

クリックすると元のサイズで表示します
のどかだなー、とか思っていたら、ダビットくんの事を思い出す。
そうか、ダビットくんに乗らねば!!

8時45分ごろ、ロースカの森安氏に電話して、
ダビットくんを引き取る算段。あんまり朝早いので苦笑される。

クリックすると元のサイズで表示します
9時ごろ会館に行き、久々にダビットくんを連れ出す。

クリックすると元のサイズで表示します
レンタサイクルを返すべく、自転車二台押し。なんの人なんだか、実にナゾ。

クリックすると元のサイズで表示します
途中、湖畔を散歩していた地元の隊長ファンの方に会い、写真を撮ってもらう。
ついでに、チャリを一台、ホテルまで押してもらいました。助かったー。
ありがとうございました!

クリックすると元のサイズで表示します
恒例w ダビットくんポートレート。

クリックすると元のサイズで表示します
その2

クリックすると元のサイズで表示します
狂い咲き

クリックすると元のサイズで表示します
その2

クリックすると元のサイズで表示します
風景

クリックすると元のサイズで表示します
その2

クリックすると元のサイズで表示します
その3

クリックすると元のサイズで表示します
「退治」されちゃった藻。


クリックすると元のサイズで表示します
なんかカッチョよかった釣り人。

クリックすると元のサイズで表示します
なにかを見ていた湖畔猫。

クリックすると元のサイズで表示します
それにつけてもデカいホテル・・

クリックすると元のサイズで表示します
でも、もっとデカく育ったメトロン。

2007/10/21

back to 10/17 津  ライブ
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
三重市民文化会館。妙に採光のいいトイレ。

クリックすると元のサイズで表示します
なんか、どのホールもキレいだなあ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
UFO降りてきた

クリックすると元のサイズで表示します
こういうグッズを売り出したら売れるんではなかろうか

クリックすると元のサイズで表示します
ライブ後、大津まで移動。バス内で小打ち上げ。
酒をつぐ小島の表情は普段の10倍真剣だ。

クリックすると元のサイズで表示します
これから飲んだり食べたりだ!という時のミックの表情は
普段の10倍希望に満ち溢れている。

クリックすると元のサイズで表示します
実はドンペリ。

クリックすると元のサイズで表示します
今食べたのが6つめの天ムスだっていう事は知らないことにしときます。

クリックすると元のサイズで表示します
休憩。

クリックすると元のサイズで表示します
なんとなく微笑ましい光景。

クリックすると元のサイズで表示します
かふか街道。走ってると虫になっちゃう街道。

クリックすると元のサイズで表示します
鹿深ねー、なるほど。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと行ってみたい。

クリックすると元のサイズで表示します
あ、ヘッドライトの前にニンジャ。

クリックすると元のサイズで表示します
くのいち・・・

2007/10/21

10/15 はやくも忘年会w  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
10/16の次郎吉ライブがBeatNutsの今年最後のライブ、なので、
前日のリハ後、プチ忘年会。車で来ているメンバーが殆どなので、アルコールは抜きw。
ケガニさんがお寿司を用意してくれました。ご馳走さまー!


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ