2007/10/27

The Hills Have Eyes 2  映画
             クリックすると元のサイズで表示します
東京は朝から雨の悪天候だが、今日見ないと見に行くタイミングを失いそうなので覚悟を決めて見に行く。前作の事件から2年。「元核実験場に巣くう人食いミュータント」の掃討作戦に出た軍は最後の局面で作戦に失敗、その最悪のタイミングで掃討作戦の最前線に物資を届けることになった「新兵」ぞろいの小隊が、ミュータントたちとの戦いに巻き込まれ、バタバタと殺されていく。前作にあった「残留放射能でミュータント化してしまった住人たちの悲壮感」は全く無く、一見本当に単純明快な「怪物 対 人間」のサバイバル戦を描いたアクションホラーになっているが、統制の取れないまま現場に投入されてどんどん崩壊していく小隊の描き方には、あきらかにイラク派兵への批判が見て取れる。監督のマーティン・ワイズは多分新人(ネット上にも情報がなく、パンフも作られていないので、なんの情報もなし)だが、描写は的確でパワフル、撮影も編集も見事。グロ系描写も容赦なくて◎。本当は案外心配しながら見に行ったのだが、十分に面白かった。もちろん、本来は核実験の「被害者たち」を、あそこまで割り切った「ただの怪物」にしちゃっていいのかよ、という疑問は強く残る。その部分では、きちんと「割り切れなさ」を描いていた前作、圧倒的に勝ち。

2007/10/27

10/24,10/25 大阪  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
今回のツアー「100本目」のライブだそうだ。
もうそんなにやったんだ!という気持ちと、まだそれだけ?という気持ちが半々。
とりあえず、ちょっと記念っぽく、隊長の定位置から会場を撮ってみる。

クリックすると元のサイズで表示します
ファンのかたにいただいたツインテール、遅まきながらツアー参戦。
みんなに、ウマそうだと言われた。さすがグドンの主食。

クリックすると元のサイズで表示します
カラつきピーナッツもいただきましたが

クリックすると元のサイズで表示します
一個一個にこんな刻印が入っててビックリ。全部で100個。

クリックすると元のサイズで表示します
なんでも、ネットで注文できるらしい。知らんかった〜!

クリックすると元のサイズで表示します
打ち上げに出現したムルチ。カコヨス!!!
最近、こういうのがコワくなくなってきた。あきらかに漁港効果。
とにかく、もーーーのすごくおいしい「カマ」でした。で、メチャクチャ飲む。

明けて10/25は、例によって日本橋へ。目的は「道楽」という店でクズ系のビデオをあさること。
この店は、本当に何のジャンルわけもせず、アイウエオ順やアルファベット順で整理する、でもなく、とにかくただただ大量のビデオテープを棚に並べているので、買い物には物凄い集中力が必要。寝不足と深酒と、店内に鳴り響く大音量の声優系萌え萌えBGMにめまいしつつ、「結構好きな作品だが500円以上で買う気はしなかった作品」や「本当にくだらなそうなパチ系SF」「絶対につまらないに違いないホラー」とかを100円〜300円でゲト。

クリックすると元のサイズで表示します
結果、ビデオ11本とDVD3本買って2,800円。
安いんで、ちょっと嬉しくなる。

クリックすると元のサイズで表示します
その喜びと疲労で気が大きくなった福田、「まんだらけ」のショウウィンドウで見かけた
ガッパのガレキ31,500円も買ってしまう。

クリックすると元のサイズで表示します
ところどころ塗装ハゲや欠けがある(ソフビではなくキャスト製なので)のだが
けっこう大きくて立派、塗りの感じもいい。でも、持ってくるのが大変だったw。

結局、ビデオ11本は重すぎてとても東京には持ち帰れないので、ホテルから宅急便で送ることに。その分が定価に上乗せされた感じで、ちょっと落ち込む。
その後会場入りしたあたりで、疲労はピーク。ほぼゾンビ状態で、リハーサルをやっててもたまに意識が飛ぶ(ほんとう)。マジで今日は本番で死ぬかも、と思ったが、愛用のマッサージクリーム(スポーツマッサージ用。ものすごーーーくスースーします)を首から背中の広範囲に塗りたくり強制リセット、チラシ配りに行く。そのうちどんどん目が覚め、本番前には完全復活。4日ほど前からあった左足の痛みも消え、前日はできなかったジャンプも可能に。これがほんとの疲れトビだなー、とか思いつつ、無事ライブ終了。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ