2008/1/13

back to 2007/12/16  イベント
Kクリのフォーラムがあり、泉岳寺のYAMAHAへ。
早く着きすぎたのでぶらっと泉岳寺そのもの、に行ってみる。

クリックすると元のサイズで表示します
泉岳寺、といえば、日本人の大大大好きな「赤穂浪士」で有名だが、
福田は子供の頃からこの話の何がいいのかビタ一文分からないので、
ここに眠っているいわゆる四十七士のみなさんの墓参りに行くでもなく。

クリックすると元のサイズで表示します
そのへんに散り敷くイチョウの葉っぱを眺め

クリックすると元のサイズで表示します
さすがに木枯らしっぽい風に吹かれながら欠伸なぞしていた。

クリックすると元のサイズで表示します
ああ、ギンナン食いたい。

2008/1/13

back to 2007/12/15  怪獣
          クリックすると元のサイズで表示します
いま企画中の「水素獣H」のTシャツのデザインをお願いしたデザイナーの一人、
小山田和正さんの所属する会社(株)LINKの東京オフィスの事務所開きにお邪魔した。
LINKは、「怪ZINE」という怪獣フィギア専門のフリーペーパー(現在は定期購読制)を発行したり、「怪獣太郎」というネットショップを運営したりして、老舗のフィギアメーカーから若い世代の怪獣マニアにまで幅広く支持されている素晴らしい会社。事務所に飾ってあるフィギア群を見ても、福田の世代の怪獣マニアと違い、例えば「ゴジラ」とか「ウルトラ」とかに関する拘泥が全然ないところが実にすがすがしい。
この日事務所開きに集まってきていたみなさんも、とにかく若く(平均年齢、間違いなく20代後半)、かつめっちゃオシャレ。いわゆる「オタ臭」がまるでしないw。なるほど、「怪獣」というジャンルは、こういう「センスのいい人たち」に受け継がれていくんだねえ、と納得。

クリックすると元のサイズで表示します
左が社長の畦津さん、右がデザイナーの小山田さん。
このお二人の協力を得て、どんな「エッチTシャツ」が出来上がるか、
乞うご期待(^O^)/

2008/1/13

back to 2007/12/8,12/9  ライブ
再び時間は捩れて去年の12月へ。
谷村姫のクリスマスコンサート@目黒パーシモンホール。

クリックすると元のサイズで表示します
ものすげーキレイなホール。

クリックすると元のサイズで表示します
キャパは、例年の葛飾シンフォニーヒルズよりちょっと少ない(1200程度)のだが、
座席が一階の中央から奥にかけてぐーっと高くなっている関係で残響が多く、
特にパーカッション類の低音のステージへの回り込みが激しくて、
エンジニアチームは相当苦労していた。特に一日目は、はじめたリハーサルを
いったん中断したほど。お疲れさまでした!

クリックすると元のサイズで表示します
福田用のスタインウェイ。とても性格のいいピアノで助かった(^0^)/

クリックすると元のサイズで表示します
ダブルカルテット、ゴーヂャス!!いつか隊長ライブでも呼んで欲しい。

クリックすると元のサイズで表示します
なぜか楽屋廊下より低い位置にあるトイレ。入り口に向かって
階段がある。これ、入ろうとして転んだ人、結構いるんじゃないか?

クリックすると元のサイズで表示します
転んだ後この貼り紙を読んだら、相当ムカつく。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、お買い物に行ってきた姫。ちょっとあわてていたので、

クリックすると元のサイズで表示します
ゴボウと孫の手を間違って買ってきてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
なんて事だ!ゴボウじゃなきゃダメだ!と力説する落合くん。

クリックすると元のサイズで表示します
いやいや、ネギでもだいじょうぶ、と諭す菅原さん。

クリックすると元のサイズで表示します
そんなわけで今日はゴボウはありません、とメンバーに説明する加藤くん。

以上、コンサートを見ていない方には一切なんの事だか分からないと思います
(記述デタラメだし)が、この場はそれでよし、ということで。
ただ、今回のコンサートでも、この美しいパーシモンホールのステージに、
ママチャリや大根やネギの登場するコーナーがあり、そのコーナーの実現化にこそ
メンバーは例年のごとく最も力を注いでいた、という事は明記しておこう。
特に、加藤みちあきバンマスの努力は本当に素晴らしく、マジメに取り組みすぎたプレッシャーで胃痛にさいなまれていた(ほんとう)ほど。演技の素晴らしさも含め、大拍手。
ちなみに、この完璧なママチャリはストリングスチームの女性のもので、
彼女が家からホールまで乗ってきたもの。もちろん、落合先生の命令によりww。

そんなこんなでコンサートは無事終了。
アンコールで福田はデジカメを持ってステージに行き、写真撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
適当に撮ったワリに、めちゃくちゃいい写真が撮れてしまい、
ほぼ売り物にすらなりそうなので、あえて姫の顔にボカシ入れておきますw
ご容赦を。

クリックすると元のサイズで表示します
朝川さん、いいっす!!

クリックすると元のサイズで表示します
というわけで、また来年!!

2008/1/12

リアルタイムな情報(^o^)/  ライブ
きのう1/11、間々田優ちゃんの渋谷O-Crestライブ、無事に終わったんですが、予想通り物凄くよかったので、1/14(月:祝)の大阪ライブをマジメに告知しときます。

会場は心斎橋CLAPPER(住所:大阪市中央区心斎橋2-10-34 心斎橋ウエスト363ビル)
「Sonick Jr. VOL.1」というイベントで、間々田優ちゃんの出番は17:50から約30分間(全5曲)の予定。まあ、多少押すでしょうから、ざっくり18:00頃スタート、と思ってて大丈夫でしょう(あくまでも福田の勝手な予想w)。
時間のあるかたは、是非是非、一度見ておいてください・・・・というか、
多少の用事があってもすっ飛ばして見に来てください。本気で保障しますが、絶対に損しません

2008/1/11

2008 1/11,1/14  ライブ
突然ですが、福田は「トラ」(代役)でライブに参加することになりました。
で、この3日間は、ずっとリハ。昨日も「漁港」のイベント終わって23時からリハ。
イベントで飲んじゃったので、辛かった・・まあ、自業自得(>_<)

クリックすると元のサイズで表示します
アーティストは、間々田 優さん(写真一番左)。肖像権的に問題のないよう、
こんな写真ですがw、彼女、一言で言って天才
歌、物凄いです。うまいとかヘタとか、そういう次元ではなく、凄い。
どう凄いのかは、いっぺん聞けば分かります。
ライブは明日(っていうか、もう今日)、渋谷のO_Crest。
そして1/14には大阪の心斎橋Clapper。ともに30分ステージですが、時間のある方は是非どうぞ。聞いておいて絶対損はないです。
ちなみに福田はあくまでトラなので、この2回以外はやりません(^_^)/

2008/1/9

最近珍しくリアルタイム(^O^)/  イベント
さて、本日2008年1月9日は、
漁港2ndアルバム「FISH&PEACE」の発売日。

日頃から大変お世話になっているOPRTの原田専務の計らいで、なんと、
アルバム発売記念の記者会見が農林水産省内の水産庁記者クラブで行われた。いままで、
農林水産省で記者会見をやったバンドがあったか?
あるわけない!!(^O^)/

クリックすると元のサイズで表示します
というわけで、霞ヶ関の農林水産省へ。

クリックすると元のサイズで表示します
社会科見学かい!!

クリックすると元のサイズで表示します
なんと、守衛の方は「漁港」をご存知なのであった(ほんとう!)。

クリックすると元のサイズで表示します
さあ、どんどん入っちゃうよ!

クリックすると元のサイズで表示します
水産庁記者クラブに到着!

もっと詳しくレポしたいのは山々だが、これから福田、発売記念イベントに出かけますので、
詳細はまた後ほど。では行ってきますー(^ ^)/~

2008/1/8

back to 2007/12/7  イベント
この日は、日ごろから「漁港」がいろいろお世話になっている
OPRT(責任あるまぐろ漁業推進機構)の講演会&懇親会。

クリックすると元のサイズで表示します
会場は溜池山王にある「三会堂ビル」。三会、とは、農業、林業、水産業、
三つの第一次産業が一同に会する、という意味だそうな。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
世の中にはいろんな社団法人やら財団法人があるんだねえ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
会場。国会議事堂周辺と言うのは妙に道がだだっ広くてホントに分かりにくい。
余裕を持って出たはずなのに、危うく遅刻しそうになる。着いたら汗だく(>_<)

クリックすると元のサイズで表示します
講師の樫原さんは日本経済新聞の編集長。日本のまぐろ漁業の現状を
ご自身の取材に基づいて淡々と語られていたが、いかに日本の水産業が
危機的な状況にあるか、が、俺のような完全な門外漢にもひしひしと伝わった。
情報過多としか言いようのない日常の中で、ここまで危うい漁業の現状が
全く伝わってこない、という、我々を取り巻く「情報の偏り構造」に関しても、
我々はもっと意識的にならなければならない、と強く感じた。
例えば、銀座のブルガリのビルに四十数億円のダイヤモンドがある、なんていう情報は
実はほんとうにどうでもいい。でも、俺は「すでにそれを知っている」。
そして、日本の漁業従事者がたった21万人しかおらず、しかもその約半数が
すでに60歳以上だ、という事は知らなかった。更に、マグロ漁船の乗組員の
殆どが、いまや「外国人」なのだ、という事すら。反省。

いつか森田船長が言った。
「福田さん、1キロの蜆(しじみ)の卸値って幾らだか知ってますか。70円ですよ。1キロでたったの70円。それを俺が店で例えば250円から300円で売る。
そうすると、高い、って言われる。これは本当に高いですかね。だって、食べるものですよ。もっとどうでもいいことには簡単にお金使うんですよ、今の人は。でも、生きてく上で絶対必要な食べ物はとにかく安く買おうとする。これって変じゃないですか。
ウチが儲けを減らすか、生産者がもっと安く売るかしない限り、実は安売りなんて出来ないんです。」

そうか、安売りをするってことは誰かが泣いてる、ってことなんだ。
こういう「見方」は、少なくとも俺の頭の中にはなかった。
さらに。この考え方は、どう考えても「正しい」。
「漁港」というバンドを俺がとても大切に思う所以である。

クリックすると元のサイズで表示します
まずはとにかく、マグロ、食おう。

2008/1/7

back to 2007/12/5  イベント
クリックすると元のサイズで表示します
この日はウルトラマン大博覧会のオープニングレセプション。
六本木駅にばばーんとこんなポスターが貼ってある。

クリックすると元のサイズで表示します
赤系のライトアップにこのオブジェ。まあ、ウルトラって言えばすげえウルトラ。

クリックすると元のサイズで表示します
怪獣より数倍デカいビルの中に、無数の怪獣たちと、怪獣にまつわる思い出が
展示されているというのは、ある意味、象徴的だ。

クリックすると元のサイズで表示します
完膚なきまでにウルトラ系のイベントなのに、
いる人間が全然オタっぽくない、というのは
やっぱりちょっと妙。

クリックすると元のサイズで表示します
レセプション会場は物凄い人数でごった返し、取材クルーのカメラもそこここに。
「ウルトラ」関連のコンテンツ、というのは、経済的にまだ十分に価値がある、
という事なんだろう。まあ、なきゃ困るんだがw。

クリックすると元のサイズで表示します
会場から街を見下ろす。高い。これはすでに怪獣の視点ですらなく、
「神の視点」というやつ。少なくとも、ヒトはこんな高さに住むべきじゃない気がする。

クリックすると元のサイズで表示します
円谷プロダクションを買収したティーワイオーグループの社長の挨拶。
「ティーワイオーはウルトラマンを大事にします!」と繰り返し、
最後に、「ではみなさん、ご一緒に、シュワッチ!!」とスペシウム光線ポーズ。
一応書いておくが、ウルトラマンは実は「シュワッチ」とは言わないのである。
まあ、いいけど。

クリックすると元のサイズで表示します
それはともかく、この写真は相当スゴい!分かる人間だけ泣け!

クリックすると元のサイズで表示します
41年後の星川空港。これまた、分かる人間だけ泣け!

クリックすると元のサイズで表示します
飯島監督、いつまでもお元気でいてください(^O^)/

クリックすると元のサイズで表示します
それにしても美しすぎだ、南夕子さま!!

クリックすると元のサイズで表示します
涙。

クリックすると元のサイズで表示します
多分、ここに写ってる超基本的な怪獣たちの名前が全部分かるっていうだけで、世の人は結構引く。ワインの名前が分かるほうが怪獣の名前が分かるよりカッコよく、料理にウンチクたれるほうが特撮にウンチクたれるよりステキ、という風潮をなんとかせなならん!!
ムリか。

2008/1/7

back to 2007/12/4  イベント
久々のT1グランプリ。今回、特に友達関係は出場しないので楽屋で酒を飲みに行く
・・まあ、BGMを届けるついでに(^o^)/

クリックすると元のサイズで表示します
今回の会場は、新宿にあるプーク人形劇場。

クリックすると元のサイズで表示します
そう、かの有名な人形劇団の小屋。看板、カワユス!!

クリックすると元のサイズで表示します
さすがに、普段のメインの客層がちっこい子供たちだからだろう、
すごくこじんまりしてる。でも、すごくしっかりした作りの小屋。
若手のお笑いのライブにもよく使われるそうだ。
今回の出演者は、レギュラーのやかんくん、ぜんじろう氏のほかに、
青山夏樹さん(女王様),早川元啓さん(効果音ヴァイオリニスト),
ピコピコ・トムラアツシさん(怪獣ぬいぐるみマニア),日美野めいびさん(一輪車世界チャンピオン),大佑くん(ロックバンド/the studs ボーカル),元氣安くん(役者)。
the studsの美形ボーカリスト大佑くんの人気で、始まる前から入り口には女子の長い列。開場すると、小屋はあっという間に超満員、しかも若い女子の熱気で妙に華やいじゃって、なんか雰囲気が違うんじゃねーのか!?と思っていたのだが、トップバッターのガチンコおばあちゃんフェチ、元氣安くん(昔、かむゐに殺陣習ってました)のあまりといえばあまりに濃い話で、油断するとゲロ吐きたくなるようないつものアンダーグラウンド感が、無事、会場中を満たした。ビバ、元氣安!!でもなんにせよ、あんまりにも客席が込んでいたので、福田は途中から楽屋に引っ込んでひたすら飲み・・・っていうか、まあ、いつもの事。

クリックすると元のサイズで表示します
あ、ちなみに、一輪車世界チャンピオン(しかも、2年連続!!)の日美野めいびさん(右)は、一昨年の紅白歌合戦に「オールヌードに見えるボディスーツ」を着てDJオズマのバックでダンスを踊ってたかたです(^O^)/この日は残念ながら普通の衣装でした。

クリックすると元のサイズで表示します
楽屋に通ずる、なんか萌える廻り階段。すげえ小さい。
この小屋に閉じ込められて殺人鬼とかに追っかけられたらこえーだろうなあ・・・・
「アクエリアス」って映画、もう一回見たくなった。

クリックすると元のサイズで表示します
優勝は「怪獣ぬいぐるみマニア」のトムラアツシさん。
趣味でオリジナル怪獣の着ぐるみを作り続けている偉人。
普段はこんな風に大きな風呂敷に入って暮らしています。

2008/1/7

back to 2007/12/2,12/3  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
ActAgainstAidsの打ち上げ明けで、谷村姫のクリスマスコンサートのリハ。
今回は、いつものメンバー5人(Gtr加藤くん、Perc菅原さん、Violin落合くん、Bass竹下くん&キーボード福田)に、弦のダブルカルテット、桧山さん木戸さんというスタジオ界最強のコーラスチームを加えた大所帯!さらには、あややがゲストでCSの収録まであり。すげー眠いんだが、眠っちゃいられねー感じ(>_<)

クリックすると元のサイズで表示します
スタジオがけっこうぎゅうぎゅうなんで、キーボード二名は端っこのほうのエリアに
閉じ込められ状態。折角なんで姫の手元アップ。

クリックすると元のサイズで表示します
盛り上がると立ち上がって鍵盤をガシガシに叩く姫。

クリックすると元のサイズで表示します
でもって、弦を切る(ほんとう)。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ