2008/1/21

今年もそろそろ  映画
おしまい・・じゃなくて、去年の映画BEST10を書いておく時期だ。
年々、前の年に何を見たのか思い出せなくなっていくのが、
脳ミソの劣化を実に端的に証明してるなー、とか思いつつ・・・・

■BEST 10■

1、プラネット・テラー

去年は、誰がなんと言おうとこれが一番。
映画秘宝では「デスプルーフ」のほうが好き、という人間が多かったが、
多くのタランティーノ映画と同じく「デスプルーフ」は奇形的に面白い
のであって(その意味では俺も全くキラいではないけど)、どちらか、
といわれたら俺は迷わず「プラネットテラー」の王道を選ぶ。
こんなにデタラメに遊んでいて、でもちゃんと映画的に興奮できて、
オマケにヒロインもカワイイ、という作品は滅多にない。

2、パンズ・ラビリンス

またひとり、「大監督」に大化けしたオタが誕生。
去年、見終わって一番切なかった映画。映像もシナリオも素晴らしいの一言。
ギレルモ・デルトロ、とりあえずもうちょっと体重減らして、
長生きしてどんどん映画撮ってくれ。

3、バベル

毀誉褒貶の激しかった映画だが、俺はやっぱり好き。
聾唖の少女がクラブの中で聞く「世界」の描写だけで、この映画は
十分素晴らしい。ゆうばりの大画面で見れたのは、本当にラッキーだった。

4、ヒルズ・ハブ・アイズ

物凄く食いたかった料理がやっと食えた、みたいな感激。
砂漠に孤立した銀色のトレーラー、というだけで何故か燃える。
1971年の「わらの犬」のD・ホフマン以降、最も弱々しくてとりえのない
主人公の孤軍奮闘も泣ける。ハードホラーの究極的傑作の一本。

5、トランスフォーマー

映画館で2回、DVDで3回見た。俺はやっぱりお子チャマだ。
ストーリーはもうどうでもいい。このスピードと破壊の気持ちよさ!
CGを使ったアクションの、現状の「最高峰」である事は疑いようがない。
マイケル・ベイはこういう事をやらせるとホントにすげえ。
はやく続きが見たい!!

6、ハッピー・フィート

とにかく音楽のアレンジが素晴らしく、ペンギンがかわいい。
アクションシーケンスも秀逸で、そのへんのアクション映画は
全然かなわない。もっともっと評価されてしかるべき作品。

7、ザ・ザ・ザトゥーナ

映画祭では「シャ・シャ・ザトゥーナ」と紹介されていたが、
その後、中野貴雄監督の紹介文では「ザ・ザ・ザトゥーナ」となっていたので、
そちらにあわせておく。フィリピン産映画をそんなに見たわけではないが、
他の映画のレベルから考えると、この作品は明らかに図抜けていると思う。
なんとかDVDスルーででもいいから日本で見られるようになって欲しい。
本当の意味で明るく破天荒で、かつ実にヒューマンな魅力に溢れたファンタジー。

8、ウール100%

公開はもうかなり前だから去年のベストもなにもないのだがw、
とりあえず、福田が見たのは去年だったので。
富永監督のインタビューまでやったほど惚れこんだ映画で、
当ブログには登場しまくったのでいまさら説明はしない。
とにかく、一度見て欲しい。

9、スリザー

書くタイミングを逸してしまい、バカデミアに載せていないのだが、
久々に、これぞB級SF!な大傑作ホラーSFコメディ。
田舎町に落ちた隕石から出現した気持ち悪い宇宙生物が人間に寄生して、
どんどん気持ち悪い事態が起こりそこらじゅうグチャグチャ、という、
もう何度映画になったかわからないようなありきたりなお話なのだが、
実は根幹は「美女と野獣」。そんな事書かれても何のことだか
さっぱり分からないと思うので、是非ご覧あれ。「AVP2」の10倍は面白い。

10、リーピング

あまりにも意外に面白かったのでランクイン。
ユダヤの神様って本気で悪魔と区別つかないのねー、という
無宗教の人間が見ると最終的には本気で笑ってしまう作品。
CGチームの仕事がほんとうに素晴らしく、
ヒロインのヒラリー・スワンクが凄くいい。

次点

「そんな無茶な!」「デス・プルーフ」「ホステル」

■WORST 5■

1、最終兵器彼女
こんなものを見てしまった事を、思い出すだけで腹が立つ。

2、AVP2
エイリアンってすげーこえーなー、もしこんなおっそろしいヤツが
地球に来ちゃったらどうなるんだ?・・・・・という、
1978年の第一作目以降、世界中のSF映画ファン、ホラー映画ファンが
楽しみにしていた「夢」を無残にもブチ壊した最低作。
頼むからこの作品はなかったことにして、誰か作りなおしてくれ。

3、ゲゲゲの鬼太郎
怒るのもバカバカしいが、こんな全くビタ一文コワくない「妖怪映画」を
作って金を儲けてるヤツラは、全員ぬりかべに潰されてよし。

4、ハンニバルライジング

繰り返しになるが、頭いいフリをした大バカ映画。
ほんとうに底が浅い。

5、アイ アム レジェンド
原作のペシミズムを完全に無視したエンディングで、全てぶち壊し。
CGチームの仕事もいまいち。特に敵キャラが最悪。


追記:去年公開されて見損ない、今年になってから見た映画で
エラく面白かったのが「世界最速のインディアン」
もしこれを去年劇場で見ていたら、間違いなくベスト5以内に入っていたと思う。

更に追記:そういえば、今頃(1/25)になって、「アポカリプト」を見たのを思い出した。ベスト10を選ぶ時に思い出せなかったって事は印象に残ってないってこと、のような気もするが、実は物凄く面白かった。単に、福田の記憶力が著しく退化してるだけなのかも。とりあえず、マヤの神様に捧げる生贄にされそうになった若いインディオが逃げて逃げて逃げまくる、という、非日常的っていう点ではこれ以上非日常的な設定はなしの意欲作で、テンションの高さはピカ1。メル・ギブソンって、監督やるとホントにすげえ。

更に更に追記:で、これはDVDで見て、しかも時間がなくて二回に分けて見たのがいけなかったのか、ワーストを選ぶ時に思い出せなかったすさまじいクソ映画が一本。「どろろ」。ヒドさでいうと「最終兵器彼女」に匹敵しているが、結構ヒットしちゃった分「どろろ」の方が重罪。特にシナリオがほんっとにグダグダとくだらねえ。なんでこんなシナリオライターに仕事がくるのか全く不明。あ、ヒットするからかw。なんだか絶望的・・・・

2008/1/21

back to 1/14  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
大阪 心斎橋のCLAPPERで間々田優ちゃんのライブ。

クリックすると元のサイズで表示します
近所のタコヤキ屋でタコヤキ。ウマス!!

クリックすると元のサイズで表示します
リハ後、DAIZ CREATERにも参加している造形師の上野さんに会って
打ち合わせ。打ち合わせのついでに(・・・)、
なんばのフィギア屋さん「サイケデリア」へ。

クリックすると元のサイズで表示します
さすが大阪、怪獣率高し。

クリックすると元のサイズで表示します
普通のショッピングモールにあるショウウインドウとは思えんw。

クリックすると元のサイズで表示します
たまーに、やかんくんなんかが買う、いわゆる「当時モノ」。
それにしてもミステリアン星人78万は高いなあ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
ライブは無事終了。ブログで告知したおかげもあり、
福田関係で6人も見に来てくれました。ありがとうございます。
今回見損なった方は、是非次の機会にどうぞ(福田はいませんがw)。

クリックすると元のサイズで表示します
帰路、現在出ている「ぼくらの」全七巻(未完)を買って読みながら東京へ。
非常によく出来た作品だが、肉体と精神がここまで違う位相において
人間の「生死について」思い悩み、しかも一切統合されえない世界観、というのは
はっきり言って不快。
この不快感はおそらく確信犯的なのだろうが、エヴァなんぞ比ではないほど、
深く不愉快な作品であり、その圧倒的不愉快さにおいて極めてユニークな作品ではある。
少なくとも、俺の世代から見たら、世界も宇宙ももうちょっと肉感的なんじゃないの?と言いたくはなるし、「戦わない理由」をあらかじめ全部封じてある世界設定は片手落ちだし、「絶対戦わねばならないが戦ったら100%死ぬ」という閉塞感と逼迫感の中にあって、登場人物たちがある意味「普通にしていられる」設定そのものが、なによりも狂っていていたたまれない。さらに、その中で、結局は登場人物たちが「戦う理由」だけを探していくというストーリーの気持ち悪さは、どうにも好きになれない。

2008/1/21

back to 1/12  イベント
クリックすると元のサイズで表示します
再び「電気紙芝居」を見に六本木へ。心なしか前回より混んでいた。
個人的には、もっともっと混んでいていいと思うんだがなあ、
このイベント。

クリックすると元のサイズで表示します
飯島敏宏監督、いつまでもお元気でいてください!
(ピースサイン出してるのは桜井浩子さん)

クリックすると元のサイズで表示します
飯島監督にサインをもらって満面笑顔の天野博士。

2008/1/21

back to 1/11  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
渋谷のO-Crestで間々田優ちゃんのライブ。

クリックすると元のサイズで表示します
和服で裸足。

クリックすると元のサイズで表示します
正座して水を飲む娘。

2008/1/21

back to 1/9・・・の夜  イベント
水産庁イベントが終了後、福田はいったん仕事場に戻って仕事、
午後5時半にあらためて秋葉原Goodman入り。

クリックすると元のサイズで表示します
開場前のステージでは船長、加藤礼次朗氏、三原重夫氏らが談笑中。

というわけで、6時半からイベントはスタート。
福田は一応司会進行役的な立場で、かつ、夜の11時から間々田優ちゃんの
リハがあるので、あまり飲まないつもりだったのだが、
カメラマンの加藤さんが楽屋に泡盛を持ってきてくれちゃったので(きっぱり人のせいにしてます)一気に「つもり」崩壊。どんどん飲んでどんどん酔っ払い、結局、終了時には相当ヨレヨレ。
ふらふらしながらもその辺でラーメンとカレーライスのセットを食べ、リハーサルへ。でもそこは冬という季節の素晴らしさ、スタジオ(去年のAAAのリハをやっていた信濃町のMAC)につく頃にはすっかりシラフ・・だったと当人は思っている。

2008/1/21

back to 1/9: GOGO!水産庁  イベント
クリックすると元のサイズで表示します
このポスターに感動。それはさておき。

クリックすると元のサイズで表示します
なんか陳情に来た集団に見えるなw

というわけで、会見スタート。まずは船長の挨拶(原稿アリ)
クリックすると元のサイズで表示します

FISH&PEACEは「魚と平和」「海と人間」をテーマに
冷凍レコーディングした自信作です。

今日まで強いられてきた日本水産業会のストレスを少しでも
・・・いや目一杯、この作品(初荷)で和らげていただければ幸いです。

もともと人間は海から誕生した魚でございます。
我々の先祖に粗相のないよう、
常にプログレッシブな姿勢で魚食文化を訴えて行きたいと思っております。

FISH&PEACE! REVOLUTION with FISH!
今後とも漁港一同、よろしくお願い申し上げ鱒!!


クリックすると元のサイズで表示します
挨拶が終わると、やっと船長の顔に笑みが。
めっちゃくちゃ緊張してたらしい。
そりゃあそうだよなー、「お魚屋さん」が水産庁の記者クラブで
記者会見するって、完膚なきまでの総本山切り込みだもんなあ・・・
船長、お疲れ!!

クリックすると元のサイズで表示します
配られた資料を見ながら、記者の皆さんからはいろいろな質問が。

クリックすると元のサイズで表示します
たまには福田も答えます。
福田はあくまで「音楽レーベルの社長」として、
漁港がただ「マジメに日本の水産業界を考えるバンド」なのではなく、
本来つながるはずのない第一次、第二次産業とサブカルチャーを
平然とつないで存在している、圧倒的に稀有なユーモアのセンスに溢れた
バンドである事を強調。シモネタもシリアスも同一線上に存在する
ユニークな世界観をはっきりと表明しておいた。
「水産庁のお墨付きは欲しいですが、文部科学省の推薦は要りません」
だってロックだもん。

クリックすると元のサイズで表示します
こうして約30分間の記者発表は無事終了、記念撮影。
カメラがたくさんあるので、目線バラバラw。

その後、OPRTの原田専務にご案内いただき、水産庁内ご挨拶めぐり。
クリックすると元のサイズで表示します
まずはここ。沿岸課、沖合い課っていうのはあるんですか?と聞いたら、
「沖合い沿岸課」(あれ?逆か?)はあるそうな。

クリックすると元のサイズで表示します
課長さんにCDをお渡しして記念撮影。
撮影後の退出時に、オフィスにいた遠洋課のみなさんから
いっせいに拍手をいただきました。感動。

おつぎは
クリックすると元のサイズで表示します
表札、立派!

クリックすると元のサイズで表示します
どんどんCD差し上げてご挨拶&記念撮影。
しかし、これ漁港全員で写ってるからまだいいが

クリックすると元のサイズで表示します
ツーショットだとかなりヤバい。

クリックすると元のサイズで表示します
長官は残念ながらお留守だったが

クリックすると元のサイズで表示します
エレベータホールで次官(要するに副長官)の方にバッタリ。
CD手渡し!

クリックすると元のサイズで表示します
以上、水産庁めぐり、無事終了。
原田さん、ほんとうにありがとうございました!!

クリックすると元のサイズで表示します
ツーショットサービス。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ