2008/5/30

「ギララの逆襲」初号試写  映画
5/29、「ギララの逆襲〜洞爺湖サミット危機一発〜」の初号試写。

クリックすると元のサイズで表示します
雨にも関わらず、イマジカの第一試写室は超満員。
凄い熱気に、関係者もビックリ。なんだ、みんな、結局
怪獣好きなんじゃん(・・・)

エンディングロールが終わると、拍手が巻き起こり、なんと30秒以上続いた
びっくり!!!!!
ちなみに、関係者がたくさんいる初号試写だからって
常にこんな「熱い拍手」がおきるわけではなく、
むしろ、パラパラ〜っといかにもお付き合いな拍手が数秒で消えるのが普通。
少なくとも、福田はいわゆる関係者試写で、こんなに「持続力のある拍手」を初めて聞いた。「ギララの逆襲」、マジでイケる!?
いやいや落ち着け、この拍手は、文芸地下の怪獣映画オールナイトとか、ファンタとか、そういう時に起こる類の拍手。要するに、関係者でオタクの人がみんな喜んだ、というだけの事・・・いやいや、それでも、それって結構すげえ事じゃん!!?
などなど、福田、結構混乱。
でもまあ、とにかく、初見の方々の反応が上々だったのは確か。よかったよかった。

クリックすると元のサイズで表示します
打ち上げも凄い人数。監督、きぐるみで乾杯の音頭。

クリックすると元のサイズで表示します
今回エンディングテーマを歌ったデフスターのバンド「デブパレード」の
みなさんと。写真では4人だが、実際には体重100kg以上のメンバー
ばかりが5人集まったミクスチャー系ロックバンド。カコヨス!

クリックすると元のサイズで表示します
今回の映画は、特撮マニアが感涙にむせぶようなキャスティングが
多いのだが、その中でもこのツーショットは!!
説明したくないけどしておくとw、向かって左が、「帰マン」の
きくち英一さん。右が「マン」の古谷敏さん。
なんと、新旧のウルトラマンが握手してる!!絶句!!
ちなみに、映画中でこのお二人が出会うシーンはありません。

クリックすると元のサイズで表示します
こうなったらもう、我々はガキ状態なわけで。打ち上げ会場、軽いパニック。
全員の目線がバラバラなのは、いかにたくさんのカメラが
向けられているか、の証拠w。

クリックすると元のサイズで表示します
右は「日本以外全部沈没」でも超重要キャラを演じたジーコ内山さん。
左は「かにゴールキーパー」の時以来の「ユーバカ」登場となる
シナリオの右田さん(彼は河崎監督の次回作「ねこラーメン大将」の
シナリオも担当)お疲れさまでした!

■「ギララの逆襲〜洞爺湖サミット危機一発〜」公式サイトはこちら■

http://www.cinemacafe.net/official/guilala/

最初のページの中央(タイトルの下あたり)にある文字「作品情報」をクリックすると
次のページに飛んで、メインテーマが30秒ほど聞けます(^0^)/

ちなみにこの曲は、先日の福田のシンセセミナー「演奏の極意」でデモンストレーションに使っていた「ギララを倒せ!ギララ殲滅作戦(日本)」ではなく、映画のタイトルバックで使用されるメインテーマ「ギララが来た!」です。具体的にどう違うか、は、是非サントラ盤でご確認ください(要するに、買ってね、と言っておりますw)。

2008/5/29

高野二郎 遂に冥府魔道に入る!  イベント
T1グランプリ グランドチャンピオン大会。
じじぶうさんが仕事の関係で欠席、かわりに師匠の猫ひろしさんが参戦
することになったこの日の戦い。

クリックすると元のサイズで表示します
猫さんはプロなので、実質的な「審査対象」にはほぼなりえない。
というわけで、二代目グランドチャンピオンの座はこの4人の
「トーク素人」の間で競われることになった。それにしても
これ、どういう集団だ・・

クリックすると元のサイズで表示します
全員横並びに立つと、さらにもう何がなんだか分からん。

クリックすると元のサイズで表示します
というわけで、まずは猫ひろしさん登場。VTRを交えた、緻密に構成
されてるんだかされてないんだかよく分からないステージを展開。

クリックすると元のサイズで表示します
二番手 元プロレスラー ミヤマ☆仮面さんは、
リング衣装のままクワガタ愛と森林保護について熱く語り

クリックすると元のサイズで表示します
某大学院で数学の修士号取得、その後ヨーロッパにピアノ留学、
現在、盲目のM男優もみじさんは、
極めて理論的、かつクールに濃度1000%のM話を展開、
イジめてくれる女王様もちゃっかり公募、

クリックすると元のサイズで表示します
オリジナル怪獣作家ピコピコさんは、
絶妙な着ぐるみトークを途中で踏み外し、最後まで復活できず、
最後はヤケクソで会場に乱入して女の子に抱きつき

               クリックすると元のサイズで表示します
とまあ、そんな展開ののち、今度でT1グランプリ3度目のステージとなる高野二郎が登場。
マジでオペラ歌手廃業覚悟の激ヤバネタ(とてもじゃないがここでは書けない!)を引っさげたこの日の高野二郎は迫力が違った。
この自爆覚悟のテロリストのボスみたいな落ち着きを見よ!
シャベリネタだけでも十分お腹いっぱいのところに、トドメに「芸大に伝わる春歌」を3曲も熱唱。
とっくにノックアウトされている観客にさらマウントしてパンチを食らわすかのごとき展開で、場内は阿鼻叫喚の渦。この男、遂に冥府魔道に両足を突っ込んだ!

            クリックすると元のサイズで表示します
で。特別ゲストというかなんと言うか、この日は、スウェーデンから本国ではそこそこ名の知れている(らしい)お笑い芸人二人も登場。スウェーデンのTV番組の、「日本に一ヶ月滞在している間に、日本のお笑い界でどれくらい有名になれるか」という、まあ、「電波少年」みたいな企画らしい。はっきり言って、通訳とのコミニュケーションが全然うまくいっていなかったこともあり、「スウェーデンギャグ」はすべりまくり。全然面白くなかった。それでも誰もブーイングしないって、T1のお客さんってほんとに優しい。まあ、あまりにもダメダメな感じが、逆にT1愛好家のツボに入った、というのはたしかにありww。

クリックすると元のサイズで表示します
というわけで、審査発表。
当然のように高野二郎、優勝!!

クリックすると元のサイズで表示します
栄光のT1グランプリ 二代目グランドチャンピオンの誕生だ!
おめでとう!って手放しで言っていいのか!?

クリックすると元のサイズで表示します
なんにせよ、冥府魔道な男たちのツーショット。

2008/5/28

さあ映画観よっと  映画
DVDで「クライモリ デッドエンド」「パルス」「SAW4」を借りる。
オバカスラッシャー映画に徹した「クライモリ デッドエンド」の悪趣味ぶりはなかなか楽しめたが、黒沢清の「回路」をリメイクした「パルス」は、ウワサどおり、もうほんとにどうしようもない作品になっていて呆然憮然。せめて爆笑できるチープさとかスプラッターぶりとかでもあれば救いがあるのだが、それすらない。純粋に「ただの失敗作」。「SAW4」は、話が前作から普通に続いちゃっているので、観たらすぐ内容を忘れる最近の福田の脳にはちょっとシンドかった。これって、まだ続けるつもりかなあ・・さすがにもう飽きた。

クリックすると元のサイズで表示します
日比谷のスカラ座で観る。福田としてはなんでこの映画がスカラ座にかかるのか
よく分からずw。40年近く前にこのスカラ座で観た「ウエストサイド物語」のリバイバルがあまりにも衝撃的な映画体験だったこともあり、どうもスカラ座、というとミュージカル、とか、名作ドラマの小屋、という印象があるのだ。まあ、それはさておき。

福田はもともと「ランボー」シリーズに特別な思い入れはなく・・・と言うより、「怒りのアフガン」あたりの親レーガンっぷりは、サヨク福田としてはとても許容できず、絶対観るもんか、というくらいの存在だったのだが、今回の「最後の戦場」は「ロッキー」の最終作が思ったよりずっとよかった事もあり、スタローンが自ら演じるもう一人の超人気キャラクターの物語にどんな風に幕を引くのか興味があって、観てみることにした次第。
作品は「武闘派」スタローンの面目躍如で、とりあえず、ファンが観たいと思っている(に違いないw)ランボーらしさを全て見せつつ、最新のエフェクト導入で凄まじい戦闘シーンを圧倒的なスピードで展開して見せる。「超重量級の小規模戦闘」を容赦なくリアルに描くことで戦闘の恐怖と虚無感を表現するという、実に「年寄りの武闘派」にしか到達できない境地に達しているのが見事。ダラダラと長い作品が多い中で、90分であっさり終わってしまうのもよい。観終わって、もうちょっと長くてもいいんじゃん?と思った珍しい作品。

クリックすると元のサイズで表示します
映画秘宝で話題になっていた、タイのアクション映画「チョコレート」を、新宿のビデオマーケットでタイの正規版をゲトして観た。監督は「マッハ!!!!!」や「トムヤムクン」のブラッチャヤー・ビンゲーオ。主演はヤーニン“ジージャ”ウィサミタナンというたいへんにカワイイ女の子で、彼女は、日本のヤクザ(阿部寛が好演!結構長い日本刀アクションも見せる)と恋に落ちた敵対勢力の女性が生んだ娘で自閉症、という難しい役どころ。世界と自分をつなぐものが「武術」である、みたいな結構深い設定なのだが、基本的には彼女の素晴らしい「女戦士」ぶりを楽しめばよい痛快作。いやもう、さすが「マッハ!!」チームの作品で、とにかく殺陣が物凄い。ヤーニン・ウィサミタナンの動けること、と言ったらそれはもう圧巻で

クリックすると元のサイズで表示します
基本、蹴りはこんな!

クリックすると元のサイズで表示します
ジャンプはこんな(ノーワイヤー)!

クリックすると元のサイズで表示します
立ち姿も超カコヨス!(註:巨大女が出る映画ではありません)

で、この映画、クライマックスの戦いの凄まじさはとても言葉では書けない。とにかく、物凄ーーくアブないことをやっていてあきれ果てる。全スタントマンが真剣に命がけじゃないと無理・・ああいう撮影を日本でもがんばってやってくれ!!とはとても言えない(ほんとにアブないので)が、あれを実際にやっちゃってるタイのアクション映画には、どうがんばっても勝てない、のだけは確か。

日本公開は未定だそうだが、「少林少女」みたいな超テキトーな映画が拡大公開されて
こんな面白いアクション映画が公開されないというのは、どう考えてもデタラメ。
要するに、ほんとに面白いモノ、っていうのは自分で探すしかないって事なので、みなさん、是非この作品のDVDを探して、ゲトして、観てください。サイコーです。

2008/5/28

月曜日は  イベント
秋葉原のグッドマンでやかんくんとトークイベント。

クリックすると元のサイズで表示します
・・だったのだが、実はこの企画、福田としてはほぼ前日くらいまで
やるのかやらないのかはっきりした連絡を受けておらず、
やかんくんはやかんくんでこの日楽屋に来るまで普通にTVの収録だと
信じきっていて、お互い完膚無きまでに告知も集客もしなかった
(まあ、出来なかった、というのが正確か)。
そんな状況下で、ギターの弾き語りアーティスト2名の後、
午後9時過ぎにゆるゆると始まったトーク、なんとお客さんは二人くらいww。
それでもお店のスタッフや出演者のみなさんに向けて、「ギララの逆襲」ネタを
中心に怪獣トーク。自分達だけは十分楽しんだのであったww。

2008/5/25

サントラのジャケ  CD
クリックすると元のサイズで表示します
こんなです。
以下に、全曲名の情報もあり。↓

http://ec2.famima.com/cinema/guilala/

定価は3,058円。福田が当初想定していたより高いんですが、
そこは「19曲入り50分超え」の内容の濃さに免じてお許しをm(_ _)m。
と言うわけで、永久保存版と愛聴盤の2枚をお買い上げいただく事を
節に希望しますwww。

で、一部の方から「このサントラ盤は大頭屋で売るのでしょうか」という
ご質問があったのですが、じつはまだはっきりしません。
販売するかしないかの決定は、決まり次第このブログで発表しますが、
現状、7:3で「売らない」という公算が高いです。
最終決定はもうちょっとお待ちください。

2008/5/25

あかちゃんギララ  フィギア
福田もちゃんと劇場に行ってゲトしてきました(^0^)/
映画館(渋谷のシアターN)が開く一時間前くらいに行ったんですが、
主演の加藤和樹くんのファンの方々が結構並んでいて、いまさらながら今回の
キャスティングに納得w。

「あかちゃんギララ」つきの前売り券、家の近所の劇場では発売していないけど、どうしても欲しい!!という方がいらっしゃいましたら、info@daiz.tvにメールください。
若干数、確保してきましたので、送料はかかっちゃいますけど、先着順にお分けします。申し訳ないですが、お分けできる数はほんの少し、かつ、色はグリーンのタイプのみ、です。いわゆる「早い者勝ち」なので、欲しい方は大急ぎでメールしてください。数がなくなり次第締め切ります。よろしくですー!


↑上記の件、5/26 午前0時30分に締め切りましたー(^0^)/

2008/5/21

5/15〜5/20  映画
■5/15 ■

13時から、乃木坂スタジオでCDのマスタリング。曲数が多いのと、TD時間が十分でないせいでサウンドがあちこち荒れているのもあり、結構時間がかかる。18時過ぎに終了。その後、映画用BGMのAIFFファイルを西早稲田のスリーエススタジオに届けに行く途中、小腹がすいたので、ほぼ30年ぶりに早稲田の文学部の学食でカレーを食べてみる。30年前は100円で死ぬほどマズかった(特に米!)カレーが、250円ですげえウマくなっていた。確実に時は流れたのであった(あたりまえ)。

■5/16

映画用BGMを一曲追加録音。

■5/17 〜5/20

クリックすると元のサイズで表示します
MA。

クリックすると元のサイズで表示します
円谷プロの仕事も多いスタジオなので、ポスターとか

クリックすると元のサイズで表示します
フィギアとか、実に精神的に落ち着くスタジオ。

クリックすると元のサイズで表示します
スタジオの手前にはこんな卓。その向こうにスクリーン。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと追加録音もあり。加藤礼次朗氏のHPの運営をしている
在日三世のカン・ソンサくん(もちろん彼も正しく特撮怪獣オタ!)
監督の要請で、いきなり母国語で演技。どこで彼の声が使われるのかは、
映画を観てのお楽しみ・・っていうか、観れば分かるのか??・・いや、分かる。

クリックすると元のサイズで表示します
監督、仕事中。向かって右隣が、「ギララの逆襲」録音担当の
星一郎さん。後ろで腕組みをしているのが、スリーエススタジオ
の母体であるスワラプロの社長、伊藤克己さん。

クリックすると元のサイズで表示します
おふたりとも、この道50年(!)の大ベテラン。この方々の前では
福田も河崎監督も、まだまだワカゾーである。
休憩時間、星さんが「鉄腕アトム」の足音の効果とかを作ってる現場の話を
ニコニコ笑いながらし始めた時には、福田の脳みそはあまりの感動に
鳥肌だらけに!!!今度是非、あれやこれやのお話をテンコ盛り聞かせてください!

クリックすると元のサイズで表示します
突然ですが、合間にこんな映画観ました(ちゃんと映画館でね)。
福田のごひいき監督、アレクサンドル・アジャがシナリオと
プロデュースを担当したサスペンスホラー。
クリスマスイブに残業して、大急ぎで帰ろうと思ったOLが、
彼女に一方的に惚れているビルの管理人に閉じ込められちゃってさあ大変、
という、設定的にはリアルだしとてもコワく出来るはずの作品だが、
肝心の演出が粗くて全然盛り上がらず。ほぼ二人しか出てこない
登場人物の追いかけっこ映画なのに、お互いの空間と時間の関係がちゃんと
描けてないのだ。要するに、基本がなってない。なんでアジャ当人が
監督しなかったんだろう。結構期待値が高かったので、がっくり。

クリックすると元のサイズで表示します
これも観た。これは、ヤバい。ものすごーーーーく面白い。
「怪獣パニック映画」(と福田は分類w)としては、間違いなく映画史上に残る作品。
とにかく、シナリオ、役者の演技、SFXのバランスのよさが圧倒的で、そういう意味ではまさに「教科書的」なのだが、こんなヤワな表現では収まりきれないパワーあり。「ショーシャンクの空に」が認められすぎて「普通の監督」としてのイメージが強すぎるフランク・ダラボンが、SF・怪獣オタとしての才能を遺憾なく発揮した傑作中の傑作。

とまあ、こんな寄り道もありつつ、「ギララの逆襲」のMAは無事終了。
関係者のみなさま、お疲れさまでした!

クリックすると元のサイズで表示します
かくして「ギララの逆襲〜洞爺湖サミット危機一発〜」は完成したワケだが、
いったい、最終的にどんな作品になったか、と言いますと。一言で言えば、いかにも河崎監督作品な「大怪作」に仕上がった。面白いか面白くないか、と言えば、間違いなく面白い・・と言うか、これを観て、「つまらない」というのは相当ムズカシいはずw。
なおかつ、誤解を全然恐れずに言うと、ここまで「どう観ればいいのか悩む」映画も滅多にないだろう。と言うわけで、みなさん、是非観て、大いに翻弄され、当惑してください。でも、当惑している自分に疑問を感じないでください。それがヒトとして自然ですw。

今回、スタッフとして参加した福田は、以下の四点だけは絶対保障しておきます。

1、ギララはとても可愛い。
2、加藤夏希ちゃんの演技が素晴らしい。
3、音楽、すげえいいよ。あえて自画自賛しとくけどね!
4、「ギララの逆襲」のタイトルバック周辺の高揚感はヤバい。
特撮・怪獣オタは、ここで燃え尽きてよし。
そうじゃない人の事は知らん!

写真の「赤ちゃんギララ」がもれなくもらえる前売り券(なんと1300円!)は
以下の劇場で5/24から発売されるそうです。

【札幌】スガイシネプレックス札幌劇場 011-251-3802
【旭川】ディノスシネマズ旭川 0166-21-1233
【苫小牧】ディノスシネマズ苫小牧 0144-52-1214
【函館】シネマアイリス 0138−31−6761
【江別】ワーナー・マイカル・シネマズ江別 011-381-3866
【釧路】ワーナー・マイカル・シネマズ釧路 0154-36-5533

【東京】新宿ピカデリー 7月オープン(全国共通特別鑑賞券は丸の内ピカデリーにて販売致します)03-3201-2881(丸の内ピカデリー)
【東京】池袋シネマサンシャイン 03-3982-6101
【東京】シアターN渋谷 03-5489-2592
【東京】銀座シネパトス 03-3561-4660
【神奈川】川崎チネチッタ 044-223-3190 
【愛知】センチュリーシネマ 052-264-8580 
【大阪】シネ・リーブル梅田 06-6440-5930
【兵庫】シネ・リーブル神戸 078-334-2126
【福岡】シネ・リーブル博多駅 092-434-3691

さあ、ゲトに向かえ!!

2008/5/17

Back to 5/13  音楽
いよいよトラックダウン最終日。
順調に進捗したものの、やはり作業は深夜に突入。

クリックすると元のサイズで表示します
なかざとさーん、もうすぐ朝ですよー

クリックすると元のサイズで表示します
まあ、こんなのは日常茶飯事・・なんですがw。

結局フリーダムスタジオでの作業は5/14の朝7時に終了。
自宅に戻って8時、風呂に入って9時。さあ気持ちよく気絶しよう、と思いつつも
一応一回全曲プレイバックしてみたら、どうしても気になる部分を数箇所発見。
すぐに中里さんに電話して、13時ごろ行くのでリテークをしたい旨お願いする。
中里さんが快諾してくれたので、2時間ほど仮眠してスタジオに戻り、2時間ほど
リテーク作業。15時半ごろ終了して自宅に戻り、再び全曲プレイバック。
すると、まだ気になる曲があるので、結局一曲丸々録音しなおし、自宅でTD。
翌日のマスタリングに備えてのデータ整理も含め、全作業が終了したのは
5/15の午前3時だったとさ(^0^)/

2008/5/17

Back to 5/12  映画
この日もトラックダウン作業の前に、追加の楽器ダビング。
まずは古村くん登場。

クリックすると元のサイズで表示します
            あいよ。     よろしくですー。

クリックすると元のサイズで表示します
                いやー、うまいもんだべさー。

クリックすると元のサイズで表示します
             俺はリアル系が好き。


クリックすると元のサイズで表示します
引き続き、矢野晴子ねーさん登場!

クリックすると元のサイズで表示します
                いやー、この人もうまいもんだべさー。

クリックすると元のサイズで表示します
        私はこのコ、好き!

クリックすると元のサイズで表示します
      サービス、サービスぅ!!

二人は別々の曲に参加してくれました。
どこにどんな風に参加したかは7/2まで秘密。

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに、古村くんやはるちゃんみたいな「普通の人」にとっては、
リアル系の方がはるかに高価に見えるそうですw。
実際には、左のエクスプラスギララは4000円くらい。
右のマルサンギララは1万円。

この後、延々TD作業。でもまだ明日があるので午前0時には終了。

2008/5/17

Back to 5/11  音楽
延々自宅作業が続いてきた「ギララの逆襲」サントラ制作もいよいよ大詰め。
この日からフリーダムスタジオでのトラックダウンを開始。
でも、その前に、ちょこっと追加曲の録音。

クリックすると元のサイズで表示します
高野二郎くん、フルートで参加。「ジュラン ジュラン」のライブで
その実力を確認してはいたが、今回、完璧にレコーディングレベルの
腕前である事がはっきりした。さすが芸大、副科のクオリティも高し(^0^)/

クリックすると元のサイズで表示します
続いて高野二郎くんの弟子、山岸由香さんがボーカル入れ。
一体どんな曲が追加になったのか、は7/2のサントラ発売まで秘密。
で、さらに、その曲が一体どんなシーンで使われるのかは7/26の
公開まで秘密w。

クリックすると元のサイズで表示します
この後、数曲をTDして、午前0時ごろこの日の作業は終了。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ