2008/11/13

ワロタ・・・  
中華人民共和国で、公式に「口パク」が禁止されたそうな。
北京オリンピック開会式の例の口パク騒動に端を発したワケだろうけど、
いやー、この話、福田には結構感慨深いものがありまして。

あれは確か1992年。爆風スランプで北京に行った時、中国国内のロックバンドは大きいコンサートでは「口パク以外で歌うことは禁止」されてたんだよ。この頃は中国の中央政府にとってまだ「天安門事件」の記憶が生生しくて、「ロック」は十分危険な音楽だったのね。だから、ロックシンガーが公の場でいきなり「危険な事」を言い出したり歌い出したりしないように、口パク以外は認められてなかった。
実際、当時、天安門事件を批判する楽曲を発表してた爆風スランプは当局のブラックリストに載ってて、3万人の観客を動員した北京ラジオのイベントの本番途中、中野くんと河合くんが1曲目のイントロでいきなり「予定にない動きで観客席を煽りにいった」だけで、2曲目のあたまからメインPAをカットされた(日本側のエンジニアは羽交い絞め!)。要するに、見事に「弾圧」された。武道館の3倍はデカい巨大体育館でのライブの3曲目は、ドラム生音、ちっこいギターアンプとベースアンプとキーボードモニターの音だけで演奏。中野くんは完全にオフられたマイクで熱唱。当然何も聞こえず。この事態に怒った観客の怒号の物凄さは一生忘れない。
あれから16年。今回決まった「営業性演出管理条例」は

>>>いわゆる「口パク」を「偽唱」、「偽演奏」と呼び、「出演者がステージに出ていながら、(実際に会場に流す音楽には)事前に録音した歌唱や演奏を用いて、聴衆をだます行為」と定義した。(中略)「口パク」行為が発覚した場合、主催団体、出演団体、出演者の実名を公表し、2年以内に同様の行為があった場合には、出演者を含め「営業許可」を取り消すことが盛り込まれている。今回、意見を募集する細則では、それ以外の具体的処罰法が定められるとみられる。<<

中央政府にとって「危険な音楽」なんかもうすでにどこにもないってことなんだろうなあ。
いやー、変れば変るもんだ。

ちなみに。
福田は、北京オリンピックの口パクにはなんの問題も感じない。
西側メディアの代表とも言えるAP通信やニューヨークタイムスは、「中国の完璧さの追求は子供をも巻き込んだ」みたいな批判をしてけど、ハッキリ言って的外れもいいとこ。オリンピックの開会式はあくまで「ショウ」であって、「ショウビズ」の観点から言ったら口パクにしたのは正解。だってモニターの状況とかから考えて、そのほうがはるかに安全だもん。絶対にミスれない局面なんだから、俺がプロデューサーでもあの現場では口パクを選択したと思う。それに対する非論理的な批判には真っ向から反論すべき。というわけで、結果的に西側のワケのわからん批判に気をつかったカタチの今回の条例制定は、福田からすると、一言、バカみたい。

2008/11/8

なんだとお!?  fukuGの独り言(コメント可)
          クリックすると元のサイズで表示します
もと幕僚長どの!「論文」読みました!スゴすぎです!とにかく、あまりにもなんの「論証」もない!驚愕いたしました!あれは単なる「感想文」と言うべきだ
と思いますがいかがでしょう!「感想文」を「論文」として第一席に選出した企業の度胸にも驚嘆です!

とにかく、もと幕僚長どのは、「関東軍ほど素晴らしい統治軍はなかった」とおっしゃる。おそらく、もと幕僚長どのは、関東軍影佐禎昭大佐の指揮のもと、里見甫が中国の犯罪組織チンパン、ホンパンと組んで「里見機関」を設立し、アヘンやモルヒネを大量に密売、日本軍の戦費に充てていた事などは百も承知の上でそうおっしゃるのでありましょう。自分がこうと思ったら、国際犯罪組織まがいの行為も棚にあげて堂々褒める!!私のような凡人には考えもつかない営為で、ただただ惧れいった次第であります。そういえば、もと幕僚長どのは、「自説が発表できないなら北朝鮮と同じだ!」とおっしゃられていましたが、関東軍がやっていたことこそまさに北朝鮮と同じではないでしょうか。はい、では、心を込めてもういちど。ふざけんな!!

2008/11/8

すでに時遅し??  fukuGの独り言(コメント可)
           クリックすると元のサイズで表示します
凶悪犯罪が増えてるからしょうがない・・・って、実は、なんの根拠も無い「宣伝」だって、知ってる?日本で最も殺人事件が多かったのは1954年。事件数はその年をピークに、やがてその三分の一以下に落ち着き、現在もほぼずっと変らず。検挙率も実際は変っていない。なのに、防犯カメラは莫大な数に増えてる。
みんな、ダマされるなよ。

2008/11/5

音楽家が音楽著作権料で食う、という事  音楽
連日の小室くん報道で繰り返しTVに登場する「音楽著作権」というコトバ。
実は、何度かこのブログでも紹介したことのある「FIRE PLAYER」で配信をしてもらう予定の若いミュージシャン二人に、数日前、著作権契約に関して延々と「講義」したばっかりなので、ちょっと変な気分である。あれって、昨日からの騒ぎに関する一種の予知??とかちょっと思ってしまう福田はやっぱりバカ。

まあ、それはさておき。報道を見ていると、「音楽著作権」というのが、基本的にビッグマネーを生むもの、みたいなニュアンスで語られているが、そのへんはすげえ誤解。
一応、ここでリアルにw解説しておく。

例えば。定価3000円のCDアルバムの全曲(1曲でも50曲でも同じ、とにかくそのアルバムに収録された全曲)を作詞作曲した場合、作者が手にする「レコード印税」はわずか6%。要するに、単純計算で180円しかない。こんなに印税率の低い国は珍しい。逆に言うと、180円で買い取られたものが3000円で売られるわけ。買う側だって、なんじゃそりゃ、と思うでしょ。本当は、「ジャケット控除」(メーカーがジャケットを制作するために使った経費は、問答無用で「定価の10%」として換算され、控除される)とかワケのわからんものが定価から天引きされるので、印税額はもっと少ないんだが、まあ、それは置いておいて。
とにかく、この計算だと、1万枚売れて、入ってくる印税は最大で180万円。
え、けっこうおいしいじゃん?とーんでもない。CDが1万枚売れるって、実はすげえ大変なこと。最近じゃあ、メジャーが出しても1000枚しか売れないアルバム、なんてごろごろしてる。セールスが1000枚ってことは、作者の印税は「最大で」18万円。ほーら、いきなり地味な感じでしょ。しかも!この印税を「全額」受け取る方法は、作者が「個人信託」というやり方でJASRACと直接契約を結び、楽曲管理を依頼するしかない。しかし、この「個人信託」をJASRACと結ぶにはけっこう高いハードルがあって、少なくとも、「これからCDデビューします」という新人は、絶対にJASRACと直接契約を結べないようになっている。まあ、誰でもJASRACと信託契約が結べちゃうとなると、「わしゃー趣味で100曲ばかり曲を作ってみたんですがの、おたくさんで管理してもらえませんでしょうかの」みたいな困ったケースにも対応せざるをえなくなるので、当然と言えば当然。というわけで、なにがしかの楽曲を書いてデビューする全ミュージシャンは、かならず「音楽出版社」と「著作権契約」を結んで著作権を譲渡することになるわけ。ちなみにこの「音楽出版社」という名前は、この世に「録音物」が存在せず、作曲家が譜面で楽曲を発表していた頃の名残。コピーライト(複製権)というコトバは、譜面を印刷して販売する権利、から来ている。音楽出版社は、作者から著作権の譲渡を受けた見返りに、その楽曲の「利用と開発」=プロモーションを積極的に行わなければならないのだが、実際には、著作権だけ手に入れてあとはな〜んにもしない、という、単なる「中ヌキ機関」になっているケースも数多い。もちろん、マジメな会社もたくさんあるけどね。さて、昨日も書いたけど、出版社と契約をした時点で「楽曲の著作権」は出版社のものになるから、作者はJASRACが徴収したお金を出版社から「分配金」として受け取るしかない。最近のTV報道だと、この分配率は出版社50%作者50%、とされているが、作詞作曲の両方をした場合は、まあよっぽどの事が無い限り、作者が8/12(作詞分4/12、作曲分4/12),出版社が4/12という比率で分配される(分母が12なのは、いろんな分配比を設定しやすいため)。なので、CDが1000枚売れた時、「アルバム中の全曲を作詞作曲した作者」が受け取れる印税は最大で12万円(18万円の2/3)。うーん、ますます地味な感じ・・・。でもね、これは、あくまで、「アルバム全曲を作詞作曲した」という場合。要するに、ピンのシンガーソングライター(死語・・)に多いケース。今度は、職業作曲家として、あるアーティストのアルバムに一曲だけ曲を書いてください、と頼まれた場合について考えてみる。このアルバムは10曲入りで、全曲を違う作詞家、作曲家が担当する=同一アルバム中に10人の作曲家と10人の作詞家が存在する、としよう。すると、「1曲の作曲だけ頼まれた作曲家」が印税として受け取れるのは12万円の1/20、つまり6000円(実際にはここからJASRAC手数料と源泉税が引かれるので、手元に来るのは5000円ちょっと)。うひょー。3日徹夜で作曲して、何度もディレクターにダメだしされて、精神ボロボロになってやっと完成した曲だったのにね・・みたいな。まあ、ありがちな話(@_@;
もちろん、いま書いたのはあくまで「レコード印税」に関してだけで、これに、楽曲が配信されて生まれる印税、カラオケで使用されて生まれる印税、TV、ラジオなどで使用されて生まれる印税(こういうものを全て、楽曲の二次使用料、と言います)などが加算されて分配されるワケだが、例えば数千枚しか売れないCDの楽曲が「第三者によって利用」される機会は当然そんなに多くないので、結局大した金額は生まない。要するに、まあ当たり前の事なんだけど、楽曲が「ヒット」しない限り作曲家も作詞家もとてつもなくビンボーであり続ける、ということだ。福田の経験で言うと、「作家」(ここでは作曲家や作詞家を指す)が「印税収入を中心に食っていく」というのは、万馬券を引き当てたり宝くじで特等を引き当てるより困難。要するに「すげえツイてるヤツしか生き残れない」のがこの世界。え、実力?もちろんそれもある。でも多分、ツキが8割、実力2割。なんかムナしいけど、それが現実だと俺は思う。

しかし、それにしたって。小室くんみたいに、それこそ宝くじの特等を100回連続で引き当てちゃいました〜!みたいなケースは、確率論的に「ありえない」。彼が、いったん手にした莫大な金をわずか10年の間に見る見る失っていった、というのは、あまりにも偏った確率の修復に「宇宙の力」(そらのちから)が働いたからなんじゃなかろうか。うわー、これだけ書いてOMRオチかよ。スマンm(_ _)m

註:OMRオチ、の意味が分からなくても気にしないようにw。

2008/11/5

「アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない」  
なんの利害関係もありませんが宣伝しちゃいます(^0^)/
みんな、是非買って読みましょう。1000円だよ〜!!


クリックすると元のサイズで表示します
CCM(コンテンポラリークリスチャンミュージック)??
ジーザスキャンプ??
バイブルベルト??
電気自動車は完全に実用化されてたのに、潰されてた??
ミッキーマウスを十字架にかける牧師??
スティーブン・コルベア??
共和党の大統領候補、マケインってどんな人??

・・・などなど、日本の電波メディアが全然取り上げない「アメリカ合衆国」の現実が、
明解、的確な批評精神に基づきつつ、ユーモアも交えて書かれた傑作コラム集。
とにかくめっちゃくちゃに面白い!

クリックすると元のサイズで表示します
この本を読むと、「なんかよく知っているような気がしているアメリカという国」に関して、我々がいかに何にも知らないか、という事がほんとうによくわかる。
そして、我々が日々受信している情報が、いかに一面的であるかも。
例えば。今日のアメリカ大統領選の特別番組を見てたって、共和党のマケイン氏がどんな政治家で、いままでどんな功績を残してきたか、は一切報道されない。実は彼が極めて高潔で立派な政治家だったんだ、という事実を、福田はこの本を読んで初めて知った。マケインさん、ごめんなさい。ブッシュのせいですっかり分からなくなってしまったが、共和党にだって立派な政治家はいるのである(あたりまえ)。そういう事をキチンと伝えず、副大統領候補のアラスカ州知事のドジネタばっかり繰り返してみせる日本のTV報道、実は「報道」の名にすら当たらず、とさえ思う。
そう、これは、「アメリカ人」のさまざまな「無知」について書かれた本だが、
同時に、我々日本人の無知を知らしめる本でもあるのだ。必読っす!!

2008/11/4

あらら、小室くんが・・  音楽
詐欺罪で逮捕ってなに??
ハッキリ言って彼の作る音楽をいいと思ったことは一度もない。断言するがアレンジも演奏もきわめて適当だし、「ああ、あんなもんで大金持ちの大プロデューサーになれるんだ!」というとんでもないカン違いを90年代の日本の音楽を志すワカモノに植えつけたという点では、功より罪のほうがはるかにデカい、とずっと思ってきたし、ことあるごとに明言し続けてきた(まあこれに関しては当然異論反論もあるだろうが、例えばダブルミリオンの「愛しさと切なさと心強さと」のアレンジのデタラメさ加減に関してはいくらでも解説できる。あれを手本にしてアレンジャー&プロデューサーを目指した人間が多分何万人もいるんだろうな、と思うと泣けてくる)。
しかしそれでも彼は一応「同業者」である。大学も同じ。見た目も年収もあまりにも違うがw、年齢も殆ど同じ。なにより、福田がずっと携わっているAAAin武道館の発起人でもあり、2001年には12/1の武道館にも来てくれた。ちょこっとだけ挨拶もした。その彼が「サギで逮捕」となると、予想外にショックだった。

事件のあらましはテレビ、新聞、ネット上に渦巻いているが、「806曲の著作権はすべて自分が所有している」「過去の作品フルセットになってることに価値が出る」と言って、知人のお金持ちのシャチョーさんに10億円で売却をもちかけ、5億円騙し取ったそうな。
うーん、実にムチャな騙しである。幼稚すぎ。メジャーメーカーから発売される楽曲の著作権は、著作者人格権を除き、発売時に著作権譲渡契約によって出版社に全面的に譲渡される。要するに、この契約を結んだ時点で、作者が「著作者」であることは変わらないが、複製権、上演権、譲渡権、などなどを含む「著作権」は作者から離れる。だから当然、その契約下に置かれた「著作者」は、著作権の他人への譲渡なんか出来ない。もちろん、出版社との再契約によって全部の著作権を小室くんが買い戻していれば別。だが、実際にはそうなっていないのだから、例えば話を持ちかけられた側が、「代金」の入金後に「著作権の譲渡に関する契約書」かなんかを小室くん側から受け取って、実際の楽曲著作権の所在を確認しようとすれば一発でウソがバレるしかも100%の確率で。つまり、サギとしては、あまりにもお粗末、というか、巧妙さに欠け、「企画」そのものが極めて変でありえない。だって、会社ぐるみ(or ブレーンぐるみで)、絶対にすぐに「これはサギだ!!」とバレるサギを仕掛ける、なんて事がありうるだろうか?5億円騙し取った時点でさっさと姿を消す、というのならまだしもね。今回の「犯人グループ」がそこまでバカだとは、福田にはどうしても思えない。これはほんとうに個人的な意見だが、どうもこの逮捕には別の狙いがあるような気もする。それがなんであるか、とは敢て言いませんが(これについて、コメントで質問してこないでねw。されても一切答えないけど。)

これからしばらく、マスコミではいわゆる「落ちた偶像としての小室哲哉」たたきが続くんだろうな。堀江くんの時と同じ。すでにさっきやってたもん、華原朋美とふたりで海外便のファーストクラス借り切ってた、とか、世界中にスタジオと家を持ってた、とか。その時点では物凄い金持ってて普通にそれが出来てた、ってだけの話なんだから、そんな事はどうでもいいじゃん。ただの盛者必衰ってやつ。とにかく、いままで諸手を挙げて彼を賛美してきたマスコミには、自制心を持ってほしい。あんまり「弱者」を叩くな。書くだけムダだろうけどね。

なんにせよ、1990年代音楽バブルの残滓はこうして完全に消滅した。
「失われた10年」の、「あらかじめ失われていた音楽」の残滓、ではあるが。
そして、残っていくのはポポポポか、鼻毛ボーか。相変わらず、イヤなご時勢だねぇ。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ