2009/2/8

ところで  映画
誰でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

2009/2/8

中春 こまわり君  アニメ・コミック
         クリックすると元のサイズで表示します
加藤礼治朗氏から更なる推薦図書。山上たつひこの代表作「がきデカ」の正統的続編で、「マンガ表現の可能性を今更のように思い知らされた作品。素晴らしい!」との熱い評価に、福田、ワクワクして購入。当然のように、一気に読んでしまった。42歳の「中年サラリーマン」になった山田こまわり君が、ある時は昔ながらの超変態的スーパーマンとして、ある時はきわめてノーマルな社会人として活躍する、非常に完成度の高い作品。山上氏は一時、マンガ家としてではなく「小説家」として活動していた時期があり、マンガ家の活動を再開してからも、「きわめて小説的なニュアンスを持ったマンガ」という、他に類を見ない作風の作品を発表していたが、この「中春こまわり君」はまさにその範疇に属する。犬が普通にスシ屋だったりする「マンガ世界」の中を、丹念な心理描写と稀有な画力で描き出されるきわめてリアルなキャラクター達が、実に人間臭く交錯する。この驚嘆すべきユニークさだけでも十分読む価値があるが、ストーリーも非常に面白い。もちろん、かつての「がきデカ」を読んでいたほうがはるかに面白い部分は多いが、今回収録された中で物量的に最も長い「斬」という中編は、「がきデカ」を知らなくても全く問題ない「ヒューマン(ブラック)コメディ」の傑作。是非一度読んでみて欲しい。それにしても、あのこまわり君がちゃんと結婚して子供までいるとはなあ・・・時間は流れたねえ・・・


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ