2009/3/30

水道橋  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
3/29は水道橋でBeatNutsのライブがあった。反対側の出口で出てしまい、ちょい迷う。

クリックすると元のサイズで表示します
こっちで降りればよかったんだよなー。実は、福田が通っていた竹早高校は
ここからも歩いて行ける。たまに、学校の帰り、友達やガールフレンドと
ゆるゆる後楽園のあたりを抜けて、水道橋駅のこっちの出口まで歩いた記憶あり。

クリックすると元のサイズで表示します
けっこう繁華街から離れたところにある「東京倶楽部」。
基本的にいわゆるJAZZ系のライブハウス。

クリックすると元のサイズで表示します
夜になると、それなりに雰囲気ありw。

クリックすると元のサイズで表示します
福田はもともとJAZZは好きじゃない・・というか、もうちょっと正確に言うと、JAZZという音楽そのものが嫌い、なのではなく(まあ、大して好きではないのは確かだが)、「JAZZという音楽の周辺に存在する様々な記号」が好きじゃないのである。それは例えば、グラスに注いだバーボンだったり、オシャレな男女の会話だったり、タバコの紫煙だったり、都会のイルミネーションだったり。なんだか知らないが、そういう記号に対して、福田はイラっとするw。もうちょっと端的に言うと、かつて一世を風靡した「わたせせいぞう」的な世界観に対して、ムカつくのである。なんでなのかよくわからないが、多分そういったものは、怪獣やホラーと完全に対極だからだろう。なのに、福田はこういう店に出演して演奏したりする。人生は不可解である。

2009/3/30

キム・ヨナってすごいなー  スポーツ
普段はフィギアスケートなんて見ないんだが、たまたまTVをつけたら、ものすごいスケーティングをしている東洋人の女子がいて、完全に見惚れた。とにかくスピードがすごいし、表現がシャープ。ジャンプも素晴らしい。かつ、全体の演技が艶やかで、いい意味で色気がある。エンディングまで、ほとんど瞬きも出来ない感じで見てしまった。なんじゃこの女子、日本人にこんな選手いないよね、と思ってたら、韓国のキム・ヨナという(・・なんて書くまでも無いほどのスーパースターらしい:無知w)選手だった。日本の浅田真央の演技は何度か見たことがあるが、ちょっと総合的に「表現者としてのレベル」が違うんじゃね?そしたら、なんだか物凄い点数が出たらしく、会場もTVも大騒ぎになってました。あとで調べたら、浅田選手と同い年なんだってね。とにかく、まだまだ若いのに、あの表現力はすげえ。これから彼女の出るスケートの試合は見ることにしようっと。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ