2009/4/27

昨日は  イベント
まず、スーフェス。

クリックすると元のサイズで表示します
前にもちょっと書いたが、福田は「ウルトラセブン」にあんまり思い入れがない。
「ウルトラセブン」が放送開始された1967年の10月には、福田は2学期末を迎えつつある小学校4年生。もちろんまだまだガキンチョもいいところだが、それでも徐々に「大人の匂いのするもの」に憧れ始め、いわゆる「TV特撮モノ」から精神的に卒業しつつあった、というのがその原因の一つだろう。さらに、はっきり言って、「ウルトラセブン」の中途半端にシリアスな(というか、明らかにロジックが穴だらけなのに雰囲気がシリアスで暗い)SF世界観があまり好みではなかった。また、同世代のマニア諸氏が激賞することの多いこの作品の「円谷特撮」に関しても、特にミニチュアワークの面で、例えばアメリカの「原子力潜水艦シービュー号」やイギリスの「サンダーバード」などには完全に負けていたし、特に劇場で「ミクロの決死圏」のような傑作SFを見てしまった後となっては、「ウルトラセブン」は、なんだかちょっと「情けない」雰囲気の漂うお子さま向けTV番組に過ぎなかった。そんなわけで、福田は、明けて1968年の冬ぐらいから「ウルトラセブン」を平然と見逃すようになり、春過ぎには、全く見なくなってしまった。なので、実相寺監督の傑作「第四惑星の悪夢」も「円盤が来た!」も本放送の時には見ていない。これに関してはとても後悔している。

クリックすると元のサイズで表示します
それでもこの莫大な量の資料をどーんと見せられると萌えてしまう。

クリックすると元のサイズで表示します
もちろん、西村さんの「私物」w。

クリックすると元のサイズで表示します
すっげー、欲しい!とか思うっちゃうんだよ、別に好きじゃないのにさーw

クリックすると元のサイズで表示します
画面はハメコミ合成です・・・ウソ、ただの写真。
この銀色の時計ベルトがいいよなー、おとーさんぽくて。

クリックすると元のサイズで表示します
こっ、こえーチブル!でもこの画、マジで欲しチブル!

とまあ、福田自身はあんまり盛り上がらなかったのだが、一般的にはウルトラシリーズ中で最強の人気を誇るのが「ウルトラセブン」。モロボシダン役の森次晃嗣氏、友里アンヌ隊員役の菱見百合子さんを迎えてのトークショーには物凄い人数(多分、いままであったどのトークショーとも比較にならないほど)の観客が押し寄せ、凄まじい熱気でした。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、フェス終了後は、神保町の学士会館でこういうイベントが。

クリックすると元のサイズで表示します
「ゴールデングローリー賞」というのは、「日本映画批評家大賞」の中の賞の一つ。
今回は、日本映画界(特に特撮の分野)における桜井さんの様々な功績に対して送られた。

クリックすると元のサイズで表示します
いつものメンバーもご招待いただきました。

クリックすると元のサイズで表示します
「世界戦の記者発表のときも、矢吹丈はいつもの服装でハンチングかぶってましたからね!」と言ってるわりには、タイガースファン丸出しのおっさんファッションにちょっと気がひけてるひと。

クリックすると元のサイズで表示します
忙しくなる前に2ショットw。

クリックすると元のサイズで表示します
円谷プロの社長、大岡氏の挨拶のあとは、次から次へと物凄いメンバーが
壇上に。やっぱ、福田にとっては、「ウルトラ」はこの3人。

クリックすると元のサイズで表示します
そこへ、「ウルトラQ」で、「マンモスフラワー」「変身」「悪魔っ子」などSF色の強い傑作群を撮られた梶田興治監督が登壇。あの「初ゴジ」から「サンダ対ガイラ」に至るまでの円谷特撮作品の多くで監督助手をつとめられた、まさに歴史の生き証人!!。

クリックすると元のサイズで表示します
会費を払ってるのに、オフィシャルカメラマンのごとく立ち振舞う加藤礼次朗くんw。

クリックすると元のサイズで表示します
飯島敏宏監督、熊谷健氏、中野稔氏。このお三方がどう凄いか、については各自調べてねw。

クリックすると元のサイズで表示します
        ■電エース VS ミラーマン■

クリックすると元のサイズで表示します
あ、カネゴンにサインしているこのかたはっ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
星光子さん、キターーーーーッ!!福田、酔っ払って顔面崩壊してますが、
実はすげえ盛り上がってます。

クリックすると元のサイズで表示します
樋口真嗣監督、手塚昌明監督、川北紘一監督、小谷承靖監督、金子修介監督、中野昭慶監督。これだけ「監督」ばっかりが並んでる画は、そうはないっしょw。最近大活躍の樋口監督もこのメンツに入るとさすがに圧倒的な「ワカモノ」で、でっかい体をちょっとすぼめてましたw。ちなみに、誰が何を撮った監督さんなのかも、興味のある人は各自調べてね。

クリックすると元のサイズで表示します
樋口監督に挨拶。
「どうも、ギララの逆襲の音楽やった福田ですー」
「おー、ギララの逆襲、音楽よかったですよー!」
「おー、ありがとうございます!」
「いや、ほんとよかったです。なんでサントラが出てないのか、というくらい!」
「出てますよ」
「えっ」

という写真(ほんとう)w

クリックすると元のサイズで表示します
さあ、なんにんの巨大ヒーローがかくれているかな?(かくれてないひとがほとんだよ!)

クリックすると元のサイズで表示します
さあ、スペシウム光線を撃ってみろ!

クリックすると元のサイズで表示します
                     ジャッ!!

クリックすると元のサイズで表示します
      イデッ!!

クリックすると元のサイズで表示します
そして、サプライズ。実は、桜井さんと同日、日本映画批評家大賞「特別敢闘賞」を
受賞していた河崎監督に、桜井さんから「自前の」花束が!

クリックすると元のサイズで表示します
河崎監督、おめでとう!みんなも監督にメッセージをあげとくれ!!

クリックすると元のサイズで表示します
パーティ終りが早かったので、その後、近くのファミレスで二次会。
なんと、星さんも参加!我々の「怪獣オタ話」を、それはそれは楽しげに
聞いてくださいました。ありがとうございました!


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ