2011/1/15

普通にリハ始まってます  
クリックすると元のサイズで表示します
4月からの本番に備えて1月からリハ、っていうのは、さすがに初めて。
気合い入ってますなー。
まあ、我々メンバーも年だし、これくらい念入りにやらないと覚えきらんかもw。

クリックすると元のサイズで表示します
福田が最初に参加した「ON THE ROAD 2001」の初年が1998年だから、
なんともうあれから13年。その間、いろいろあったけど、とにかく、
まだ全員生きてるw。これって結構、スゴい。

クリックすると元のサイズで表示します
戦場カメラマン、じゃないけどw、世界を駆け巡っている内藤さん。
14日に撮影に来てました。FCのみなさんはお楽しみに、だね。

2011/1/12

お知らせ  
本日19:30から、福田裕彦+森田釣竿の世界唯一の水産系トークライブ

「地球の海から魚が消える日」Vol.16


Ustreamで生配信します。
お時間のある方は是非(^-^)/

http://www.kampsite.jp/kampfire/

2011/1/12

巨大和金 スポック  
1/10、近日移転するサムシングクリエーションから巨大和金のスポックを福田の「バカの部屋」に引き取る。だって誰も引き取れないって言うんだもんなー。前々から、金魚嫌いの福田が、なぜかこいつってカワイイ、と思っていたので、別にいいんだけどさ。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは袋詰め。

クリックすると元のサイズで表示します
やっぱ、デカい。

クリックすると元のサイズで表示します
元の水槽の水も袋詰めにして、準備完了。あとはタクシーで搬送。

クリックすると元のサイズで表示します
強引に収める!

クリックすると元のサイズで表示します
というわけで

クリックすると元のサイズで表示します
今後、カメぞうともどもよろしく!

2011/1/11

井口監督 スーフェスデビュー  
クリックすると元のサイズで表示します
1/9 スーフェスで「ドグーンVDVD BOX」プロモーションの展示があり、
井口監督も科学技術館に。トイ系のフェスに来るのはこれが初めてなんだって。

クリックすると元のサイズで表示します
「ドグちゃん」に登場した「鯉びと」も

クリックすると元のサイズで表示します
「カニ光線」も

クリックすると元のサイズで表示します
「キモスイ」も

クリックすると元のサイズで表示します
ドキゴローもシャシャ爺も

クリックすると元のサイズで表示します
悪夢ッチも、当然すべて「売り物」じゃないから

クリックすると元のサイズで表示します
他のもの、いろいろ買っちゃいます!

クリックすると元のサイズで表示します
かなり歯止めがきいてない監督。

こんなのも買っちゃいました↓
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
なんか、おそるべし。


2011/1/8

年明けてからのこと  
せめてこの辺でまとめとかないとなー・・・

1/1 
「漁港」の3rdアルバム用の曲をアレンジしてたら年が明けた。仕事しながら年越し。
縁起がいいのやらなんなのやら。今回は福田の曲が3曲(作詞も)入る予定なので大変。
朝5時過ぎまで作業。

1/2
さすがにちょっと休んで、ちょい飲みしながらWOWOWやDVDで映画を見る。
見る気も無くて見た「剣岳 点の記」の物凄い撮影ぶりに、不覚にも涙。シナリオとか編集とかいろいろ問題のある映画だが、そこらの骨抜き映画じゃないのだけは確か。これだけの規模の撮影をしたのに全体の尺を2時間ちょいにまとめたのも男らしい。
「インセプション」典型的プロデューサー不在映画。天才がセルフプロデュースするとこんなに無駄だらけのだらだらした映画になります、という見本。誰かちゃんと修正してやればいいのになあ。決して「悪い映画」じゃあないんだけど、ロジックは破綻してるし、長いし、やたら大げさだし。だいたい「夢」ってあんな整合性ないだろ。まあ、クリストファー・ノーランが自分で金出して撮りたいように撮ってるんだから、別にいいんだけど。でもやっぱり、金がもったいない。
「座頭市 THE LAST」とにかくもうお話(シナリオ)がつまらなくて、演出に全然爽快感がなくて(確信犯的なんだけど、「爽快感のない座頭市」がエンタティンメントとして成立する、と思った時点で困ったもんだ)、香取くんはやっぱりただのコスプレ。後半は3倍速で見た。つらかった。これで制作費10億???「インセプション」の比じゃない程、金がもったいない。
「レポゼッションマン」ブラックコメディSFとしてはなかなか楽しかったけど、なーんか美学のない映画。オチも、オチのためのオチにすぎないし・・・っていうより、途中でバレちゃうし。でもまあ、「座頭市 THE LAST」よりは楽しい分、100倍マシ。

全部見終わってから、1/6にバウンディ(流通会社)に提出する漁港のサンプル盤50枚(今回はまだレコーディング中なのでデモバージョンを4曲入れた)をMACでちこちこ焼く。終わったら朝6時過ぎ。

1/3
浅草の神谷バーで相当飲んでからよっちゃん(もう今後、西村監督って書くのめんどうなんで止めます)のお宅にお邪魔する。作品世界からは想像もできないほどキレイで素敵なおうちでした(^0^)

クリックすると元のサイズで表示します
しばらくして園子温監督(右)も登場、更に飲む。「冷たい熱帯魚」に期待莫大。

1/4
実家に行って一晩泊まる。寝る時、顔が冷たくてまいる。埼玉の奥地、やっぱ寒い!

1/5
午前中に仕事場に戻って1/19の「さよならヤマハ渋谷店」コンサートで「シンセバトル軍団」wの演奏する楽曲のアレンジ。去年、向谷くんとやったデモで使った曲を長くして、あれこれ修正。夕方から「漁港」とミーティング。CDの特典をどうするかなどなど、結構マジメに(あたりまえか)相談、そのあと下北沢で飲む。

クリックすると元のサイズで表示します

1/6
朝11時にバウンディにサンプルCDR100枚を届ける。戻って19日用の曲のデータ整理。
譜面のスキャン等も。

1/7
源泉税を払い込むとか、すげえ会社っぽい作業をした後、19日用の曲をマルチで録音(と言ったって、ドラム、ベース、その他の3パートに分けただけだけど)、松武さんに送る。
譜面とMP3は氏家くんに送る。で、漁港のアレンジをして今に至る。

2011/1/2

さよならYAMAHA渋谷店コンサート  
去年の12月26日で閉店したYAMAHAの渋谷店に思い出や思い入れのあるミュージシャンは数多くいて、1月19日に、こんなライブが開かれることになってます。

クリックすると元のサイズで表示します

ギターの斎藤英夫くんとは、「YOU」の再結成でもやろうか?みたいな話にもなったんですが、なんせ出演者が多いのでそれは無しになり。結局福田は、「シンセバトル軍団」という名前で、氏家克典くん、篠田元一くん、小川文明くん、浅倉大介くん(ポスターに原稿を入稿してから出演が決まったので、ポスターには名前がないのだそうです)、向谷実くんといっしょにキーボードセッションをやります。他にも、上のポスターを見ていただければお分かりのように、ものすごいメンバーが集結します(浅倉くんのように、名前が載ってないけど出演するミュージシャンも多数いると思われます)ので、お時間がありましたら是非是非おいでくださいませ。一つの小屋が「このクラスの」ミュージシャンだらけになる、という状況は、もう二度とないかも知れませんよ(^-^)/

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、福田と斎藤英夫くんが組んでいたバンド「YOU」は、デビュー前から、渋谷YAMAHAの店頭にあったステージでよくライブをやってました。日曜日は道玄坂が歩行者天国なのでお店の前に車がつけられず、YAMAHA側で用意できない機材を運び込むのが面倒だったなー。でも、日曜日の歩行者天国の雑踏をかき分けて重い機材を運んで行くっていうのも、今考えると、実にセーシュン、かもw。店内にあったライブスペース「Doin'」では、デビュー後、ほぼ月一でライブしてたし、ホントに縁もゆかりもある店なんですなー、この渋谷YAMAHA店。まさか閉店する、とは、夢にも思いませんでした。まさに、諸行無常、かな。

2011/1/2

謹賀新年  
うわー、もう元旦終わっちゃったよ!
実は、一昨日から(=去年から)、「漁港」の新譜関係の仕事を途切れなくしてまして、なんともメリハリのない状態が続いてます。今もCDR焼いたりしてて、そのおかげでちょっとブログが書けたりしてるんですが。まったくビンボーヒマなしとはこの事!
とは言え、一応、正月は正月なので、ちょっとした休憩時間に酒飲んじゃったりとか、あえてすげーいい加減な態度もとったりしてます。もちろん、あんまり飲んじゃうとスコーンと寝てしまうので、そこそこの酒量で済ませて。実に大人ですな・・・って、今年の5月で54歳だし。54歳!凄すぎるぜ、この年齢!マフィアのドンみたいだ!いや、なんとなく。
なにはともあれ。
みなさん、あけましておめでとうございます。
今年はなんだかんだ言って、オフィシャルなライブ(って言うのか、「お仕事のライブ」って言うのか・・)がおそらく合計で60本以上あり、けっこうな体力勝負年になりそう。まだ具体的な事は決まっていませんが、映画音楽の仕事も並行してやる予定。
2月には「ドグーンV」のDVDボックスが出たり、3月には「漁港」の11周年記念3rdアルバム「海」を出したり(まだ制作中ですがw)、春過ぎ(多分。よく知らん)には福田がアコーディオンゾンビになった「ヘルドライバー」が、6月にはいよいよ「電人ザボーガー」が公開になったりと、待ち遠しい系の出来事も多い。まあ、普通、一か月先の予定も見えない自由業者としては、随分「先行き」のはっきりした年かなあ、今年は。

それにしたって54歳であります。もし福田が子供の頃の目標通りに「学校の先生」になっていて、もし管理職の道を歩んでいたとしたら、後一年で定年、隠居!すげえ。
で、ここ一年でけっこう、おお、やっぱ年だぜ!と思う事も増えましてね。
アトランダムに列挙してみると。

1、「肉弁当」と「いくら弁当」だと、まよわず「いくら弁当」を買う!
つい数年前まで、ありえない事でしたがのう・・・

2、あきらかに抜け毛が増えた!特にシャンプーの時!これはマジ、ヤバい!

3、電車の優先席に座るのに抵抗がなくなった!
どんなに疲れてても、優先席には座らなかったものです(遠い目・・・)

4、読書の時、近視用メガネを100%はずす!
ちょっと切ない。

5、ワカモノに人気のシンガーの歌い方にやたら文句をつける!
みんなR&Bじゃねーか!とか、ただのスティービーじゃねーか!とかね。ついでに言うと、「トイレの神様」は長すぎ!でも美人だから許す!とばっちり?

多分他にも色々あるような気がけど、これ以上明確に認識すると落ち込みそうなのでやめる。

それはそうと、今日2011年1月2日は、「ウルトラQ」の初放映からちょうど45年目にあたる日。1966年1月2日、小学校2年生の福田は、その3日前の12/30に映画「怪獣大戦争」を見た直後くらいからおたふく風邪を発症、モチを食うたびにアゴの付け根に走る激痛に耐えつつ、17インチのモノクロTVの画面の中のゴメスとリトラの雄姿に陶然としていた。あれから45年。いまだにゴメスとリトラを見れば陶然となる。これは実にもって、幸せなことだ。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ