2011/4/1

3/30  
今日は3/30。
早くも一年の4分の1が過ぎたわけですが、
3/11以降の19日間の体感時間の長さは、やはり尋常じゃないですね。
久々に、時間の重みを感じてます。

隊長ツアーのリハが「粛々と」続いてます。
うーん、「粛々」とか言うと、なんかイメージが淡々としすぎかも。
今回の震災の影響で2日間リハがなかった遅れを取り戻すべく、
すげえ猛練習中
こう書いておきましょう。
実際、先日なんか、なんとまあ、午後1時から10時までリハしました。
しかも、途中、20分程度の休憩が2回あっただけ!
で、別にこの日だけが特別だったワケじゃなく、
今日だって午後2時から9時まで、びっちりやりましたからねー。
平均年齢とっくに50歳以上の超ベテランバンドにあるまじきw状況、です。
こんなにリハ漬けなのは、福田としては、21歳の時、コンテスト出場のために
来る日も来る日も練習していた時以来。
正直、もういーじゃん、リハ!!とか言いたいところなんですが、
そこは加齢の悲しさ(なのか?)w、こんだけやっても曲が覚えきらん!!
うー、とにかくガンバります(> <)

それはそうと。
ついに原発大国フランスから、
「切り札」みたいなチームがヘルプにやって来ましたねー。
今回の福島原発の事故は、彼らにとっても、
今後の原発の行方を決定づける超重要案件。
なにからなにまでグッチャグチャになってる現状に対して、
どの程度有効な策が打ち出せるのか。
打ち出せなかったら、それこそ、世界は雪崩を打って
「脱原発」の方向にシフトしてしまうでしょうから、
彼らも必死なはずです。
ここはとりあえず、彼らの手腕に素直に期待しておきましょう。


ところで。
先日、Twitter上で福田がリツイートした
「原発がどんなものか知ってほしい」という文書に関して、
福田の某フォロワーさんから、
「信ぴょう性に疑問の多い怪文書の類なのでご注意を」との指摘を受け、
この文書をもう一度読み直したり、いろいろ調べてみました。

http://www.iam-t.jp/HIRAI/

結論から言いますと、確かにこの文書、WEB上で広まる過程において、
筆者である「平井憲夫さん」以外の人間が、理論的に完全に間違った記述を
あれこれ付け足している形跡があります。

例えば、
「原発の建屋の中は、全部の物が放射性物質に変わってきます。
物がすべて放射性物質になって、放射線を出すようになるのです。
どんなに厚い鉄でも放射線が突き抜けるからです。」という文章。
先日福田がこのブログで書いたとおり、
どんなに厚い鉄でも放射線が突き抜ける、なんて事はありえませんし、
原発内のものがすべて「放射性同位元素」になってしまう、なんてことは、
もっとあり得ません。この記述はギャグのレベルです。

他にも
「海に放射能で汚れた水をたれ流すのは、定検の時だけではありません。
原発はすごい熱を出すので、日本では海水で冷やして、
その水を海に捨てていますが、これが放射能を含んだ温排水で、
一分間に何十トンにもなります。」
という記述も、完全な間違いです。
いくらなんでも原発はそんな構造にはなってませんw。
当たり前ですよね。もしそんな構造だったら、今頃海は放射能だらけです。

このへん、明らかに、
原発で働いていた人間(=平井さん本人)が書いた文章ではない、と思われます。
ここではあえて書きませんが、この他にも、そういう箇所は散見できます。

福田としては最初から内容全てを鵜呑みにするつもりは毛頭なく、
信頼できそうな所だけ拾えばいいや、という程度に考えていたのですが、
この文書を「客観的に」評価するなら、
内容が含む「科学的な間違い」の量から言って、
この文書は確かに、「怪文書」と呼べるかも知れません。

でも、福田はこの文書に書かれた間違いや、
平井さん以外の人間によって追記されたり、
改ざんされた可能性の高い部分をことさらに抜き出し、
それを以てこの文書を単純に「怪文書」と呼び、
文書そのものを全否定する気が全くしないのです。

なぜかと言いますと。
まず、この文書が、現場の人間しか知り得ない真実も
明らかに含んでいると思われるから。
それは、間違いないと確信します。
言うまでもなく、これは極めて重要なことです。

しかし福田にとってもっと重要なのは、
この文書が、普段、「原子力発電」の問題など、
意識の片隅にも置いた事のない人たちの脳ミソを、
ハンマーでブン殴るようなインパクトを持っていて、
少なくともそれは、世の「のんきな人々」が、
原子力発電、というものに対して、
なんらかのコミットメントを形成するキッカケを作りうるだろう、と思える事です。
特に、現在進行形の福島原発の問題と合わされば、
それは否応なく、より「効果的」だと。
この文書を「怪文書」と認定するのは簡単です。
でも、「だからこの文書には何の価値もない」とする行為には、意味がない。

ちなみに明言しておきますと、
原子力発電に関して、福田の立場は、実は「中立」です。
いわゆる単純な「反原発」の立場にも、
単純な「原発推進」の立場にも福田は組しません。
福田はテクノロジーに対して絶望もしていないし、
かといって、盲目的信頼もしていないからです。

しかし、原発という巨大なブラックボックステクノロジーに
あまりにも無関心な状況には猛烈な危惧を感じます。
それは、「すでに選択された結果としてそこにあるシステム」に対して、
あまりにも無責任な態度だからです。
どんな状況も、選んでいるのは「自分自身」なのです。
今回の福島第一原発事故の最大の責任者は、実は東電でも政府でもない。
我々自身です。

その事実を、我々は思い知る必要がある、と福田は考えます。
ゆえに、福田はこの「原発がどんなものか知ってほしい」という文書を
確信犯的に「放置」します。否定なんかしません。

願わくば、
少しでも多くの人の脳ミソが
ぶっ叩かれますように!


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ