2011/5/23

ブッコ ノッコ そして カメぞう  
5/22。
ON THE ROAD 2011横浜アリーナ公演の二日目、DVD収録あり、
というツアーの一つの山場とは全然関係なく、
こうイベントが流通センターでありまして。

クリックすると元のサイズで表示します
アリーナの入りが13時なので、10時から行ったわけです。
前の日のライブのダメージで腰が猛烈に痛くて朝6時に目が覚めた、
そのイキオイを利用した!こんな事は年寄りにしかできないよ!

で、一体、どういう客層なんだべーと思ってたんですが、
カップル、家族連れも多く、極めて健全。
おもちゃ系のフェスみたいなオタ臭さ、皆無。
「えー、こわーい、きもーい!」とか言ってる彼女を
楽しそうに連れまわしてた男子。
きみ、なかなかデートの構成力あるじゃないか!


クリックすると元のサイズで表示します
福田としては、ヤキソバパックみたいな入れ物で、
普通にパイソンとかグリーンスネーク売ってるのに衝撃を受けましたが、
まあ、そういう内容に関してはおいおいレポするとして。

実に衝撃の出会いがありましてね。
はい、いわゆる、一目ぼれってやつです。
買っちゃいました、この子たち。
アカメカブトトカゲ
フロム ニューギニア!
ちなみに、両方とも女の子。
ヤバかわいくない!?

クリックすると元のサイズで表示します
奥の方のピンクの足は、どっかの温泉のお土産屋で買った
パチゴジラです。

クリックすると元のサイズで表示します
この子がブッコ
鼻の先がちょっと白い。すげえ活発。
ハンドリングしようとすると、ほぼ消えるくらいの高速度で逃げやがる、
油断ならねえ娘っこだ!

クリックすると元のサイズで表示します
この子がノッコ
おっとりしてて臆病な分、ハンドリングには向いてるかな。
ブッコと一緒に餌をやると、全部ブッコにとられちゃうので、

クリックすると元のサイズで表示します
別のケージで餌をやることに。
上から見ると、すげー怪獣っぽい。
強いて例えれば、羽のないギャオス。
今のところは、ミルワームをもりもり食べてるが、
コオロギはどうなのか、ひょっとしたら野菜系はどうなのか、とか、
徐々に試してみる。

ブッコとノッコという名前の出典について
もし分からなければ、適当に調べてみてね。

ところで。
ずっと冷凍状態のカメぞうでしたが。
福田、意を決しまして。
剥製にすることにしました。
もちろん、当初は、土に還すつもりではいたんですが、
どうにも彼を埋める適当な場所が見当たらず。
さらには、正直に言えば、福田にとってはもともと「動くフィギア」のニュアンスが
彼にはあり、ある意味、その究極の姿が「剥製」だろう、と。

ただ、剥製にしたいと考えても、全く当てがなければどうしようもなかったんですが、
実は、「月刊養殖」の編集部の方のお父上が
なんと、魚類の剥製を制作する素晴らしいプロフェッショナルである、という、
これもまた一つの「縁」としか言いようのない事実もあり。
明らかに「畑違い」の剥製の制作を思い切ってお願いしてみたところ、
快諾していただけたのでした。

というわけで、制作期間等詳しい事はまだ分からないのですが、
本日5/23の午後2時、冷凍状態のカメぞうは、
永遠にその「姿」をとどめるべく、
横須賀は浦賀へとヤマトクール便で運ばれて往きました。

クリックすると元のサイズで表示します
さらばカメぞう!


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ