2012/2/28

ゆうばりで見た映画:「先生を流産させる会」  映画
クリックすると元のサイズで表示します
「先生を流産させる会」監督 内藤瑛亮

まさかこの映画がコンペ部門に出品されているとは。本作はすでに去年から知る人ぞ知るの超話題作で、とっくに「そういう段階」は超えていると思っていたんですが。ちなみに、コンペでは無冠に終わりましたが、これは審査員もそのように判断したからだ、と思っています。

で、映画の感想の前に、まず、タイトルについて。実に恐ろしいタイトルですよね、これは。
「流産」というコトバの持つ禍々しさは、数ある日本語の中でも特別でしょう。未来や希望と最も遠い所にある、呪詛そのもののような言葉。福田は「霊魂」は信じませんが「言霊」(ことだま)はあると考える人間なので、個人的には、この言葉をタイトルに使う事に関して賛成か反対かと問われれば、正直、反対です。この映画を見たあと内藤監督とお話させていただいて、なぜこの「流産」という言葉がタイトルに必要であると監督が考えているかは、よく分かりました。これは実話に基づく映画であり、「先生を流産させる会」は実在した。だからそのまま、それをタイトルに使った。全くもって自然で健全な考え方です。実際、映画を見た後は、以前よりもこのタイトルに抵抗感がなくなったのも事実です。
しかし、単純な話、普通は、このタイトルはこの映画の為に新たにつけられたもの、と考えられてしまうでしょう。そうなると、このタイトルの持つ禍々しさがこの素晴らしい映画の観客の数を著しく減らしうる事は、おそらく間違いないと思います。そしてそれは、明らかに憂慮すべき事態である、と思うのですがいかがでしょう。もちろんこれは、「表現の自由」という問題とは全く別の次元に属する問題であり、単純に、映画のプロモーションにおける訴求力の問題です。

とまあ、それはさておき。
この映画は本当に凄い
ごくごく普通の女子中学生5人組が、担任の女性教師の妊娠を知る。「妊娠とかってキモイよね」というだけの合意に従って、彼女たちは「先生を流産させる会」を結成、女性教師にあの手この手の「攻撃」を仕掛け始める・・・・実話に基いて構築されたこのシナリオは、思春期の、生命と、今生きている実感に対する凄まじい嫌悪と疑念を驚くほど鮮烈に描き出しています。特に、主人公(と言うべきなのかなあ)を演じた少女の、世界に対する拒絶感、虚無感がリアルすぎて痛い。そして「大人」は、その「こどもたち」の絶望的な空漠感とどう対峙すべきか、がこの映画のテーマ。言うまでもなく、刺激だけが売りの安手のホラー映画では全くありません。
驚くべきは、映画の完成度の高さ。シナリオ、撮影、編集、演出、全てが素晴らしい。音楽もよかった。20代中盤でこんな「完璧な」作品が撮れてしまう才能というのは一体何なんだろう。ちょっと呆然としつつ、かつてのスピルバーグやポール・トーマス・アンダーソンやポンジュノに楽々と比肩しうる才能なのではないか、と、真剣に考えてます。いやいや、決して大げさではなく。
とにかく、マジやべえよ、この映画!
必見中の必見中の必見。

内藤瑛亮監督の今後の作品に猛烈に期待します。

2012/2/28

ゆうばりで見た映画:「探偵ヨンゴン 義手の銃を持つ男」  
クリックすると元のサイズで表示します
「探偵ヨンゴン 義手の銃を持つ男」
監督 オ・ヨンドゥ

去年のゆうばりオフシアターコンペ部門でグランプリを獲得した韓国のオ・ヨンドゥ監督の新作の凱旋上映。クオリティ的には、去年の受賞作「エイリアンビキニの侵略」とは比較にならないほどレベルアップしていて、商業用アクション映画としてどこに出しても恥ずかしくない出来になっていたのには驚いた。音響も含め、ポストプロダクションがとにかく丁寧で素晴らしい。ただ、物語として、探偵が主人公なのに「タイムマシン」が絡むSFになっているのには個人的に疑問。ミステリーとタイムマシンって、絶対同居させちゃダメだと思うんだよなー・・・・だっていくらでも「ズル」が出来ちゃうから。でも、作品トータルの出来はよいので、DVD化の際は是非ご覧あれ。

2012/2/28

ゆうばりで見た映画:「ホームカミング」  映画
クリックすると元のサイズで表示します
「ホームカミング」 監督 飯島敏宏

「ウルトラQ」「ウルトラマン」の押しも押されぬメイン監督であり、その後、プロデューサーとして「金曜日の妻たち」を大ヒットさせた名匠 飯島敏宏監督がメガホンをとると同時に、ウルトラファンの間では知らない者のない別名「千束北男」として脚本も手がけた作品。
正直、殆ど前知識はなく、いわゆる「小さい作品」なんだろうなあと勝手に思い込んで見始めたら、冒頭の音楽でビックリ。だって、当たり前のようにオケ「全生」!ええっ、これってもしかしたら結構な「大作」!?実はそうだったんです。お話は、東京郊外の「ニュータウン」に住む主人公(高田純次)が無事定年退職を迎え、あとは息子が嫁を貰って2世帯住宅に住んでくれれば人生万事めでたしめでたしと思っていたら、「こんな街に思い出なんかない。俺は都心に住む!」と宣言されて大ショック。一念発起して、地域再生をかけたお祭りの実行委員を引き受けて頑張る、と言う、いわゆる「ハートウォーミングコメディ」なんですが、クライマックス近く、苦労して作り上げたお祭り広場のステージが台風で崩落してしまうあたりのスケール感といい、完全に制作費数億円規模の映画。まあ、普通の感覚ではこれを「大作」とは呼ばないんでしょうがw、ここ数年、映画作りの現場に関わるようになった福田の感覚から言うと、充分にすげえ大作で驚きましたです。

かつて「ニュータウン」と呼ばれた街は数十年で老人ばかりのすむ地域になり、しかも地域としての連携が弱く「ふるさと」としては機能していないという、本当は日本の抱えるかなり深刻な問題をテーマに、ベテランならではのムダのないシナリオ、安定感と自信に満ち溢れた演出、関根恵子、秋野太作、森次晃嗣 、堀内正美、竜雷太、林隆三などなど「アラカン」キャストの味のある演技が気持ちのいい、ステキな作品に仕上がってます。ムリに泣かそうとかのイヤラしさは皆無だし、いやー、いい映画ですぜー、これ。あ、あと、「駐在さん」を演る麗奈ちゃん(だけ「ちゃん」付けだよ俺・・w)がすごくかわいい。錚々たる顔ぶれのジジババキャスト(失礼)の中でめっちゃ輝いてます。「麗奈」で検索すると、田中麗奈ちゃんばっかり出てきちゃいますがw全く違う人です。
公開日が、不運にも「去年の3月12日」だった事が、この映画の存在が周知のものにならなかった最大の要因でしょう・・・勿体ないわー。今月、WOWOWで何度か放映されるみたいなので、見られる人は是非。あ、もちろん、DVDも出てますよ(^-^)/

2012/2/28

ゆうばりで見た映画:「SPEED SHIRO & SANKICHI」  映画
クリックすると元のサイズで表示します
「SPEED SHIRO & SANKICHI」監督 山口雄大

山口雄大監督が最初から最後までフルスロットルでギャグをかまし続ける気の狂った映画。どう狂っているのかに関してはホントに説明しようがなくとにかく狂ってるのでいきなり井口くんも板尾さんも村田唯ちゃんも出てくる(唯ちゃんは坂口拓に「バイタッ!」って言われてほっぺた張られた直後、誰かに殺されて首が転がってたなー。他にもいろんな女優さんの首が転がってたなー)けど、とりあえずストーリーは、まあ、全然ないんだよ。途中ちょっとあるけど、関係ないし、消えるし。でもこれは面白いし、疲れるよ。なんせカット数がハンパじゃないから。もう疲れ果てて泥のように眠りたいって思う時に、ヘッドフォンかけて大音量で画面から50センチくらいの距離でDVDで(ブルーレィならなおよし)見て10分で「もう無理ーっ!!!」って言って寝ようとしてムシが起きて寝れなくなってあと10分見て「もう今度こそ無理ーっ!!!」って行ってトイレ行って吐く、みたいな映画。それでもあと60分以上あるんだよ。お得!!しかしこれ、公開されるのかなあ。されたらいいね♪!!

2012/2/28

ゆうばりで見た映画:「ウルトラマンサーガ」  映画
クリックすると元のサイズで表示します
「ウルトラマンサーガ」監督 おかひでき

3年前の「ウルトラ銀河伝説」以降初めて、地球を舞台にしたウルトラマン映画。円谷プロのウルトラマンに関する変な「礼讃姿勢」が完全になくなっているのがまずポイント高し。そして、トータル的にも、非常に面白い映画です。予想を超えてました。スタッフのみなさんに拍手!

ナゾの宇宙人によってほぼ全人類が拉致され、宇宙人の「実験場」として殆ど無人の惑星と化した地球に残されたわずかな人数の「地球防衛隊」と子供たち。現れたウルトラマンダイナも善戦空しく「ゼットンのタマゴ」の中に吸収されてしまう。そんな絶対の危機的状況の地球に、別宇宙からウルトラマンコスモスとウルトラマンゼロ、そしてDAIGO演じるお調子者だが腕のいいパイロットが(偶然)やって来る・・・。
「地球防衛隊」の「隊員」を演じるのは、秋元才加をはじめとするAKB48のメンバー7人。重機型ロボットに乗って活躍するガタイのいい(って書くのも失礼だけどw)秋元才加、普通にカッコよし!・・・なのだが、いったいこの設定、どうするんだろうと思ってたワケですよ、途中まで。だって、なんでまた女子が7人?しかもそれがなんで「地球防衛隊」?で、なんで子供たちが一緒?
ところが、この設定、途中でうまーく説明されちゃいました。しかも、福田のツボに入るパターンでw。正直言ってこのシーケンス、ちょっとウルっときました。ちょっと強引なんだけど、これでいいと思いました。悔しいなあwシナリオ、いい!練れてます。DAIGOとウルトラマンゼロの関係性もとても面白く描けているし、あくまでも「ジュブナイル映画」である、というスタンスが全編を通して崩れていないのも素晴らしい。率直に言って、今まで作られた「ウルトラマン映画」の中では多分一二を争う傑作でしょう。福田は「ウルトラ銀河伝説」が物凄く好きなので、ギリ、2番目かもwでも1番、って言っても全然問題ないな・・って言うわけで、1番!3Dでも見てみたいっす!

2012/2/28

ゆうばりで見た映画:「作者不詳(仮題)」  映画
クリックすると元のサイズで表示します
「作者不詳(仮題)」監督ローランド・エンメリッヒ

多分、殆どの映画好きが、「ユニバーサルソルジャー」「スターゲート」から「ID4」「US版 ゴジラ」「デイ・アフター・トゥモロー」「2012」まで、とにかくどれをとってもスケールだけはくそデカいけどめっちゃ大味っしょ!という評価しかしていないあの「ローランド・毎回どっからそんな大金集めて来るんだ・エンメリッヒ」が、なんとW・シェイクスピアを題材にした歴史ミステリーに挑んだ作品。福田としては、むかーし野村芳太郎監督の「八つ墓村」に渥美清が金田一探偵役で出てきた時よりもっと「????」となったワケなんですが、そこはまあ、ゆうばりのテンションで見てみたわけね。そしたら、なんとこれがめっちゃ面白い!ビックリした。だってローランド・エンメリッヒの映画だよ!(とか書いてますが、俺ってなんだかんだ言ってエンメリッヒの映画、殆ど全部劇場に見に行ってるんだよなあ・・・w)
1600年代初頭のイングランドを舞台に、「実は劇作家シェイクスピアはいなかった」という大胆不敵な仮説をまことしやかーに描いた超大作で、エリザベス女王の後継王位を狙う謀略譚と「実はこの人が『シェイクスピア』だったのよ」という大ボラ話を見事に融和させたシナリオが素晴らしく、お得意のビッグスケール感を前面に押し出したスペクタクルもありで、非常に楽しめました。ちなみに、タイトル「作者不詳(仮題)」は、ホントにそのまんまマジで仮題なんだそうで、まだ邦題も決まってないらしい。原題は「ANONYMOUS」(作者不明っていうか、2chで言うところの「名無しさん」)。必見っす!
ただ、内容はとても素晴らしいが、エリザベス女王を演じるヴァネッサ・レッドグレイヴ以外は役者陣が日本ではあまり知られておらず、ヘタするとちゃんと公開されない惧れもあるので(ソニーピクチャーズさん、がんばってね!)興味のある人は情報に注目していた方がいいかも。

2012/2/28

ゆうばりで見た映画:「怪談新耳袋 殴り込み 東海道編」  映画
クリックすると元のサイズで表示します
「怪談新耳袋 殴り込み 東海道編」
監督 青木勝紀

一転してこれは、中年のおっさんたちによって組織された「殴り込みGメン」が日本全国に存在する「心霊スポット」にガチ取材を敢行するというドキュメンタリー(の第二作目)。本気度の高さはハンパなく、それゆえにメンバーの反応が面白過ぎて、まずメシを食いながらは見られない。絶対に吹くからね!今回のレポの中では、全長300メートルの幽霊トンネル(照明なし!)の中を、子供用のオモチャの車(またいで乗って足で漕いで走るやつね)で往復するという、意味はないわ体力的にも精神的にもホントに恐ろしいわのミッションが、ヨダレたれる程笑える。約2名、コワさのあまりガチで泣いてしまうのだが、中年の男が単にコワくてガチ泣きする、というシーンはそうは見られない。人間ドキュメントとして貴重!え、そんなの見たくないって?じゃあ、幽霊の声でも聞きなさい。ホントに録音できちゃってたりするんだから!俺は信じないけどな、コワいから!!

2012/2/28

ゆうばりで見た映画:「怪談新耳袋 異形」  映画
クリックすると元のサイズで表示します
「怪談新耳袋 異形」 監督 井口昇

井口監督が、一切のスプラッタ描写なしで「ほんとにコワい正統派ホラー」に挑んだ全4話構成のオムニバス。とにかく、見てるお客さんが悲鳴をあげたら監督の勝ちっ!という極めて潔い姿勢で撮られてるのがキモチいい。実際、福田は亜紗美や中村有沙ちゃんのすぐとなりで見てたんですが、この二人、見事に監督の術中にハマって何度も椅子から飛び上がってたのでw、間違いなくかなりコワい映画だ、と言っていいでしょう。福田はさすがに飛び上がりまではしなかったですが、第4話に出てくる、日本人形抱いた女の幽霊は結構コワかった。見ながら、ホテルの廊下の曲がり角からあの人出てきたら相当ヤバい、とか思ってましたw。お話としては、真昼間に出てくる真っ赤なバケモノの話が好み。実際はあれが一番イヤな話。だって、日がさんさんと射してるリビングに、ドアあけて入ってくるんだよ。こえーよ、こりゃ!
主演のアイドルグループ「スマイレージ」の女の子たちは殆ど演技経験皆無で、演出にはかなり苦労したそうだが、さすが井口監督、その辺はちゃんと乗り超えてて立派。言うなれば完璧なデートムービーなので、彼女を誘う時は堂々とタイトルを言いましょう。ちょっと言いにくいけどね「かいだんしんみみぶくろ いぎょう」。音だけ聞いたらなに言ってんだか全然分かんないし・・・

2012/2/22

井口昇最新作はこれ!!  
ついに情報解禁でスシ!
クリックすると元のサイズで表示します
お話はカンタン!マッドサイエンティストが作りだした恐怖の人食い寿司(空も飛ぶぜ!)VS人間どもの死闘!主演は「ハイキックガール」「KG」の、日本が誇るアクション女子:武田梨奈ちゃん!でもって共演はなんと、日本が誇るパワーシンガー松崎しげる!!便所から始まるホラー「ゾンビアス」の次は、厨房から始まるホラー「デッド寿司」!ってことで、みなさん、よろしく!
クリックすると元のサイズで表示します


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ