2012/4/25

帯化(たいか)現象、というそうです  
4/20に近所の緑道で見つけ、Twitterに写真をアップ、見た目がマタンゴみたいなので勝手に「マタンゴポ」と名付けた変形タンポポについてネットで調べたところ、複数の茎や花がくっついた状態で植物が成長する現象を「帯化(たいか)」と言うそうで、昔からけっこう報告されてるようです(ここに説明あり↓)

http://aquiya.skr.jp/topics/topic002.html

今年になって都内で同じようなタンポポを見つけた事を写真入りで報告しているブログもいくつかあるんですが、いずれも花が咲き終わって綿毛も散った状態のもので、「マタンゴポ」みたいに満開のものはけっこう珍しいみたいです。別のある記事によれば、この帯化現象が自然に発生する確率は100万分の1だそうで、だとすると、最近お年玉クジも殆ど当たらない福田、とんでもないラッキーアイテム(だといいけどw)を引き当てたと言えるのかもしれませんw

でも、発生確率が本当に「100万分の1」なんだとしたら、都内で同時期に(簡単に)複数見つかる、というのは結構「あれれ?」で、やはり何らかの「外的要因」が帯化現象の発生確率を押し上げてる可能性は否定できず。そして、その「外的要因」が放射能かもしれない、という疑念はやっぱり捨てきれないかなあ・・もちろん、確証はなんにもないですが。

と言うわけで、とりあえず、どうも相当珍しいらしい「満開状態の帯化たんぽぽ」の「マタンゴポ」の写真をアップしておきます。見ると運気が上がりますよ!
ってことにしておこうっと(^-^)/

クリックすると元のサイズで表示します
まずこれが「マタンゴポ」と命名したルックスが一番よく分かる写真。

クリックすると元のサイズで表示します
茎のアップ。マタンゴポ、けっこう毛深い。

クリックすると元のサイズで表示します
反対側から見たところ。太さを比べるために鉛筆置いてみました。
マタンゴポ、けっこう太い。

クリックすると元のサイズで表示します
こちら側の茎は、大きく抉れてます。マタンゴポ、ちょいグロい。

クリックすると元のサイズで表示します
真上から見たところ。マタンゴポ、きれい。

福田はこの花を見つけて迷わず「採集」してしまったんですが(正直、たかがタンポポ、と思ったので・・)、ホントはそうすべきじゃなかった!と後悔したのはこの数時間後。
花は完膚無きまでに閉じてしまいました。野草はホントに繊細です。
茎にいわゆる水切り処置等も施してみたのですが、効果なし。
マタンゴポは結局そのまましおれていったのですが、実は現状、花が綿毛に変わりつつあります。つまり、種子は残りました。

帯化に関するいろんな記述を読む限りでは、この現象はいわゆる「奇形」とは一線を画するもので遺伝性はないそうなのですが、とりあえず、福田はこの綿毛を近所の公園に撒いてみる予定。
マタンゴポがもりもり生えて花が咲いたら楽しべさー(^o^)/

2012/4/13

許さんぞ、このバカ  
昨日、このブログの「先生を流産させる会」の記事に寄せられた「らるふ」という人からのコメントを削除した。
本当に、反論するのもバカバカしい程幼稚極まりないコメントで、単純に削除したのち徹底的に「シカト」していようと思ったのだが、このブログ上で福田が何ら意思表示をしないのもなんだかスッキリしないので、別記事として立ち上げておく。

そのコメント、あまりの下らなさに二度ほど読んで消してしまったので正確な反芻も反駁も出来ないのだが(この点に関しては明らかに冷静さを欠いた自分を恥じている)とにかく、見てもいない映画を頭から否定するというその一点においても、愚劣極まりない内容だった。

しかも、この映画を頭から否定する理由が「『流産』なんて不快ことをテーマにすること自体が許せない」という、典型的「思考停止型思考」に基づくもの。
あのな、
だったら「死」や「殺人」はどうなんだ。
「犯罪」はどうなんだ。
「不倫」はどうなんだよ。


ありとあらゆる、反モラル、反社会的な要素を語る事で、
小説も演劇も映画も、無数の「豊かなドラマ」を生むんだよ。
あんたの言ってる事は、明確に、全芸術の否定なんだよ。
まあ、こんな事言っても、分かんねえんだろうけどw

こんな当ったり前も当たり前の事をワザワザ書いている自分が情けない(-0-;
本当に、この世には救い難いバカがいるんだな。
俺はあんたのようなバカは本当に許さない。
100%、俺の「敵」だ、と認定。

何の容赦もしない。

と、宣言した上で、
あんたの言説には今後一切とりあわないことにする。
だって疲れるもんなw

バイバイ、くそったれ。
せいぜい「倫理的」な、ステキな人生を送ってくれ。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ