2006/7/23

初日の初回に  映画
行って来た。

クリックすると元のサイズで表示します
楳図作品中でも、最も凄まじいスプラッタ描写で有名なこの作品の映画化に、
去年亡くなった那須博之監督の遺志を継ぐ形で、「日活時代の後輩」金子修介監督が挑んだワケだが。
金子修介作品らしく、ソツはないが強烈さもない、実にヌルめのスプラッタサイコホラー、になっちゃってました。正直、ちょっとガッカリ。
なによりダメなのは女優陣
ホラーは、女優さんが本気で怖がってくれないとちっとも怖くないし楽しくないんだが、この映画の女優陣はその意味で全滅。足の悪い寝たきりの娘を喜ばせるために、人を殺してはそれを絵本に描いて見せる、という強烈サイコオヤジを演じた田口トモロヲのテンションに誰一人拮抗できていない。さすが金子監督、どの女優もすごくキレイに撮れてはいるんだが。
ただ、主人公の少年「想くん」を演じた小林翼くんは素晴らしかった。上映後の舞台挨拶でも、あまりにもカワユス!この子、第二の神木くんになるかも。

クリックすると元のサイズで表示します
上映前。渋谷アミューズCQNの、あまりにも高い位置にあるスクリーンを映してみたら、
偶然にも、「神の左手写真」が撮れちゃいましたw。

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ