2006/9/6

「現場」のモニターセッティング  音楽
クリックすると元のサイズで表示します
薄緑の→で示したのが、シンセサイザー専用のステレオモニター。
ここからはシンセの音だけが出る。自分の演奏するシンセの音が、どデカくばーんとステレオで聞こえるので相当気持ちがいい。これは演奏者にしか絶対味わえない気持ちよさ。
これにくわえて、オルガン用のレズリスピーカーが背後にあるので、シンセを弾きながらオルガンも弾くと、完全に音に取り囲まれてなお気持ちよし。

で、白の→が指しているのは、オケ全体(ボーカルも含む)用のモニター。今回のツアーから新しいスピーカーに。ここから聞こえる音が演奏者にとっては「ライブのサウンド全体像の全て」なので、モニターのサウンドミキシング担当者の技量は大変に重要。
大規模ライブでのモニターのミキシングは基本的にメンバー一人ひとり違うので、常に神経をとがらせて「各人のライブ中の状況」に即時対応したミキシングしていく必要がある。肉体的にはもちろんだが、とてつもなく神経を使う仕事。お疲れさまであります。

で、このように、メンバーは全員「モニター」を聞いて演奏しているので、観客にむかって設置されたメインスピーカーからどんな音が出ているのか、は、実は「全く」分からない。「全く」というと、そんな大袈裟な、と思う人もいるかもしれないが、これがもう本当に全く、ビタ一文分からない(これは小規模なライブハウスであってもほぼ同じ)。したがって、ミュージシャンたちは自分たちの演奏が観客にどう聞こえているか、の「最終責任」は取りようがないわけで、これこそメインのサウンドエンジニアがとてつもなく重要な存在である所以である。

あ、書き忘れてた。キーボードモニターアンプのVの字型の孔のあいた部分は
いわゆる「ツイーター」。高音域を担当するスピーカーであります。

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ