2007/10/30

back to 10/28 フェスと天野博士の秘密基地  イベント
クリックすると元のサイズで表示します
トイフェスです。

クリックすると元のサイズで表示します
バンブルビーがいた(ホンモノ!お金を払って撮影したひとに写真を分けてもらいましたw)。ちょっと嬉しかった。
でもそれ以外はあんまり目ぼしいものがなく、キチ○イの天野くんが物凄い数の
ソフビを「一山買い」とかしていた以外は、みんなもあんまり買わず。
結局、早々に退散して、午後3時ごろ中野ブロードウエイに行き、2〜3時間物色。
ここでも天野くんは超ハイテンションで買いまくり、結局今日一日で9万以上購入。
夕飯を食ったあと、みんなで天野くんの家に行くことに。

クリックすると元のサイズで表示します
実は天野くんの家は福田の近所で、チャリで10分くらいなのだが、
お邪魔するのははじめて。野口さん、という方の家に間借りしているにもかかわらず
この表札・・・ああ、やっぱりこの人はホンモノの狂人だ。

クリックすると元のサイズで表示します
部屋の外観。オモチャ屋の倉庫か!!

クリックすると元のサイズで表示します
天野くんの出迎え(ヤラセ)。

クリックすると元のサイズで表示します
六畳間に入りますと、まず右側がこんな。

クリックすると元のサイズで表示します
こういう展示方法もあったか・・・

クリックすると元のサイズで表示します
視線を左にパン。入り口正面には巨大なガラスケース。

クリックすると元のサイズで表示します
こんなデカいガラスケースを六畳間に入れるってこと自体狂ってるが、、
実は福田も見習うべきかも。

クリックすると元のサイズで表示します
カメラをひくと、左手にテーブルのようなものが見えてまいりました。

クリックすると元のサイズで表示します
ここが天野くんの仕事場。座るためには、テーブルの下をくぐります。
まさに秘密基地な感じ。カーテンみたいになっている洗濯物をどけてもらうと

クリックすると元のサイズで表示します
実に文筆業の人の雰囲気が一気に。

クリックすると元のサイズで表示します
奥の蔵書群。なんで「ネアンデルタール人」が二冊あるのか、聞くの忘れた。

クリックすると元のサイズで表示します
逆サイド。

クリックすると元のサイズで表示します
奥にはこんな資料。さすがUMAの専門家。

クリックすると元のサイズで表示します
読みたい。

クリックすると元のサイズで表示します
見たい。しかし、どうやったらこんなこの世の果てに落ちてるクズみたいな
ビデオが集められるんだ・・・マジ、すげえと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
電気を消せば蓄光ワールド。

クリックすると元のサイズで表示します
とまあ、そんな流れとは全然関係なく、ブロードウェイでゲトした「いかレスラー」の
フィギアに、デザインした張本人、海老原さんにサインしてもらう。

クリックすると元のサイズで表示します
さすが、見事なもんですなー。

クリックすると元のサイズで表示します
あ、これが正面ねw。カワユス。

ちなみに、天野博士、海老原画伯、ともに独身です。
二人ともホンモノの怪獣キチガイ(世界最高レベル)である、という以外、ほんとうに素晴らしい人たちなので、我こそは、と思った女子は、是非ご連絡を。福田が責任をもって合コンをセッティングします(ほんとう)。


この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ