2008/1/25

FIRE PLAYER  音楽
クリックすると元のサイズで表示します
いろんなかたがたと仕事をする福田ですが、去年の秋ごろから
このお三方ともよく仕事をしています。
株式会社ISBのプラットフォームビジネス部の三銃士(今決めた呼び方w)。
左奥が渡部(わたなべ)さん、右が坂元さん、手前が池上さん。
この方たち、いったいどんな仕事をしているのかと言いますと。

クリックすると元のサイズで表示します
ウイルコムの携帯電話上で動くイギリス産音楽アプリケーション
「FIRE PLAYER」の日本市場への導入です。
「FIRE PLAYER」というのは、言うなれば「i tune」みたいな
音楽再生用のフリー(無料)ソフトで、ウイルコムの携帯を
使っている人なら、サイトから無料でダウンロードできます。
で、このアプリ、「i tune」とはどこか違うかと言いますと。

クリックすると元のサイズで表示します
「FIRE PLAYER」は、なんと、8チャンネルのマルチデータ、
プラス3つのサウンドをバラバラに再生できるのです。
どういう事かと言いますと。
例えば、ある楽曲にドラム、ベース、ギター、キーボード、ボーカル、コーラスが入っているとします。普通、これらの楽器は1チャンネル、もしくは2チャンネルにミックスされた状態で再生されますから、各楽器だけ取り出して聞くなんてことは当然出来ません。
ところが、この「FIRE PLAYER」では、画面表示の中にあるボタンに各楽器が割り振られていて、それぞれの楽器を単独で、または好きな組み合わせで自由に聞くことができるのです。

クリックすると元のサイズで表示します
さらに。これこそが「FIRE PLAYER」のキモ、なのですが、楽曲を流しながら、
各楽器パートのON、OFFを「録音」できるのです。これによって、使う人は
いとも簡単に、楽曲の「リミックス」を作ることが出来ます。
言葉で言うとなんだかヤヤこしそうに感じるかもしれません。
でも、実際にやってみれば物凄くカンタンで楽しく、あーでもない、こーでもない、
と遊んでいると、本当に時間を忘れてしまいます。

実は、去年の10月の時点で、船長とチハにはいじってみてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します
な、なるほどー!
クリックすると元のサイズで表示します
こりゃー、面白い!!
クリックすると元のサイズで表示します
たのしー!!
クリックすると元のサイズで表示します
☆とりあえず、持っとこーかな・・・☆

で、現在、「漁港」と mcPOPtune は、日本のアーティストとしては始めて、
この「FIRE PLAYER」むけの音楽配信をしてます。

クリックすると元のサイズで表示します
これがメニュー画面。

クリックすると元のサイズで表示します
これが「漁港」の楽曲をダウンロードしている時の画面。
面白そうでしょ。

このブログをごらんになっているみなさんで、ウィルコムの携帯を
お持ちの方は、今すぐ、「FIRE PLAYER」ダウンロードしてみてねー!!

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ