« 8/24 | Main | 8/22 »

2008/8/25

8/23  
クリックすると元のサイズで表示します
翌日は札幌駅前からバスで、小樽に程近い海沿いの小さな町、蘭島へ。
蘭島には、かつて「父の戸籍上の父」であった父の長兄(父は、
子供のいなかった自分の兄と養子縁組したのである)が住んでいた。
つまり、蘭島は俺の「おじいちゃん」の家があるところで、
言うなれば、福田の「田舎」である。

クリックすると元のサイズで表示します
その「おじいちゃん」はもう17年前に81歳で他界したが、
その奥さん、つまり俺の「おばあちゃん」は、今も養護老人ホームにいて、
今年99歳。来年の2月で100歳になる。最近は100歳の老人、というのは
あまり珍しくないらしいが、それでも自分の親戚に100歳の人がいる、
というのは結構インパクトがある。

蘭島の福田家に到着、叔母(長兄の娘さん)の案内でまずはお墓参り。
家から20分ほどの墓地を目指してゆるゆる歩く。
淡い緑の雑木林と野原。伊藤整の自叙伝的小説「若い詩人の肖像」で
描かれた蘭島の夏は、もうちょっと濃い色をしていた気がする。
この淡い色彩感は、気温と天候のせいかもしれない。
なんにせよ。北海道の夏は花盛り。春の花、夏の花、秋の花が一斉に咲く。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
蒲公英も菫も紫陽花も向日葵もコスモスも同時に咲いている。
北国の夏、おそるべし!

クリックすると元のサイズで表示します
蘭島、の地名の由来。やっぱりアイヌ語なのね。
福田も今回初めて知った。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
小高い丘のてっぺんにある墓を参ったあと、叔母の家に戻り、
ワインと自家製の野菜の料理をしこたまいただく。極楽!

クリックすると元のサイズで表示します
すげえ古いアルバムにあった。福田0歳。
頭が変に長いのは、生まれるとき頭がデカくて普通に出てこなかったので、
鉗子で頭を掴んで強引に引っ張り出されたからだそうだ。
その際、医者には「なんらかの後遺症が残るかもしれません」と言われたそうな。
福田の性格異常はこれが原因(多分)。

クリックすると元のサイズで表示します
結局夕方四時半過ぎまで野菜とワインと昔話で盛り上がってしまい、
少し慌てて病院へ出発。JR移動のため、蘭島駅へ。
なんせ本数が少ないから、踏み切りの途中で悠々立ち止まってこんな
写真が楽勝で撮れる。トンネルの向こうは、ウィスキーで有名な余市(よいち)。

クリックすると元のサイズで表示します
こっちが小樽方面。真っ直ぐだー。

クリックすると元のサイズで表示します
蘭島駅駅舎。ほぼ無人駅。

クリックすると元のサイズで表示します
妖怪その他もろもろ乗ってきそう。

クリックすると元のサイズで表示します
ほーら乗ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します
一両編成の列車の車窓からは日本海。いい感じの天気。

クリックすると元のサイズで表示します
小樽よりさらに札幌寄りの星置駅で下車。なんかいい名前だよな、星置。
10分程歩いて「おばあちゃん」のいる病院へ。
99歳の「おばあちゃん」は、10年前に会った時に比べてさすがに
小さくなってはいたが、顔色も肌ツヤもよかった。
会っていきなり「まあまあ裕彦さん・・・・年取りましたねえ」
もともと網元のお嬢様だった「おばあちゃん」の言葉遣いは
相変わらずとても上品。
「そりゃそうですよ、だって俺、もう51歳ですから」
「51歳。お若いですねえ」
「おばあちゃんもお若いですよ。とても99歳には見えない」
「まさか100まで生きるとは思ってませんでした」
「すごいですよねえ、100歳。おめでとうございます。」
「で、裕彦さんはおいくつになられましたの」
「もう51歳です」・・・A
「51歳。お若いですねえ。さち子さん(母)はおいくつになりましたの」
「35歳です」母がそう答えると「おばあちゃん」はケラケラと楽しそうに笑う。
「それはお若いですねえ。で裕彦さんはおいくつになりましたの」→Aに戻る。

みたいなループは多々あれどw、十分しっかりしている様子。
これは間違いなく来春の100歳は達成だな、と確信して病院を出て、JRで札幌へ。
札幌到着は夜8時すぎ。相変わらず寒い。
「かあさん、夕飯どうしますか」デジャヴ・・っていうか、昨日と同じ。
「おなかすかないのよねえ。お昼たくさんいただいたから。おまじゅうでいいかな」
「まんじゅうぅ!?」またいきなり。
「さっき売ってたでしょ、改札の近くで。あれ買って部屋で食べるわ」
「はあ」
「あんたもつきあいなさいよ」
「部屋で饅頭食うのに、ですか」
「そう。お茶も入れてね」
「はいはい」
というわけで、温泉饅頭みたいな饅頭をいくつか買ってホテルにもどり、
部屋で夕飯・・・っていうか、饅頭。札幌での夕飯としては、かなり破格。
今日一日、けっこう歩き詰めだった母は、9時ごろ、はやくも「もう寝る」宣言。
さすがにこれじゃ寝れない福田は飲みに出て、3時ごろ戻り、4時就寝。
うーん、俺は100歳までは到底生きられないなw。

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ