2009/3/9

3/1 その1  ゆうばりファンタ
今日の夜ゆっくり寝ればいいや、と思い、気合を入れて9時起床。

クリックすると元のサイズで表示します
すげえいい天気なので一撃で目が覚める。
ここからしばらくの間、当ブログではもうおなじみ、切なさ満載の「ホテルシューパロから市民会館への道のり」をご覧ください。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さみしーよー、切ないよー、マジで涙出そう。
気づいたかたはいるでしょうか・・下から2番目の「中山精肉店」さんは、
3年前には堂々「黄金銃を持つ男」の看板を掲げていらっしゃった事を・・・


さて、今日は一日ゆるゆると市民会館で招待作品だけを見る日。
一本目は韓国映画「チェイサー」。韓国の映画賞を総ざらえにしたという前評判に、逆にちょっと身構えて観たのだが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
いやもう、ただただ、参った。先日も書いたが、福田が今まで見た韓国映画中のベスト。いや、それどころか、ここ10年間見た「全映画」の中でもトップ5に入る。ポン・ジュノ監督の「殺人の追憶」を見たとき、こんなすげえ映画はしばらく現れないだろう、と思ったのだが・・・。この「チェイサー」は、あきらかに「殺人の追憶」を超えた。韓国映画界って、ほんとに、どうなってるんだろう。
「恐怖」や「焦燥」を見事に描いた映画は今までに何本もあったが、この映画が驚異的なのは、一歩間違えばただの退屈と化すストーリーの「もどかしさ」を、見事なエンタテインメントに仕立て上げた点。これは物凄い「芸当」であり、とにかく、観なければ説明不能。それほどまでにこの映画は映画的なのだ。観る者の予想をぬらりくらりと裏切り続けつつ描かれる、「サイテー」な主人公の髪の毛一本ほどの改心と献身。そこには一切の説明もセリフもなく、ただ爆走する主人公の肉体があるのみ。そして、その果てに辿りつくラストシーンに混在する絶望と一筋の光明に、観客は異様なカタルシスを得る。それは、「泣けた」とか「感動した」とかいう次元では語りきれない、エラいものを観てしまった、という、驚嘆のカタルシスだ。まさに、これが、映画、というものだ。ストーリーについては敢て一切説明しないので、この映画、何がなんでも劇場で観るべし!☆☆☆☆★

クリックすると元のサイズで表示します
上映後、長編映画第一作目にしてこのとんでもない傑作をモノにしたナ・ホンジン監督が登壇。観客席からの拍手の熱さは圧倒的だった。見る限り、普通の素朴な映画青年、という感じのナ監督。司会者・笠井アナの質問を通訳の方から真剣に聞いてます。

クリックすると元のサイズで表示します
質問にいったん答え始めると、実に淡々と喋り続け、とにかく自分が言うべき事を全て言い終わるまで止まらず。ノンストップで5分くらい喋った時もあり。通訳のかたは、もう必死でメモw。この超ゴーイングマイウエィなパーソナリティなくしては、ここまで密度とテンションの高い作品は作れなかっただろう。もちろんトークの内容は極めて理路整然としており、質問に対する完璧な答である以上に、この作品の本質を的確に語っていた。今後、この監督の動向には注目し続けたい。

クリックすると元のサイズで表示します
続いての上映は、ディズニー映画「ベッドタイム・ストーリー」。上映は全て入れ替え制なので、いったん外に出て並びなおす。さすが、日曜日のディズニー映画、かなりの人気。

クリックすると元のサイズで表示します
アメリカではナンバーワンのオレオレ男、ウィル・スミスに次いで「稼ぐ俳優」アダム・サンドラー主演のファンタジー映画。このアダム・サンドラー、「チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ」のアクシャイ・クマールほどじゃないが、福田としてはどうもノれない俳優で、珍しく福田、「日本で全然人気なし」というマジョリティの動向と完全にシンクロw。全米第1位のファンタジーコメディ「リトル・ニッキー」なんか、あまりのつまらなさ、ノれなさ加減に、映画館途中退出寸前だった。まあ、P.T.A.の「パンチドランクラブ」ではそこそこよかったけど。そんな俳優が主演なのになんでこの映画を見たのか言うと、東京の映画館で予告を観て、「子供の話が全部現実になる」という設定が結構面白そうで、そういうホラ話を金に糸目をつけなそうなディズニープロダクトで観るのも悪くないかも、と思ったからだった。要するに、結構期待して観たのだが・・・・結果、ハズレ。ファンタジーとして全く「ハジケ足らず」の、中途半端なハートウォーミング系ホームドラマ。はっきり言って、全然面白くない。さらに、ラスト近くに、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でマーティのオヤジとビフの立場が逆転するオチと全く同じギャグがあるのだが、あれは1983年当時の好景気の中だから単純なギャグとして爆笑できたのであって、今の経済状況下で同じ事をやっても全然笑えない。むしろ、経済的ヒエラルキーの逆転、というか、経済的に凋落した相手に対して権力的に振舞う主人公が、単純に、すげえイヤなヤツに見える。まあ、おとぎ話では悪役はヒドい目に遭うもんなんだけど、それでもなにか釈然としない。それは多分、この映画が、ちゃんとしたおとぎ話になりきってないから、なんだろう。とりあえず、アダム・サンドラーの姪を演るちっちゃい女の子がすげえ可愛らしかったので、★ひとつオマケ。 ☆☆☆

クリックすると元のサイズで表示します
次はドリームワークスのCGアニメ「マダガスカル2」。ニューヨークの動物園で「芸能動物」として暮らすライオンのアレックスやカバのグロリアが動物園を脱出、野生の王国マダガスカルでドタバタと活躍する前作「マダガスカル」の完全な続編で、今回の舞台は彼らの故郷アフリカ。実は福田、このスチルに並んでいる4キャラは全然好きじゃなくて、特に、アレックス以外の3匹の造形に関しては、もうちっとなんとかならんのかい!!という怒りさえ覚える。だってこいつら、ぜっんぜん可愛くないでしょ!?なんだよこの鼻の穴!!にも関わらず福田がこの映画を見てしまうのは、サブキャラのペンギンズ(すげえガラの悪いペンギン4匹)が、主役4匹のダメさを補うに余りあって猛烈にツボだからだ。俺はペンギンズが好きだ。今回もペンギンズの活躍は素晴らしく、結局ペンギンズの事しか覚えていない。だからドリームワークスは、次回は「ペンギンズ」というアニメを作るべきである。頼む。☆☆☆★★

クリックすると元のサイズで表示します
上映後現れたアレックス!そしてペンギンズ・・じゃないよ!
ペンギンズを出せ!!

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ